So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

夏休み最後の暑い日に色々と [雑談]

何度もここでも書いていますし、出会った先の挨拶で、もはや枕詞になっていますが「本当に天気予報が当てにならないね」が本日も繰り返されて、関東地方はほぼ真夏並みの日差しと暑さが襲ってきました。
長かった夏期休暇も本日が最後で、予報ではあまり天気が良くない感じでしたので、昨日から出かけないで部屋の模様替えを初めてしまったのですが、刺すような強い朝日で目が覚めて、急遽予定を変更して、軽く走ることにしました。

予定外でしたので出かけるのは8:00を過ぎてしまい、もう外は十分むせ返るような暑さになっていました。
ただ空は微妙に真夏のそれではなくなっていますね。
RIMG2061.JPG


時間も過ぎていますし、あまり疲れたくなかったので、いつものコースで100kmほど平地を走ろうと鬼怒川自転車道を南下しますが、二宮というところで、河川敷に向日葵が咲いていました。
RIMG2063.JPG

イベント用?に栽培されているような感じで、写真を取ろうと近づいたら不意に何かにぶつかり前転して倒れてしまいました!

幸い速度が遅く、ブラケットにスリキズが着いたのと、上腕部で支えてところが擦り傷程度で済みましたが、なんだろうと足元を見たら、電線が無造作に引かれて10cmほど盛り上がっていました!
RIMG2064.JPG
RIMG2066.JPG


どうやらここは花火大会の会場になるような雰囲気でしたが、敷設の途中でいい加減に放置してあったようで、注意の看板とスロープは未設置で横に置いてあるだけでした。
RIMG2065.JPG


河川敷はよくこんなことがあるのですが、最近はイベント用の電源ケーブルも、通路に設置するときは専用の「平型フェーダー線」のようなケーブルがあったり、慎重にスロープを設置したり、かなり神経を使うのが「世間の常識」になっているのですが、いくら栃木の片田舎の請負仕事だとは言えこれはいただけません。
僕は温厚な人間なので「被害保障」等、弁護士経由で訴えたりしませんが(苦笑)、首都圏でもし同じようなことをして、カーボンフレームでも破損させて骨折でもさせれば、100万円単位の賠償請求が来ることは覚えておいて損はないと思いますよ!

まあ、だいたい「予定外」の行動をするとロクなことがないという見本のような日になってしまいましたが(苦笑)、気を取り直していつもの岩瀬駅に行きます。
早く引き返す予定でしたが、ここで同じく宇都宮からこられたという年上のご主人と色々とお話をしていて、結局なんだかんだで3時間近くも話し込んでしまいました(笑)。

最近少なくないのが、「自己流」で他の方々との交流なしでロードバイクに乗っていて、色々と情報を知りたいし、聞きたいことも多いのだけど、「専門のショップは敷居が高くて足を運べない」という方々です。
まあ、まさしく僕が始めたばかりの頃はそうだったのですが(今ほど情報も商品もなかったし)、結局通販で買って自己流で通したり、大手の量販店での購入とメンテナンスで、ショップの店員にお任せというケースが多いようです。

ま、おかげさまで知識と経験と、やらかした事件の多さではそこそこの実績がありますから(笑)、ポジション出しやバイクの選択、部品の評価、トレーニング方法、イベントの情報、メンテナンス方法など、一通りの事は「そんなに大きく間違っていない範囲」でアドバイスができるとは思うのですが、どうしても伝えきれないことが多く、最後はこのブログの紹介と、自分のお世話になっているショップを紹介して終わりにするというケースが少なくはないです。

まあ、凝り始まるとキリがないのはどんな趣味も同じですが、「湯水のように資金があるわけでない」というのはみなさん誰も同じことで(多少胸が痛い(笑))、本日お会いしたご主人も、コツコツと「500円貯金」」で資金を貯めてバイクを購入されたそうですから、最近珍しくない派手な大型ショップのように、いきなり40万円もするカーボンバイクを、「間違いなく良い商品ですよ」とご紹介するわけにも行きませんし、適切なメンテナンス→ポジションの適正化→ペダリング・フォーム→ベアリング系のオーバーホール→タイヤ(チューブ)→ホイールの順番でお勧めしたりしています。
ホイール以前まででしたらそんなに予算はかからないですし、それをきっかけに良いショップ(店員)と関係を作るというのも、楽しい自転車生活にとって大切なことだと思っています。

さて時間が押したので、急いで益子でランチを取って帰路に着きますが、とにかく暑いです。
暦や風景は確実に「秋」が訪れ始めているのですが・・・・・・。
RIMG2072.JPG


とにかく日差しがあるところは危険で、信号待ちで止まっているのにいきなりHRのワーニングアラームが鳴り出したのには驚きました。
HR165でアラームが鳴るようにしてあるのですが、停止中にHRが急に上がってくる「熱中症」の初期症状で、慌ててまず深呼吸をしてなんとかHRを下げて、急いで日陰に入り給水したら正常値になりました。
で、もうこれはダメだぁ!と、コンビニに飛び込んでアイスで体を冷やします。
RIMG2073.JPG

定番の「ガリガリくん」です。
ちなみに気象庁発表の宇都宮市の最高気温は33℃でしたが、16:00時点で自宅の外気温計(日陰で風通しの良い場所にある)では34℃でしたから、アスファルトの路面の上はそんなものではなかったはずです。

この暑さも異常のような気がしますが、更に日本の太平洋上には3個も台風が有り、台風の卵とも言う熱帯低気圧も大量に発生中とのことで、今まで台風がなかったのにどうしたことでしょう?
ネットのニュースでは、これは「モンスーン渦」というインドや東南アジアから吹いてくる熱い風の「モンスーン」がかなり日本に近いところまで来ていて、日本の南方に半径の大きな低気圧の渦を作っていて、その周りを弱い台風がいくつも出来て回っている状況なのだそうです。
素人がネットで調べや範囲では、専門の論文とか見ても「チンプンカンプン?」ですが、温暖化やエルニーニョ・ラニーニョ等と、普段聞いていること以外にも、いろいろな複雑な要因が絡み合っているようですね。

余談ですが、自宅近くの東北本線で踏み切りで待っていたら、見覚えのある前照灯とシルエットの機関車が上り線を近づいてきました。
RIMG2074.JPG

本線上では引退したはずの交直流電源両用運行のEF81で、数年前まで「北斗星」や「カシオペア」の牽引で運用されてた機種です。

で、やはり牽引されていた客車は「カシオペア」でした
RIMG2075.JPG

北海道新幹線に追いやられて定時運行から引退していますが、「バラ売り」された北斗星の24系客車と違い、カシオペア編成は青森まで「臨時運行」するという話は聞いていましたが、まさか夏休み最後の日に見られるとは思いませんでした。
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の一人ビワイチ!改めて琵琶湖一周に挑戦 [雑談]

台風7号と、その後の豪雨は栃木県宇都宮市付近でもかなりの降雨が有ったそうです。
えっ?地元なのに聞いた話というのはというと、夏休みの後半で天候が良くない事を見越して関東地方を脱出していて、遠征して琵琶湖一周に挑んできました。
まあ、晴れている所ならと全国の天気予報とニラメッコして、とはいえあまり遠いところでは大変だという事で、琵琶湖を選びました。
琵琶湖は毎年3月に開催される「びわ湖一周ロングライド」で走っているのですが、この時期の琵琶湖、特に湖北地方は残雪が有り、早朝は氷点下になるなどほとんど「冬」でして、毎年真冬装備でガタガタ震えながら走っているイメージしかなかったので、もう少し別の季節に改めて走ってみたいという気持ちが有りました。
今年は特にイベント時に体調不良で苦しみながら走った事も有り、あまり良い印象が残らなかったのが心残りでしたし、何よりイベントでは途中の「びわ湖大橋」でショートカットしていて、本当の意味の一周ではない事が、なんとなく気に入らなかったという事と合わせて、「まるっと一周楽しく走る」事が今回の目的にです。

まあ、ある意味「勝手知ったる」場所となっていて、土地勘や宿泊先などは迷う事も無く、ある意味走る事に集中できるのは良いのですが、長年の習性で気分は「イベント戦闘モード」に入ってしまいます(苦笑)。

さて事前にルートを調べると、幹線道路を繋いだ最短ルートでの一周で約180km程の行程で、イベントが150kmですから、30㎞プラスのコースになります。
距離的には厳しい山岳コースのない180kmならいつも走っている距離ですが、問題は気温で関西方面は連日最高気温が35℃を記録していて、これはかなり厳しい気温です。
何時もなら3時頃出発しますが、慣れていない所での単独のナイトライドは避けたいと、6時ごろ出る事にします。

ホテルの窓からは湿気でぼやけた景色が見えます。
RIMG2013.JPG


5kmほど走ると湖岸沿いの道に出ます。
RIMG2014.JPG

この時点で既に気温は25℃ありますが、今年の3月は同じ地点でほぼ同時刻で0℃だったんですよね!

やはり湿気で空気がボヤけていて、湖面に島が浮いているような感じで対岸は見えません。
RIMG2015.JPG

湿気のせいか汗がべっとり全身に張り付いているようであまり快適とは言えません。

ここ湖北地域はまだ人口密度も低く自然が多いですね。
RIMG2018.JPG
RIMG2019.JPG
RIMG2021.JPG

朝日が出てきて早朝の湖畔のすがすがしさが幾分味わえます。

トンネルを越えると内陸部に入ります。
RIMG2022.JPG

このあたりの県道は早朝ということもありまだ交通量が少ないので危険を感じることはありません。

国道8号線にぶつかり、「賤ヶ岳トンネル」を渡りますがここがビワイチの最大の難所です。
RIMG2023.JPG

この横の旧道の峠道を通過する方が安全との話もありますがまた次の機会ですね。
ユーチューブで紹介されている方がいました「https://youtu.be/wXG1P8JYYZA

このトンネルの危険な理由はトラックなどの交通量がとにかく多く、側道がとにかく狭いからです
RIMG2024.JPG

車道はトラックが猛スピードで引きも切らず走っているため、生命の危険を感じてとても無事に走れる感じはしません。

トンネルを抜けると湖面が見えます。
RIMG2025.JPG



この後湖畔沿いの道をしばらく走りますが、琵琶湖最北部のこのあたりはのんびりとした感じですね
RIMG2032.JPG
RIMG2033.JPG
RIMG2034.JPG

このあたりは保養地という感じで新旧の別荘が山側に立ち並んでいます。

この後琵琶湖東岸の高島市マキノ付近に着きますが、出来るだけ街道や国道を避けて湖岸沿いの道を縫うように南下します。
RIMG2035.JPG


それでもやはり国道161号線が湖岸に接近するところはそこを通過しなくてはいけません。
RIMG2040.JPG

道は整備されて綺麗なのですが、そのおかげで自動車の通行速度はかなり早めで危険です。

湖面に鳥居のある「白髭神社です」
RIMG2038.JPG
RIMG2039.JPG

春のビワイチはこのあたりで体調不良がピークで、本気でリタイヤを考えていた地点ですね(苦笑)
気温はこの9:30付近の時点でも28℃くらいで推移していて死ぬほど暑いというわけではないので大丈夫ですが、とにかく湿度が高いと汗をかいても体が冷却できず、熱が体にこもったようになっています。
最初はあまりに全身が熱を持っているので「風邪か?」と思いましたが、冷却ができない車で言うオーバーヒート状態だったようです。
これはこれ以上強度は上げられないなと、速度はMAX28km/hは出ないようにして、とにかくペースを抑えて後半戦に備える走り方に徹します。

このまま国道を南下すれば距離や時間を考えれば楽なのですが、とにかく「一筆書き」ではないのですが、出来るだけ湖岸沿いのルートを見つけては進路を変えて進みます。
RIMG2041.JPG


10:40ごろ大津市の「びわ湖大橋」付近に到達します。
ビワイチではここを渡り彦根方面に戻りますが。今回は国道161号線を南下して14km先の「浜大津」まで行き、「近江大橋」を渡ることにします。
ここから先は未体験ゾーンですが、基本的に市街地や繁華街の街道をひたすら走るだけで、交通量も多くあまり自転車が走りやすいルートではありません。
まあ、イベントとしてこちらのルートを選定しないのは当然だなと思いました。
ちょうどこのあたりで中間地点で、しっかり食事をしようかなと思いましたが、胃腸に負担はかけたくなかったので「コメダ」でアイスコーヒーとモーニングAセットとソフトクリームを頼んでエネルギー補給をしました

いよいよ近江大橋が見えてきました。
RIMG2043.JPG
RIMG2044.JPG

しかしここに至る国道161号線は、大津市の中心部を走る感じで、車や人も多く、当然交差点もも頻繁に現れて、その度信号で止められてストップ&ゴーを繰り返すので煩わしいです。
正直、「びわイチ」するために通過はしますが、サイクリングとして積極的に選ぶコースではないようですね。

橋自体は何度か渡っいたことのある琵琶湖大橋よりはこじんまりした感じです。
RIMG2045.JPG

橋を渡ると直ぐに左折して通称「湖岸道路」の県道559号線を近江八幡まで北上します。
琵琶湖西岸は人口も多く湖岸から山間部が迫っていて民家や街道が湖畔までびっしりある感じでしたが、湖南の東岸部の草津市付近は中心部は内陸部に有り、湖畔はずっと水田や養殖池などが広がっていて、しばらくは民家もまばらでコンビニもありません。
RIMG2049.JPG


ただこの道は比較的新しいようで、横に自転車専用道路も平行に走っているので、こちらを走ったほうが安全快適に走れます。
RIMG2051.JPG

車道を走るとどうしても通行する車の邪魔になっていて、クラクションを鳴らされたり、罵声を浴びせられたり、ときには強引に幅寄せされたりなどと、危険な上に不愉快この上ないことがイベントの時は多かったので、この自転車道を通るルートを、もっと積極的に活用したら良いのにと思いました。

さてこのあと近江八幡に入ると湖岸沿いの道は内陸に入りますが、そのまま湖岸沿いに進むと「長命寺」というお寺の前を通過して、「プチ山岳コース」に入ります。
まあこれで最後の登坂であとはひたすらフラットコースになります。
で、毎回素通りしていた長命寺前のお土産物屋さんで休憩することにします。
RIMG2055.JPG
RIMG2053.JPG


体を冷やす目的でカキ氷をいただきます。
RIMG2054.JPG

ふわっとした口当たりでさっぱりとしたカキ氷で、これでかなりすっきりしました。

このあとは湖岸沿いの山道を上がって行くルートになります。
RIMG2056.JPG
RIMG2057.JPG

さすがに真夏に来ると緑が濃くて、数種類のセミの「蝉時雨」の大合唱が夏を実感させてくれます。
山岳路といってもそんなに勾配があるわけではないのですが、何時もだと再度の頃で苦労して通過するイメージしかなかったのですが、今回は身構えていたらいつの間にか通過していましたという感じで、いともあっけなく終わってしまいました。
体重が落ちているわけでもなく登坂能力は上がっていないんですが、いくらゆっくり走っているからとは言えこれは拍子抜けでした。

これを抜けると彦根市を通過してひたすら長浜に戻るだけです。
東岸に渡ってからは、風向きが西寄りに変わったようで、斜め後ろから追い風のように吹いているので随分助かりましたが、朝のうちは湖面が鏡のようになめらかだったのに、強風でかなり波が出ています。
RIMG2058.JPG


15:30頃ビワイチのスタート地点に到着して、約186kmを走破しました。
このあと市内を幾分ぐるぐる回りながら16:05にホテルに到着して今回のミッションは終了しました。
これが走行下コースです。
ビワイチ160817走行ルート.jpg

走行距離は197km、全工程時間は10時間14分で、走行時間は8時間11分、AV速度25.1km/h、AVHR131、最大HR159、消費カロリー8787Kcalでした。

結局夏らしいギラギラとした陽が出ることはなく、故に最高気温も大津で31.6℃だったそうで、所々で小雨が降ったのも体温を下げることができて、かえって助かった形でした。
実際最高気温が35℃を超えていたらどうなっていたかはわかりません。
湿度が高いのは大変で、これでもかというほど全身汗だくで、もうどれくらい水分を取ったかはわからなくらい飲みましたが、体調は最後まで好調で、風向きも味方して、比較的楽しく走り切ることができました。

とはいえ実は朝飯抜きで、お昼もモーニングのトースト程度で乗り切ったので、多少食べても大丈夫だろうと、450gのステーキを食べましたが、もう一枚くらい行ける!というほどお腹がすいていました。
RIMG2060.JPG

昔ならこれに大盛りライスをつけるのですが、ひと皿のサラダと赤みのお肉だけで済ませてしまうところは、どこかでやはりウェイトのことが頭から離れないんでしょうね(苦笑)

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天気は下り坂、脚の調子も下り坂でアイシング実行 [雑談]

夏休みも佳境に入りましたが、あれれ?東日本は次第に天気が悪くなっていくようで、とにかく走れるうちに距離を走ろうと霞ヶ浦に向かいました。
とにかく涼しいうちにある程度目途を付けようと、3:15に自宅を出ました。
160814土浦 030.JPG


今日の場合は完全に距離稼ぎで、このところ凸凹な場所ばっかり行っていたので、久しぶりの平たん地のライドですが、なんだかあまりペースが上がりません。
特に左足の膝の痛みが激しく、何故かシューズ内のカカトやつま先も擦れて痛み出したり、太ももが張ってきたりと、散々です。

空は雲がべったりですが、地平線は明るくなってきました。
160814土浦 033.JPG
160814土浦 034.JPG


日の出の時間ですが、一瞬東の空が赤く焼けて、後はそのまま上がった陽は雲に隠れてしまいました。
160814土浦 039.JPG

こういう時は確実に天候が悪化するんですよね。

霞ヶ浦には休憩込みで4時間15分で到着ですが、曇っていると「何だかなー」ですよね。
160814土浦 040.JPG

この後土浦の「コメダ」で休憩ですが、猛烈にお腹が空いてモーニングの他にホットドックをペロリと平らげて帰路に付きますが、基本的に左足に力が入らないので、軽くクルクル回して走ります。

筑波山もどよーんとしていていますね。
160814土浦 043.JPG


10:30頃岩瀬に戻れましたが、今度は猛烈に眠くなってきて、30分ほどベンチで寝てしまいました。
最近は疲れると本当に眠くなるのですが、コンビニのイートインとかで15分くらいウトウトするだけでも、結構体力が回復したりします。
益子でランチをタップリとってのんびり走って14:00に帰宅しますが、やはり左足が思わしくありません。
良く見ると全体的にむくんでいる感じで、これは筋肉が炎症を起こしているなと悟り、早速「アイシング」を実行します。
あいにく何時もの「アイスノン」が冷えていなかったので、近隣のドラックストアで「熱冷却シート」を安売りしていたので、「勿体ない」とは思わず、左足の脹脛を中心にベタベタ張りました。
自宅160814 001.JPG

このあと気を失うように2時間ほど仮眠しましたが、アイシングの効果はてきめんで、かなり脚のむくみが引いたようで、後は「保冷剤」をタオルで巻いて脚に充てています。
膝は「何時もの」痛みで、やはり最近無理をしたのが原因だと思いますが、こちらは消炎剤やサポーターなどで固めるとかえって悪化するので、血行促進用の「スポーツサロンパス」を塗って、反対に冷えないようにコンプレッションパンツをはいて軽くサポートしています。

走行結果としては181.3kmをAV24.45kmで、消費カロリーは7930kcalでした。
10時間54分のタイムでしたが、走行時間だけだと7時間24分ですから、昼食や昼寝など、随分休憩しながら何とか走ったという感じですね、
明日から天気は悪いですが、数日は脚を休めて治療しておかないと、秋のイベントに響きますから丁度良かったのかもしれません。
とはいえ予報だとほとんど毎日雨マークがついている感じで、あと一回くらい綺麗に晴れた夏空の元ロングライドを楽しみたいので、旅行を兼ねて晴れている所でも行って走ってこようかなと思っています。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茨城の山野を快適に100kmツーリング! [雑談]

ブルベとか宿泊ツーリングとかオーバーセンチュリーライドとか、とにかく「過酷」な方向に価値を見出していると周囲から思われているきらいはあがある今日この頃ですが、本人は単純に「楽しく走る」ことができれば満足なだけなんです。
良くいろいろなサイクリスタとお話をしていると「やはり走っていて楽しいと感じる距離は100kmくらいまでだよね」という意見が結構多いんですよね。
自転車乗りとして、距離にすると100kmというのは一つのターニングポイントで、無理せずこの距離を走れるようになると、行動半径が大きく広がって、楽しみが増えてきます。

特別な装備やトレーニングなどを重ねなくとも、ペース配分や適切な補給、コース選択などで意外と100kmを走ることは、そう難しい話ではないとうのが僕の持論なのですが、昨日はその実践も兼ねて栃木県芳賀郡市貝町にある「道の駅サシバの里」から、茨城県常陸大宮市になる「道の駅かわプラザ」までの往復100kmのコースを、同僚のR本木さんとI城さんとツーリングをしてきました。

実は仲間うちでツーリングを企画するとどうしても長距離か山岳コースを選ぶことが多く、活きの良いメンバーのペースなどに合わせると「老人組」にとっては「お仕置き」になることも少なくなく(苦笑)、特に今回は有能な管理職として多忙に拠点を切盛りしているR本木さんが、忙しさから完全にトレーニングが不足しているということで、出来るだけ厳しい「峠」のあるルートは避けて、とはいえある程度緩やかな起伏があり変化のあるコースということで以下のコースを選択しました。
常陸大宮.jpg

ある程度の起伏はありますが、例えば「10%越えの勾配がある」とか「9%の勾配が延々と続く」とかのルートはありませんから、上り坂は徹底的に「男らしくインナーロー」で行く事で足の消耗を抑えてはしれば、結構楽しく走れるはずです。

さて、あさ6:15ころ自家用車でR本木さんを迎えに行って、バイクをルーフキャリアに乗せて、集合地点の「サシバの里」に向かます。
いつもは自走していますが、結局往復で40kmほど距離が伸びてしまいます。

7:00集合ですが15分ほど早く到着すると既にI城さんは到着していて、急ぎ自転車を用意して7:15には出発です。
しかし、ここでせっかく作成してきたコースを入れてきたサイコンを忘れてきたことに気がつきました(苦笑)。
全く相変わらずうっかり者ですが、コース自身は概略は覚えているのと、土地勘もある場所ですので、特に困ることもなく(笑)、コースを進んでいきます。
そもそも最近はサイコン無しでも大体の平均速度は概ね判別できて、なれたコースなら「区間タイム」からペース配分ができて、現地での到着時間を予定通りに調整することができます。
これは、ナビも携帯電話もない時代から、「旺文社マップル」片手に日本全国をドライブしまくった頃から身につけているスキルではあります。
ついでに言うとナビがない方が「サプライズ」があったりして、「旅」としての面白みは大きいと思います。

とり会えず何時もの「ツインリンクもてぎ」の南の道を通過するルートは定番過ぎてサプライズはありません。
こまめに休憩を取るのが今回のスタイルですので、中腹にある「そば処おうめ」のある駐車場で休憩です。
RIMG1985.JPG

走り初めであまり疲れていないときは、結構休憩しないで頑張ってしまいがちですが、実はロングライドを快適にこなすのには前半戦にしっかり休憩と補給をとっておくのが重要なポイントだったりします。

峠を越えて標高が下がると城里町七会の付近で・・・・・余談ですがこの近くの山に登ると「水戸黄門」でピンチになると「風車の手裏剣」が飛んできて助けに来てくれていた「風車の弥七」のお墓があります。
つまり彼は史実上実在の人物だったんですが、ちなみに風車の手裏剣は投げなかったそうです(苦笑)。

このあたりから日頃の悪い癖が出て、「走ったことのないルート探索の旅」に出ます(笑)。
まあ地図上で位置関係を概ね把握していれば、方角さえ解かればあとはなんとかなるものです(笑)
で田舎の穏やかな丘陵地帯をのんびりと走っています。
RIMG1987.JPG

こうやって急がず慌てづの「ぶらり旅」をしていると、本当に「心の癒し」になるもので、こうやって気持ちよく走れるというのが一番です!。
といいつつ先導役の自分は細かいペース配分や到着予定時間t場所からのルート選択など、結構細かく気を使って頭を使っていたりします(笑)
でも僕個人はそうやって走りに没頭できる時が、余計な事に心を痛めたり煩わされくて良い至福の時間だったりするんですよね。

で色々と寄り道してルートを探しながらも、ほぼ予定通り11:08に「常陸大宮道の駅 かわプラザ」に到着です。
RIMG1989.JPG

この道の駅は最近オープンしたばかりという真新しい施設で、今後拠点になり得るかどうかの視察も兼ねています。

おっ、駐輪場に行くと最初からこれまた真新しいサイクルスタンドが設置してありました。
RIMG1990.JPG


案内図を見ると道の駅としてのよくある設備は概ね網羅されているようです。
RIMG1991.JPG

ヘリポートがあるのは恐らく「ドクターヘリ」の発着拠点として位置付けられているのと、非常時の災害援助の拠点として、道の駅を活用しようという流れの一環だと思います。

聞いた話やHPを見ると食の売りは「常陸牛」だとのことで、予約すると手ぶらでBBQもできるようなのですが、人気商品の「常陸牛ハンバーグ」えお頼みます。
RIMG1992.JPG

味やコストパフォーマンスの点から言えば「可もなく不可もなく」で、これを目当てリピートしようという程の魅力のある感じのものではありませんでした。
まあこのイメージは他の商品や、施設全体に言えることで、なんとなく「とりあえずハードはそれなりの物を揃えました」という感じで、あまり利用者の利便性を考慮して作られたり運営されているとは言えない感じで、いまや「何処にでもある」道の駅として生き残っていくには、ソフト面の考察と運営の努力が必要になるのではと感じました。

実を言うとこれは他の地域の道の駅にも言えることで、例えば定休日があり行ったら利用できないとか、17:00で食堂が閉まっていて途方にくれたりとか、トイレの場所がえらく遠いところにあったりとか、一般の民間商業施設では考えられない「不便」や「横柄さ」を感じます。
まあ、運営主体が行政であったり、JAであったりするため、「お役所仕事」になるのは否めないとしても、「勿体無いなあl」と思うのは僕だけではないと思うんですけどね。

で、ここでお昼とお茶をしながら結局14:15頃まで話が弾んで居座ってしまいました。
実のところこうやって気のおけない仲間と「此処だけの話なんだけど」と日頃の不満や鬱積を吐き出してスッキリさせるのもこのツーリングの目的だったりします(笑)

帰路は17:00までに戻る予定があるという事で、多少アップダウンがキツくなるのですが広域農道の「ビーフライン」を通れば大幅にショートカットできるのでそちらを通って戻ります。
広域農道は自治体や国土交通省の作る県道や国道と違い、資金の出処は「農林水産省」の補助事業として作られた道路で、栃木県や茨木県も山間部を縫うように何本も走っています。
地図上で見ると従来の道路や地形に関わらず最短距離でルートが取れるように見えるのですが、恐らく国道のような「勾配基準」がなく、予算が限られていて、山を大きく掘削したり橋を架けたり出来ないため、山の形を舐めるような形で道が作られるので、かなり激しいアップダウンが所によっては数十キロ続くような道もあります。
起伏に富んでいて、それでいて未開の景観の良い所を走るのと、基本的に交通量が少ないルートなのでツーリング向けとも言えますが、このアップダウンの激しさは体力、特に脚を大きく消耗させます。
今回はとにかく足の消耗を抑える走り方に徹してゆっくり通過しているので、同行者も含めて思ったよりも辛い思いをせずにビーフラインを走りきりました。

15:40頃城里の何時もの「山桜」で最後の休憩をしてここの出店で「カキ氷」を食べて体を冷やします。
今日は暑い割には湿度が低かったおかげで風が爽やかで快適に走ることができました。
16:00には山桜を後にして、サシバの里には16:55には無事到着できましたので、近くに有るI城さんの自宅で甘いスイカをご馳走になりました。
RIMG1995.JPG


しかし、今回は本当に楽しいツーリングになりました。
やはり「ちょっと頑張る」程度のレベルで変化に富んでいるルートを走行すると、刺激もあり本当に爽快に走ることができるようです。
しかし、僕は栃木県人でありながら、何故か茨木県の土地勘ばかり磨かれていくようです(苦笑)
とはいえ栃木県西部、北西部、茨城県北部には魅力的はコースが人知れず(一般の多くの人達には)佇んでいるはずで、今後のツーリングやイベントで、その辺をどんどん開発してご紹介していこうと思います。





nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猪苗代キャンプに参加、初の県境北限突破! [イベント]

先週金曜日に記事を投稿してから、ほとんどPCも起動していないような状態で、本日から夏季連休にはいりましたので、8月6日・7日に宿泊で開催されました、茨城県サイクリング協会主催の「猪苗代キャンプ」に参加した記事を投稿します。
忙しいというより、体がだるくて出勤して業務をこなすだけで精一杯という感じで、「夏バテ」ではないと思うのですが、他の事が全く手につきませんでした。

さて「猪苗代キャンプ」ですが、茨城県サイクリング協会の行事で、猪苗代湖の北側に聳える「磐梯山」の麓にある「国立磐梯青少年交流の家」に集合して交流を図ろうという行事で、今年は近隣の県の協会にもお声をかけていただいたこともあり、参加させていただきました。

順当に計画立てるのなら、自動車で現地まで行って猪苗代周辺を参加者の方々とサイクリングするのが一番楽しいとは思うのですが、今回は意を決して自走で現地に向かうことにしました。
実はこれだけいろいろな所を走っているのにも関わらず、栃木県から自走で北方向の県境を越えて「福島県」に行った事がありません。
選択ルートにもよりますが、およそ80kmも走れば福島県の「白河市」に行けるので、センチュリーライドを覚悟すればそう困難な感じがしませんが、平坦な関東平野は宇都宮付近で終わっていて、あとはひたすらダラダラと登っていたり、丘陵地帯のアップダウンが続いたりした感じになるので、「よほどの用事」がない限り、喜んで走りに行くことはありませんでした。

恐らく自転車趣味を再開した当初、見たからに「どすこいライダー」だったあの頃(笑)、クロスバイクで向かって散々な目に遭ってスゴスゴと引き返してきた「トラウマ」が残っているのかもしれません。
とりあえずルートを選定しようと、「ルートラボ」で宇都宮から猪苗代に行くルートを探しましたら、幾つか見つけることが出来て、比較的獲得標高の少ないこのルートを参考にすることにしました。

基本的に交通量が多い基幹国道の「国道4号線」を通らず、裏道の県道を伝って「旧奥州街道」である「国道294号線」を北上して白河市を通過して猪苗代湖の東岸沿いに磐梯山を目指すルートです。
実はこの道は自動車では何度も走ったことがあり、故に「えーっ!、あんな険しいところ本気で自転車で走らなければいけないの!」と尻込みしてしまっていたのですが、今になってみればこのルートより遥かに厳しい山岳ロングライドイベントも完走しているわけですから、走れない理由は無かったんですよね(笑)。

ただ、自走を戸惑わせたのはルートだけではなく当日の天候で、幸い雨は降らないようでしたが、気温が今年一番高温になることが予想されて、到着地の隣にある「会津若松市」の最高気温の予想が「38℃」という数字を見たときにはさすがに血の気が引いてきました(笑)。
しかし昨年の銚子ツーリングもそうですが、なんで僕が泊まりがけのツーリングを計画すると「その年の最も暑い日」になってしまうんでしょうね?。
さすが「持っている」人間は、「男はつらいよ!」と言ったところでしょうか(笑)。

さ、いい大人なんだから、メソメソしないで四の五の言わずに走りましょう(笑)
本当はもっと早く出るはずでしたが4:15に自宅を出発です。
RIMG1953.JPG

もうこの時点でもジャージはじっとり濡れていて、日が出てくると思いやられます。

鬼怒川の西岸沿いに北上しているうちは、まだこんな感じで、平坦な水田が続きます。
RIMG1954.JPG

ただ見た目は平坦でも、既に勾配があり登り続けるだけになります。

矢板市を通過して4号線を横断して東側に向かい東北方向に大田原市を通過すると、だんだん丘陵地帯で道が険しくなってきます。
RIMG1955.JPG
RIMG1956.JPG
RIMG1957.JPG


那須町に入る頃には立派な山岳ルートになっています。
RIMG1958.JPG


ここから国道294号線に合流しますが、さすが地方の3桁国道だけあって、のどかな風情が続きますし、目に見えて上り坂になり、福島県境まで基本地味に登りが続きます。
県境には約4時間30分かかって76kmほど走って到着です。
RIMG1960.JPG
RIMG1959.JPG

ここから少し離れたところに、昔の奥州街道の関東の北の玄関口とも言える「白河の関」があり、江戸時代は「入り鉄砲出女」を厳しく監視していたんですよね。
とまあ感傷に浸る暇もないのですが、これで人生初の自転車による福島入りを達成することができました。
日帰りであればここを目的地に十分楽しめるレベルだということは分かりましたから、また別の機会に訪れてみたいですね。

と、後になればこんな呑気なことも書けますが(笑)、走っている時点では、暑さとこの先の峠越えの懸念とスケジュールの事で頭がいっぱいでそれどころではありませんでした。
県境を下ると白河市で、「白河ラーメン」も今回はスルーして再び国道4号線を横切り、今度は北西方向に進路を取り猪苗代湖を目指します。

ここから「天栄村」を通過するルートは緩やかにアップダウンがありながら、水田沿いを走る比較的のんびりとしたルートです。
RIMG1961.JPG

暑いのですが景観がよく気持ちがいいですね。

天栄村を通過して須賀川市に入りますが、この間はアップダウンはありますが高低差はなく標高350m付近で推移しますが、国道118号との合流、分岐を過ぎるといよいよ山岳コースに突入で、標高745mの「勢至堂峠」を目指します。
実際峠は旧道で、今はトンネルになっていますが、トンネルに入って一気に気温が下がったのと、トンネルを出た後は下りになった事もあり、やっとホットすることができました。
RIMG1963.JPG


さて一気に下り福島県湖南町福良というところでちょうど12:00になりましたが、コンビニはおろか普通のお店も無い感じで、飲食店も見つからなかったので、猪苗代湖に出て東岸を一気に磐梯山を目指します。
RIMG1964.JPG
RIMG1965.JPG
RIMG1966.JPG

久しぶりの猪苗代湖ですが、ほとんど北岸からしか見たことがなく、随分印象が違いますが、この日は波も穏やかで青い湖面が広がっている綺麗な印象の強い湖ですね。

でもさすがに疲れたのと、15:30の集合時間には余裕で到着できる目算がついたので、湖畔のカフェで休憩します。
RIMG1968.JPG
RIMG1969.JPG

「こむぎ」さんという手作りパンのお店で、美味しいパンを期待したのですが、この12:30で、もう売り切れという人気のお店のようで、がっかりしましたが、ピザは食べられるとのことで、ピザとアイスコーヒーを注文いたしました。
RIMG1967.JPG

さすがパン屋さんの作るピザだけあり、ピザ生地がやや甘味が有りしっかりとした食感のパンのような生地で、食べごたえがあって美味しかったです。

ようやく元気も戻ってきて、順調に湖岸を北上します。
RIMG1970.JPG
RIMG1971.JPG

この猪苗代湖付近は夏でも付近より数度気温が低く、さわやかな風が吹いていてこんな暑い日でも快適にツーリングを楽しめます。

ようやく目的の磐梯山が見えてきました。
RIMG1972.JPG


この後国道49号線に入り、猪苗代湖町を通過して磐梯山の麓にある「国立磐梯青少年交流の家」には14:00頃には到着してしまいました。
集合時間まではまがあるとは言え、全身汗だくで消耗も激しいので、ひとまず休憩です。
ここ「国立磐梯青少年交流の家」は、青少年の活動団体の育成を目的に東京の代々木にある「国立オリンピック記念青少年育成センター」を本部として全国にありますが、北関東や東北では、ここ磐梯山は有名なところで、実は自分が通っていた社会教育関係の学校も、研修でこちらにお世話になっていたのを思い出しました。
まあ、本来「青少年」対象なのですが、我々も含めて社会人の利用も多いようで、ご多分に少子化の影響もあり、施設としての維持活動の一環として間口は広められているようです。

この後施設の全体集会が有り、全員が集まって自己紹介とか簡単なゲームなどをするのですが、実は先にも書きましたが、こういう事をする指導員の養成学校だったこともあり、当時の「日本レクレーション協会」経由で何度も実習で経験していたので、本当に懐かしかったですね。
ちなみに司会者はこちらの職員さんだと思いますが、元専門教育を受けた物の見地から言わせていただけば「もう少し修行しましょう」という感じでした(笑)。
まあ、慣れと度胸の問題なんですけどね。

この後食事もあり、磐梯山の中腹から猪苗代湖を望むと、更に先の方の山脈の彼方に大きな積乱雲が立ち上っていました。
RIMG1973.JPG


この後茨城県サイクリング協会主催での懇談会となりますが、場所が青少年の健全育成が目的の場所ですから、「清く正しく行われた」と記載するに止めます(笑)。
とまあ冗談はさておき、普段なかなか他県のサイクリング協会の方々と歓談する機会も少ないのが実情で、その土地柄の貴重なお話もたくさん聞けました。
自己紹介で「どすこいライダー」ですと、体型をもじって冗談で言ったところ、まさかの読者の方がおられまして、お互いに大変驚きました。
まさかいないだろうなと思っていましたが、やはり「全国指名手配犯」という事で(苦笑)、油断大敵です。

さて歓談が弾んだこともあり、ゆっくり温泉に浸かったわけでもないので昨日の疲れも残っていますが、残念ながら何が何でも自走で帰宅しなければなりません。
本当ならやはり日が昇る前には出たかったのですが、ここは「研修」で団体行動でもありますから、朝食時間は8:10と決められていて、それ以後解散となりますので、出発は8:45になりました。
昨日の実績と疲労度合いから計算して、ペースが落ちると想定して日没後の19:00帰着を目標に出発しました。

まだ朝のうちの猪苗代湖畔は本当に清々しく、ここだけ走れば気持ちが良いツーリングなんですがね(苦笑)
RIMG1974.JPG
RIMG1975.JPG


さて、やはり予想とおりというべきか、昨日の影響もあり全く調子が上がりません・・・・というか暑さも手伝って走るのが精一杯という感じです。
しばらく画像が途切れるのはやはり余裕がないからなのですが、本当にこんなに辛いのは久しぶりです。
ただ、コースとしてはこの先の「勢至堂峠」と、栃木県の県境までの区間を除けは、特に栃木県に入ってしまえば基本的に行のコースなので、復路のはうが若干楽になるのはせめてモノ救いです。

昨日ほどではないもののやはり気温は直ぐに30℃を超えて、1時間連続で走行することができず、30分間隔でコンビニに避難して水分やミネラルを補給しないと本当に熱中症になりそうです。
白河市に出たのがようやく12:00頃で、此処でちゃんとした食事を取ろうかとも思いましたが、イートインのあるミニストップでパスタを食べて、15分ほどお昼寝をします。
なんだかまるでブルベでもしているような感じで、少し仮眠を取ると体力が少しもどるの繰り返しという感じになります。

ようやく13:43に県境に到着で、栃木県に戻ってきました。
RIMG1977.JPG

ここからはしばらく国道294号線を南下します。
横の県道に入ったほうが距離は短いのですが、もはやそのアップダウンを乗り切る体力は残っていません。

294号はしばらく下りで、そのうち見覚えが有る「道の駅 伊王野」の看板が見えたので、休憩です。
体を冷やそうと列に並んでかき氷を買いました。
RIMG1978.JPG

美味しいのもありますが、やはりこれで少しは冷却されたのか幾分元気が回復してきました。

それでもノロノロと平坦なルートを選択しながら、大田原→矢板と経由して、氏家というところについたときには日が暮れてしまいました。
RIMG1981.JPG
RIMG1982.JPG

ところが日が暮れると気温が一気に下がって、あれだけ苦しくダレていたのがスーっと消えて行き、パワーが蘇り足も回って、かなり回復していました。
やはり強い直射日光に体を晒して高温の中を走るというのが、如何にパフォーマンスを下げているかという頃が良くわかりました。
確かに「発汗」することで体温を下げているわけですが、発汗のもとは血液であり、血流が皮膚表面の毛細血管に集中しているわけですから、筋肉にエネルギーが回らず、出力が低下する道理ですよね。

なんとか19:04には自宅につきましたが、固形物が喉を通らず「プロテイン」だけを飲んであとは死ぬように寝てしまいました。
翌日から久しぶりの日中勤務だったこともあり、リズムを戻すの大変で、やはり帰宅してからブログをまとめる余裕もなく、ようやく休みに入った本日に記事をまとめることができました。
走行結果は
往路:156.5km、AV21.17km、HRAV129、HRMAX161、獲得標高2105m 消費カロリー6642Kcal
復路:169.2km、AV22.20km、HRAV124、HRMAX146、獲得標高1732m 消費カロリー7253Kcal
でした。
実は宿泊ということで着替えや装備品など7.4kgと、自転車一台分重い荷物を載せての走行ということを考えれば、暑いこともありマアマア・・・・・というより怪我や病気もなく無事に完走できてよかったと思いました。

とはいえ世の中は広いもので今回のメンバーで70歳をとうに超えた高齢の方で、GAIANTの定番ツーリングバイク「グレートジャーニー」に宿泊装備満載で、僕でも持ち上がらないほど重い自転車で、日本の峠100選走破を目指して日本中を旅しているライダーの方もおられて、このイベントのあとは、北海道を目指して旅立たれていきました。
まあ、概ねサイクリン協会の方々は高齢な方が多く、僕自身で一番若い方の部類に入るくらいですからお分かりいただけると思いますが、それでも皆さん地図を眺めては「どの峠が楽しそうかな」と険しそうな峠を選んで「舌なめづり」されておられるようですから(笑)、僕等は本当に「青二才」だと思います。

そうなんです、最近感じていることなんですが、やはり自転車趣味をされている方々は、実年齢はともかく本当にお元気で、「心の若さ」を保たれておられるなということに本当に感心します。
僕自身もいろいろな方とお話すると、「50歳とは思えないほど若い(幼稚な)精神をお持ちですね」と感心されることもありますから、自転車というものが与えてくれる心の「アンチエイジング」は絶大だということを今回改めて確認することができたのと共に、諸先輩方から沢山の元気を頂けることが出来た事が、最大の収穫だった「猪苗代キャンプ」でした。


nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰に認められなくとも光り輝く、心で掴む自分だけの金メダル [雑談]

此処で何度も書いていますので今更ですが、僕は本当に「ヒネタ子供」でした。
ホント今更なんですが、思いだすと「身近にいたら殴ってやりたい」子供だったんだろうと思います(苦笑)
特に「オリンピック」という物に激しい嫌悪感と憎悪を何故か抱いていて、とにかく「メダルだけ取れれば何でもいいんでしょう!」とか、「きれいごと言っていて、どうせ裏では汚い事をやっている」等と思っていたのですから、本当にヒネタガキですよねぇ。
でも、今に成って思えば、僕が物事を斜に構えた「異端」だったのではなく、洞察力の鋭く探究心の強い、「愚直なまでに真直ぐな子供」だったようなんです
だって、不正誘致やドーピングやゴリゴリの利権の争いを見れば、いかに近代五輪が「汚れた祭典」であるかは明白で、子供の頃の自分の認識が、けして間違いではなかったんですものね(苦笑)

さて半世紀も「生き恥を曝して」意地汚く生き続けてきた結果、順当に「汚い大人」になってしまいまして(苦笑)、子供の頃の自分にもし会ったら確実に激しい非難を受けていたでしょうが、飄々と「汚い世の中」を生きて行けるように成ったのですから、仕方が有りませんよねぇ(笑)。

そんな汚れた僕でも(笑)、TVから聞こえてくる「メダル、メダル」のバカの一つ覚えの連呼には今でも嫌悪感が強く、4年に一度のこの夏は本当に憂鬱です。
僕自身は誰がメダルを取ろうとも、なんら関心が無いので本当に「大きなお世話」なんですが、まあ「世界の頂点の栄光と栄華」を求める人たちにとっては、それこそ人生を懸けていますから、競技者そのものを非難は出来ませんし、また非難する権利は僕にはありません。

さて、今年の夏の連休はやや長めに取れる事から、出来るだけ他の用事を入れないで、距離を走って行こうと色々と計画をしています。
無論楽しいので走っているのですが、秋のイベントに向けての体作りという側面もあります。
まあ、僕自身「競技者」ではないので、何処のレースで勝ちたいとか、タイムを縮めたいとかは無いのですが、「納得のいくパフォーマンスを発揮したい」というのが目的になります。
これで成果が上がったところで誰に褒められるでも称賛されるでもない「完全な自己満足」の世界なんですが、心に灯っているこの密かな情熱の炎(恥ずかしい表現ですね)こそが、僕の「心の金メダル」だと思っています。

ただこの「金メダル」を目指そうとすると、必ず数々の障害が前に立ち塞がって、僕に気持ちよく走ることを許してくれなくなる事が、ここ数年の自分の記録を見るとあまりに多いんですよね(苦笑)。
「よくもまあ、クダラナイ事で騒ぎを起こして、僕の人生の邪魔をしてくれるよなぁ!」という事が、人災天災を問わず降りかかってきていましたから、今年の夏も油断はできませんが、時間を見つけて暑さに負けず、コツコツと走って行きたいですね。
nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ターマックのポジション変更の効果は? [雑談]

前回の記事でターマックのポジションを直した話をしましたが、本日はその確認で今年の夏は定番のコースとなりました茂木-城里-那珂湊-大洗に向かいました。
本日は午後は天候が不安定なのと、最高気温が高くなりそうなので・・・・・どうも気象庁の最高気温の予報がことごとく低めに予報されているので、まずそんなことはないだろうと(笑)見積もって、午前中に帰宅する計画を立てました。

となると出発時間は自ずと3:00になります。
RIMG1937.JPG

RIMG1939.JPG

この時期だとおよそ1時間30分程のナイトライドになりますが、こちらも定期的に走っておかないと「いきなり本番」では、装備品の動作確認も含めて避けたいですよね。

ようやくライトの出番は終わりにしたいのですが、山間部は結構濃い霧が斑のように現れるので、被視認性を確保するためにもつけっぱなしにします。
RIMG1942.JPG

山間部に入って・・・・といってもインナーに落とすほどでもない勾配が続くルートなのですが、アウターローで軽くくるくる回してみると、明らかにポジションの変更前よりスムーズに回ります。
サドルの突き出し量を前に5mm出したのと、クリートの前後一も一番後ろだったのを前に出して中間位置にしています。
変更前は、高回転で回すと、ペダルを引き上げて、時計の12時より踏み込む辺りでギクシャクと詰まった感があり、回転を上げにくいイメージがあったのですが、変更後は、このあたりの移行がスムーズで綺麗に回せるようになりました。
結果、上り坂もトルクをかけて踏み込む走り方でなく、軽くしてケイデンスを上げて出力を上げる走り方で凌げる様になりましたから、まあ絶対的な速さはともかくとして、格段とスムーズに且つ足の負担を少なくして走ることが出来るようになりました。
ハンドルもライズ角を立てる方向にしたことでブラケットの握る位置を若干高くしましたが、ダンシングのしやすさはこちらのほうが確実に良く、こちらもリズミカルにダンシングができます。
更に今回はハブのグリスアップを終えたWH9000-C24に入れ替えたのですが、カタログ上の重量がレーシングゼロより80g軽い以上に軽さを感じて、軽く回すような走り方にはこちらのほうが楽に走れます。

まあ、結局のところFELTで確立していたポジションや走り方に戻した形になってしまったのですが、当然こちらの走り方で1年以上ロングライドやブルベなど乗り切ってきたのですから違和感が無いのは当たり前で、走っているフィーリングも結局はWH9000-C24+パナレーサーRACE Dのフィーリングですから、馴染んで当然とも言えます。
ただ、馴染んでて走りやすいから、それが正解とも言えないのがポジションの難しいところで、このポジションでまたレーシングゼロの投入も試してみるつもりです。
どうもWH9000-C24は35km/h以上は「周りだがらない」傾向があり、レーシングゼロだと降りで50kmくらいでも綺麗に回ってくれるので、改めてその違いとかを試してみるつもりです。

さて那珂川に出れば後は真っ直ぐ海を目指すのみです。
RIMG1944.JPG

今日は久しぶりに空が青く綺麗ですね。

那珂湊市街地を抜けて県道108号線を大洗に向かいます。
すぐに那珂川の河口にある「海門橋」を渡ります。
RIMG1945.JPG

この時点で6:52ですから海の朝日が綺麗ですね。

上流を見ると那珂川と涸沼川の合流点が見えます。
RIMG1946.JPG

余談ですが那珂川は山間部を縫って流れているので流れが速く、上流でも川幅が広い場所が少ない河川ですが、河口付近に至ってもほぼ同じくらいか、かえって狭まった感じがします。
これだと上流で最近多い「ゲリラ豪雨」等が長時間降り続く昨年の豪雨のような天候になると、下流で飲み込めなくなって溢れてしまう事が予想されます。
事実、過去に何度か河口付近では雨があまり降っていないのにも関わらず、いきなり水が溢れてきて洪水になった事が有ったそうです。

さて何時もの大洗海岸に6:59に到着です。
RIMG1949.JPG
RIMG1948.JPG

2回の休憩でほぼ4時間で到着しました。
距離はちょうど80kmで、このペースが維持できるのなら160kmを8時間で走れる「センチュリーライド」のイベントペースで走れました。

ちょっと休憩して直ぐに折り返して帰路に着きます。
帰路は水戸を抜けて城里に向かいところまで向かい風気味ですので、あえて国道51号線に出て。建物の遮蔽物と向いていく車の風を利用してペースを稼ぎます。
常磐線を横切る前にまた那珂川沿いに向かい、常磐線を渡ります。
RIMG1950.JPG

なんだかこのあたりを何度もは知っているので、「土地勘」がついてどこをどう通れば通過できるか分かるようになってしまいました(笑)。

後は往路と同じコースで那珂川から城里町を抜けて茂木を通過して宇都宮に戻りますが、そこそこのアップダウンがあり、これはツーリングペースで走っていても、良いトレーニングになります。
何時もの城里の農産物物産センター「山桜」で、これまた何時もの「やぶきた茶ミックスソフト」で英気を養い、宇都宮を目指します。
RIMG1952.JPG


途中市貝町の道の駅「さしばの里」で長めの休憩をとり、宇都宮には11:54に到着しました。
帰路は78kmのコースでしたが、これまた4時間かからなかったので、往路と同じペースで走れたようです。
結果は158kmをAV25km/h、獲得標高1735m、消費カロリー6998Kcal、AVHR130、最大HR164でした。

前回ほぼ同じコースで、湿気にやられながらもAV24.2kmで、単純比較はできないのですが、今回の方が随分疲労感なく走れたように思います。
反対にケイデンスを高めに維持した反動か、アキレス腱の上の部分や椎間板の付け根の「ジョイント」部分は負荷がかかったようで、ややハリや痛みが出ました。
ポジションを少しだけ変えて走り方を変えるだけで、同じバイクだけでもこれだけ感触が変わるところが、自転車の面白さと奥の深さだ再確認した一日でした。

手持ちバイクの勝手なジオメトリィ比較と、ポジション出しの考察 [自転車本体]

最近色々と謝ってばかりの黄昏中年ではありますが(苦笑)、今回の「ジオメトリィ」ですが、正式な自転車の「CT」とか「CC」とかの計り方でないので、参考にしようとこられた方はゴメンナサイ(笑)。

とにかく「ターマック」のフッティングを進めるにあたって、「まあ、このくらいかなぁ」で進めると、あとで何が何だかわからなくなるので、自分のバイクを、自分なりにフッティングに使っている寸法を比較して、ターマックというバイクの性格を計ることにしました。

これまた謝らなければいけないのですが、ここで親切に「図解」で説明すれば解り易いと思うのですが、「メンドクサイから書かないよーだ!」と省略させていただきます事を謝罪いたします(笑)。
実は「セオリーは大切にしないとダメだよ」と周りに言っていながら、僕個人はフッティングの定義を「クランク軸中心主義」と「前後重量配分」の2点に集約させています。

で計測した結果一覧です。
ジオメトリー2.JPG

計測は本当なら最近比較的安価に手に入る「レーザー墨出し機」を使えば、1ミリ単位で正確な寸法が手に入るのですが、これは「コンベックス」2個と「目検討」で測った値なので絶対値は10mm単位で違うかもしれませんが「傾向」が比較できれば良しという精度であることはお断りしておきます。

幾つか解説します。
1、操縦性に関わるホイールベースと重量配分
これはフロントフォークの傾き「オフセット」にも関わりますが、ロードバイクは「1000mm」が標準的なのだと思います。
FELTが1100mmで一番長いのですが、これはフォークのオフセットが一番大きく、つまり一番角度が付いていて「ハンドルの直進性」を重視しているからで理解できるのですが、ターマックの980mmは驚きました。
自動車言えば運動性に限って判断すれば、ホイールベースは短い程「旋回性」が高くなる、つまりローリングに伴うヨーイングが出し易く成るはずで、「機敏に動きやすい」という事になります。
実際乗った感触として、機敏ではありますが不安を覚えるほどふらつくことも無く、直進安定性は高い部類に入る方だと思います。
直進性の良さ・・・・というより個人的には「ステアリングの座りが良い」感触は、クランク軸を中心とした前後のホイールベースの寸法から、たとえばマドンとはフロント側が580mmで同じながら、リア側がターマックが20mmも短い事から、単純に「重量配分」がリア側寄りであり、クランク軸から鉛直線上に上に伸ばしたラインから、どのくらいシートチューブが離れているか、パナチタンの「ホリゾンタル」のラインに合わせて図った数値は「4」は、ターマックが最も長く、最も後傾している事が解る事から、人間が乗車した状態でターマックが最も重心が後ろ寄りではないかと推測できます。
重心が後ろ寄りという事は、ローリングするときの重量上の「力点」の中心も最も後ろ寄りに成るはずで、前輪のトップチューブのハンドル軸線から一番遠ざかるため、ヨーイングの影響が少なくなる理屈になります。
これは、「手放し運転」するとき、後ろ乗りの方が自転車が安定するので、体感することができると思います。

2、推進効率に関わるクランク軸とシートの位置関係
自転車の推進効率は、フレームの剛性というファクターを別にすると、機械工学的に脚の動きというある意味直線的な動きを「クランク」というカラクリ物を介して以下にクランク軸を効果的に回すかという事に集約できるのではと思っています。
基本は股関節、膝、足首のジョイント部分とクランク軸の距離にあり、短ければジョイントの稼働角度が広くなり、同じ回転数なら大きく脚を曲げ伸ばししなければなりません。
これはレシプロエンジンで言う、一気筒の「ボア×ストローク」の関係性と同じで、ロングストロークエンジンと同じで、「トルクは出るけど高回転向きではない」特性になります。
反対にクランク軸からジョイント部が遠く成れば、稼働角度が狭くなり、脚の曲げ伸ばしの量は少なくて済みます。
これは「ショートストローク」エンジンと同じで「トルクは出しにくいけど高回転まで回し易い」になります。
この理屈が理解できれば、自転車の「シートの高さ」の重要性と傾向が理解していただけると思います。
今度は前後方向に関してですが、これは、ペダル軸、もしくは踏込の力点のポイントより、膝の関節部分を後ろ側方向にすると脚の構造上の問題で、後ろ側の筋肉、所謂「ハムストリング」を多用できるようになり、ハムストリングは「遅筋」で「瞬発力は出しにくいけど持続性がある」筋肉になりますから、たとえば長距離をある程度の速度を維持して走り続けるのに適している方向になります。
反対にペダルの力点から膝の関節部分を前側方向に移すと、脚の前側の筋肉、中でも前側のモモの「大腿4等筋」を多用することになります。
この筋肉は「速筋」であり、「瞬発力はあるが持続性に乏しい」筋肉なので、たとえばスパートを駆けるときや坂を上るときにペダルを「踏みしめる」ようにしてトルクをかける走り方に適しています。
これを調整するのは基本的にはクリートの前後位置とサドルの前後位置との相関関係であり、基本的にサドルを前に出すほど大腿筋を使い易くダッシュ力が使い易く成り、後退させるほどハムストリングが使い易く成るので長時間の持久力を維持しやすくなります。
ちなみにクリートの位置関係はつま先寄りにすると回し易く成るが疲れやすい、カカト寄りにすると回しにくくなるけど疲れにくいというのが「セオリー」ですが、これはサドルの前後位置との関係性を考えての話になり、サドルの前後位置を固定と考えると、クリートをつま先寄りにすると脚の位置が後退してサドルを前に出したのと同じ事に成り、反対にカカト寄りにすればサドルを後ろに下げたのと同じようになる事は、実際クリートを前後させて脚の屈曲の形を見比べれば解ります。
更にいうと、クリートをつま先寄りにするという事は、足首の稼働角が広くなり、より足首の動きが大きくなるので、ペダリングで回して踏み切った時の最後の「一ケリ」が効いてくるのも無関係ではないようです。

3、ハンドル高と、サドル高の落差との関係
一般的にハンドル位置を下げればそれだけ上半身が前傾して、正面から見た「全面投影面積」が減少しますから、空気抵抗を減らすことが出来ます。
いきなり余談ですが、背中を丸めて前傾するのは背中が直線的に成るより空気の「誘導抵抗」が減るそうで意味があるのですね。
さて、この「背中を丸める」ですが、ツールドフランスなどで一流選手がこのようなスタイルを取っていて、、無条件で真似をしたがる方もいますし、そのように推奨していた関係者もいました。
実は何故背中を丸めるのというと、単純に「伏せ」の姿勢で前のめりに成ると、体が「くの字」になり、股関節の稼働角の範囲を狭めてしまうからです。
ですから「骨盤」を立てるようにして股関節の可動範囲を確保して、尚且つ空気抵抗を減らすために頭を下げるためにお腹を引っ込めるようにして背中を丸めるスタイルが出来たのです。
実はこのスタイルは、運動生理学上理想的なスタイルではないそうで、まず丸まった上半身だと胸の筋肉「胸筋」が狭まって肺の動きを制約してしまうため、呼吸を制限して酸素の供給量を減らしてしまうそうです。
また上半身がある意味固まってしまうため、体幹のねじり方向の動きが制約されて、上半身の筋肉を脚の動きに連動させて回転運動に転嫁させにくくなるため、出力も出しにくくなると考えられます。
ただ30㎞/h以上、ロードの選手だと40㎞/h以上の速度が「戦闘速度」なるわけで、運動生理学上の不利より「空気抵抗」の低減が優先されるので、そのスタイルで最大の効率が出せるようにトレーニングしているわけのようです。

僕のように概ね30㎞/前後までの速度領域が中心で走っているライダーの場合、空気抵抗の低減よりも、運動生理学上効率の良いスタイルの方が重要になると考えれば、何も無理をしてハンドル位置を下げて、空気抵抗の軽減に奔走する必要が無いという事はご理解頂けるでしょうか。
そういった意味も有り、あまり前傾しすぎないジオメトリーの方がロングライドには適しているという理屈になり、コンフォートバイクを謳ったFELT Zシリーズや、TREKのいう「H2フィット」のジオメトリーは、トップチューブの長さを長くして、ハンドル位置を必要以上下げないようになっています。
ちなみにターマックは「6」のハンドル地上高が一番低く、、これでもスペーサーで25mm程上げているのですから、いかにロードレースにターゲットを絞ったジオメトリーであるかの一端が垣間見えると思います。

4、総論
実は「お辞儀乗り」というスタイルが有り、これが加わると上半身の反動とタイミングに伴う「重心位置移動」や、クランクのパワーゾーンの角度領域とかの話が加わるので、ややこしくなるので今回は省略しますが、ターマックのフィッティングで言えば、サドル位置を5mm前進させてトルク寄りのセッティングで山登り方向に振って、ハンドル位置は少し高くしたいところですが、これ以上無理なので、ダンシングの振りの良さを考えて、ハンドルの「ライズ角」を立てて、ブラケットの握り位置をやや高くしました。
実際のところ、此処までクドクドとしたり顔で解説してきた内容に、体の脚の長さや各部寸法のバランス、筋肉の付き方、筋自体の柔軟性や強靭性、関節の柔軟性と稼働角度、どのような走り方をしようとする「基本プラン」等が、すべて3次元的に相関関係を持っているので、その中から「最適なポジション」を得るのが、如何に至難の業であるのとともに、その効果がハイエンドバイクを購入する以上に効果的であることも、ご理解いただけたでしょうか。

あと重要な事ですが、此処まで独り善がりで自説を説いていながら、「フィーリングに頼った、運動生理学を考慮しないなポジションは、故障の原因に成る」という事です。
結局自転車のポジション出しは、「生モノ」である体の構造上の「運動生理学」と、機械モノの自転車の「機械工学」、あと根本的で基本の「ニュートン力学」を、どのようにバランスさせるかという事であり、そのバランスが歪な場合、その歪は生モノの人間にすべてかかって来るので、関節をおかしくしたり、筋肉や筋を痛める事に成るので、その点は十分に留意する必要があると思います。

で、「こんなに色々あると何が何だか判らないよ!」というのが自然な感想であり、まず最初に行う事は、自転車雑誌や自転車ショップの経験の深い店員さんの進める「定番のスタイル」にとりあえず無条件に従ってみる事だと思います。
それが「ベスト」ではないにせよ、過去の経緯より導き出された「セオリー」ですので、「大きく間違っていはいない」ハズですので、その時点ではあくまで「ベター」と納得すべきだと思います。
そのあとは求める方向に適した「方法論」と「理屈」をしっかり考えて、実際「トライ&エラー」を繰り返して、経過が判るように少しずつチャレンジしていく「モアベター」を重ねて行けば、少しずつ「ベスト」に近づいていくと思いますし、「これは間違った!」と判明した時点で、ひとつ前に戻ればよいだけなので、方向性を大きく間違えてしまう可能性は低くなると思います。
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんなに山に登れなかったの? [雑談]

昨日24日は、仲間と中禅寺湖へのツーリングに出かけました。
実は個人的には過去何度も行っているルートで、極端に厳しいミッションだという認識はなかったのですが、まったくヘロヘロでダメダメな山登りに成ってしまいました。
結果的には122kmをAV22.6km/h、獲得標高1870mで消費カロリーは5271kcal、最大HR176、AVHR139というデータでした。

昨日は比較的天候は穏やかで、久しぶりに朝から陽の光を感じました。
中禅寺湖160724 002.JPG


6:30に親友のH戸君、M島君と僕の自宅からまずは日光市の大谷川公園に9:00到着を目標に発進します。
ルートは農道や裏道を繋いで出来るだけ街道に出ないで、また「宇都宮サイクルピクニック」などで使われる郊外のコースなどを繋いで日光を目指します。
これだと交通量は少なく、宇都宮の里山沿いの「田舎道」を楽しみながら走れるのですが、道案内&ペースメーカーの僕は時間とペーストの闘いで(苦笑)、見知った道ですので区間タイム等を見ながらペースを計算して走っているので、結構忙しく、あまり風景を楽しむ暇はありません(苦)。

しかも今回久しぶりにこのコースを走ったからというわけではなかったでしょうが、HRが150以下に落ちることが無く、勾配が続くと容易にレットゾーンの165をオーバーしてしまいます。
概ね45㎞を600m位じわじわ登って行くルートで、日光に近づくにつれて、目に見えて勾配がきつくなってくる、ある意味嫌らしいコースだとも言えます。
最初は25㎞程度を維持していますが、最後の頃は20㎞程度にまで徐々に速度が落ちてきます。

途中で休憩を入れながら8:45頃、大谷川公園に到着します。
一応複数の知り合いにここに9:00集合とメールを出しておきましたが、あと2名が先で合流するだけという返事は事前に貰っていたので、誰も来ないとは思っていましたが、休憩がてら9;00までいます。
この先の合流地点は「清滝」付近のコンビニで、9;30指定ですがその時間には付かないよなー(笑)。
まあなんとか10分遅れで到着しましたが、同行のO田さんとN村君はずいぶん前に此処に付いていたそうです。

さてここから「馬返し」まで・・・・・と此処も地道に登って行くようなのですが、昔の料金所の跡地を越えれば「いろは坂」の始まりです。
中禅寺湖160724 003.JPG

が、HRはレットゾーンに入りっぱなしで、165以上出ていることは判るのですが、表示がワーニングに隠れて見えません。
攻めたわけではなかったのですが、結果的には176くらい出ていたようですね。

何度か登っているいろは坂ですが、一番最初にクロスバイクで登った時はともかく、ロードで登るようになってから、こんなに苦しい坂だったかな?と思うほどペースが上がらず、最近上がった那須や、魚沼の上り坂の方が明らかに厳しいはずですが、それに比べても全然登れません。
こうなると猛烈につまらなくなるのが僕の悪いところですが(苦笑)。面白くない理由がもう一つありまして、それは途切れることなく至近距離を霞めていく「オートバイ」の存在でした。

まあ、向こうから見ればライン上にノタノタ上る自転車が居るのは、この上なく邪魔で怒り心頭なのは想像に難くないのですが(苦笑)、個人的にこの上なく不愉快なのが爆音と言える「排気音」と、旧車や輸入車が多いからなのか、終始漂う未処理の排気ガスでした。
不快のみならず、最大心拍で、瀕死の金魚のようにパクパクしながら空気を吸い込んでいる所に、未処理な上に燃焼不良の生ガスまで混ざった「毒ガス」を吸い込むハメに成ってしまうのは心底参りました。
旧車や輸入車を愛するライダーの気持ちは良く理解できるので、なんとも複雑な心境ではあるのですが、「騒音」と「排気ガス」の影響に関しては、あまり無頓着だと行動範囲に制約が出ないかと心配になります。
最もロードバイクもあまりのマナーの悪さが最近無視できない影響を与えている「実例」が幾つか聞こえてきていますから、意見をしたり心配をしている場合じゃないんですよね(苦笑)。

偉そうな事を言える立場ではない事は重々承知しておりますが、万他者に対しての「配慮」とか「優しさ」に欠けてしまった個人や集団は、いずれ「自業自得」として居場所を失ってしまうのではと、自ら戒めも込めて記しておきたいと思います。

さてなんとか「明智平」の駐車場に到着です。
中禅寺湖160724 004.JPG

昔は先の馬返しからここまで「ケーブルカー」が運航していましたし、その馬返しから東武日光駅まで「路面電車」も運行されていました。
モータリゼーションと合理化の波にのまれての廃業でしたが、歴史の「IF(イフ)」で、今でも運航していたらと思うと、「国際観光地日光」も違う姿に成っていたのでは?と夢想してしまいます。

この後トンネルを抜けると「中禅寺湖」に到着で、本日の目的は湖畔にある「浅井精肉店」のソースかつ丼を親友に味わってもらう事にあります。
が、何時もなら詳しく写真入りでご紹介するところですが、女将さんの「写真、SNSお断り」の申し出がありましたので今回は見送ります。
女将さん曰く、皆が広めてくれるのは有りがたいのだけど、「客質」が悪くなる一方で・・・・・まあ恐らく無礼な若年層&迷惑な段階世代老人が増えたのでしょう。
また、外国人が多くなったのも、ただでさえ無愛想で無口なこの家族には「苦痛」以外の何物でもなかったようで、そのような事に成ったそうです。

大盛りご飯に、5枚のソースカツがのった迫力の映像をご紹介出来ないのは残念ですが、今回もかろうじて完食して、ミッションクリアとなりました。
とりあえず湖畔のボート乗り場で談笑しながら食休みをします。
中禅寺湖160724 005.JPG


このお店は5人ほどしか入らないカウンターだけのお店で、順番が来るまで2時間近くかかり、休憩しているうちに13:30に成ってしまい、雲息も怪しいので急いで「下山」します。
とりあえず日光駅付近にある、「大笹牧場」のお店で「牛乳ソフトクリーム」を食べて、後はひたすら自宅に向かって走ります。
この日光駅付近から大谷川沿いに下り、小林という所付近まではほとんど下りでペダルすら踏む必要がない程で、ここは「最重量」の「下り坂番長」の僕が「どすこい引き」で22kmほど疾走します。
旧今市市街地付近までは、40㎞/hを維持できるほどで、後は35㎞/h以上を維持して高速走行を楽しめます。

でこの小林という所で「羽黒山」という山の西側にたどり着き、4%くらいの勾配で1.3kmをアウター&ダンシングで強引にねじ伏せて、再び下りで加速して結構なペースで国道293号線を越えて、宇都宮市の「逆面(さかづら)町」付近まで激走しました。
この程度のアップダウンならトルクでねじ伏せる事は出来ますが、やはり「いろは坂」は、今のウェイトでは厳しかったのですね。

なんとか16;00頃には自宅に到着することが出来ましたが、「のんびり楽しむ」という当初の目的は果たせたのかがかなり怪しく、同行のH戸君やM島君にはやや申し訳なくも有りました。
まあ雨にも降られませんでしたし、この季節にしては涼しかったのでそういう意味では比較的快適に走れた方だとは思います。

しかし、個人的にはこの登坂能力の低下は深刻で且つショックではありました。
まあ、当然と言えば当然なのですが、ウェイトに限らず、高いHRがを維持して走るのも久しぶりでしたから、「山登り練習」をサボってきた報いが来たというべきでしょう。
また「ターマック」も、初期不具合は一掃されて、何の問題も無く良く走ってくれてはいますが、今一つ「波長」が合わない所があるようで、今一つしっくりこないので、原因を追究するとともに、フッティングを進めて行かなければいけないようです。


タグ:いろは坂
nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とにかく湿気にやられました [雑談]

何というか、書き出しに困っています。
とにかく先週の疲れが抜けていないので無理は効かないなりに、とにかく距離を稼ぐのと、多少の高低差で強度は上げたいといろいろ考えて、茂木経由で茨城県の大洗海岸まで、往復約160kmのツーリングに出たのですが、とにかく朝から「蒸し器」の中にいるような湿度で、気温そのものはそんなに高くないのですが、交差点で止まっていると、まるで冷や汗のような気持ちの悪い汗が全身を流れて気持ちよくありません。

4:30に自宅を出ますが、やはり疲れと眠気で心拍が上がらずペースが上がりません。
ようやくツインリンクもてぎの南側を抜けて、県境の峠を越えたあたりで、ようやく調子が上がってきました。
大洗160717 001.JPG

やはり一度心拍をレットゾーンにぶち込んで、気合を入れないとダメでようやく調子は出てきました。

ただ、とにかく汗は全身から噴き出しているので早め早めに補給を取りながら、それでも4時間で大洗海岸に到着してしまいました。
大洗160717 002.JPG
大洗160717 007.JPG

途中やはり大洗を目指すライダーと合流して国道をまっしぐらに来たからなのですが、あまりにあっさり海岸線に出られたので拍子抜けしてしまいました。
もう少し遅く来れば青い海が見られたでしょうが、とにかく引き返します。
帰路はコース開拓で、那珂川の東岸沿いの農道などを繋いで、交通量の少ないルートを探索しながら、元の国道123号線から城里町に行くルートを戻ります。

ランチは何処かお店を探そうかなとも思いましたが、とにかくこの湿度に体力を奪われて頻繁に水分やらミネラルなどを補給していたので、そんなにお腹がすきません。
で、何時も夜休憩地点の城里町物産センターの「山桜」で、惣菜などを買って昼食にしました。
大洗160717 008.JPG

目の前で移動店舗で揚げたてのから揚げやメンチやカツなどが良いにおいをしていたので負けて、普段は食べないから揚げなども食べます。
あと、塩分補給の目的も有り、地元の人の作った「漬物」を食べましたが、これは美味しかったです。

この後色々と寄り道をして、結局自宅に付いたのが16;30でしたから、サイコンの電池も切れるはずです。
結局推定で158kmをAV24.2kmで寄り道しまくりで12時間かかって走りました。
色々な方とお話して収穫が有ったのですが、なんだかぐったりしてしまいましたので、またの機会にご紹介したいと思います。
nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る