So-net無料ブログ作成
検索選択

第7回セオフェスティバルで、人生初のロードレースを楽しむ [イベント]

25日は、千葉県成田市の「下総フレンドリーパーク」という運動公園で、千葉県を中心に関東地方に広く店舗展開している自転車ショップの「セオサイクル」が主催する「セオフェスティバル」のロードレースに参加してきました。
利根川を望むことのできる小高い丘の上にあるフレンドリーパークの公園内の1.5kmのコースを周回する「クリテリウム」形式のロードレースですが、補助輪も取れない様な幼児から、実業団クラスの広いレベルのサイクリスタが参加できるようにクラス分けが細かいのが特徴で、クラスによっては「カーボンロードバイク」が商品で出るという、豪華な賞品も魅力のレースです。

今回は親友のM島君の初イベントにお付き合いという形で僕も参加することになりましたが、じつは「ガチンコ」で競い合うロードレースに出場するのは僕も初めてなんです。
エンデューロ形式のレースは10回ほど出場していますし、ヒルクライムも2回出ていますが、センチュリーライドやブルべなどのロングランがメインでしたので、ヨーイドンでガチンコ真剣勝負のロードレース初体験で、正直言ってどのような展開になるのか見当もつきませんでした。

さて宇都宮市の自宅を5:30に出発して、松戸市のM島君を迎えに行き、成田市の現地には9:20頃到着しました。
予想とおりこの時間では既に会場内の駐車場は満杯で、付近にある市役所主張所の駐車場に行きます。
此処はもともと「下総町」だったようで、「平成の大合併」で成田市になったようですね。
セオフェスティバル121125 002(1).JPG


とりあえず持って行ったMTBで僕が受付をしてきて、あとは時間が来るまでここでノンビリすることにします。
椅子を出して、コンロでお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、ラーメンを食べたりマッタリしながら、久しぶりに会うM島君との会話が弾みます。
セオフェスティバル121125 003(2).JPG

しかし、相変わらずイベントと言うのに周囲の「やる気満々」に対してのほほんとしていますねぇ(苦笑)。
如何なるときも、楽しく参加がモットーですからこれで良しとしましょう。

しかし、チョットノンビリし過ぎて、結局持って行ったローラーでアップする時間もなく、そそくさと準備をして会場に向かうことになりました。
メイン会場は広い広場の周囲を、出店ブースがグルリと囲み、その外側の周回路がコースになっていました。
セオフェスティバル121125 004(1).JPG

多くの参加者は、空いた場所にシートを引いて場所取りをして、ローラーも持ち込んで既にウォーニングアップに余念が有りません。
ただ殺伐とした感じか?といえばそうではなく、家族連れも多くほのぼのとした良い雰囲気だと感じました。

さあいよいよM島君の出場する「初出場」クラスのライダーが、スタート地点に集まってきます。
セオフェスティバル121125 006(1).JPG

しかし、これは「龍勢」のときも書きましたが、とてもレースビギナーとは思えない凄まじい機材に、鍛え上げられた肉体のライダーが少なからずいて、これは明らかに「経歴詐称」だなぁ(笑)。
どうやら、上級クラスなどでは上位を狙えないと考えて、クラスを下げて出場してくる方がいるとの事でした。
まあ、この辺りは「お祭りレース」ですから、大目に見てもいいのかもしれませんね。

最初の一組目のレースを見ていましたが、なんとなくのんびり走っているようにはた目からは見えます。
と、走っていた集団からブリジストンアンカーのジャージを着たライダーが降車してきました。
何処かで見た事がある人だなと思ったら、飯島誠さんでした。
今回のレースは、チームアンカーの選手がレースコントロールをしてくれているようです。
飯島さんも一緒に走って参加者の状態などを観察していたようで、スタート地点の係員に色々とレースの注意事項をアドバイスしていました。
だけど、皆自分のレースの事で頭いっぱいで、あまり耳を傾けてくれていないと察した飯島さんは、自ら説明役を引き受けて、大きなゼスチャーと声で参加者に注意事項を説明してくれました。
セオフェスティバル121125 011(2).JPG

さすが、これには参加者みんな注目して説明を十分に聞くことが出来ました。

そろそろ次のレースが迫ってきて、M島君も初のサイクルイベントに緊張感MAX状態になっています。
セオフェスティバル121125 010(1).JPG

僕も覚えが有りますが、一番最初に出た「もてぎエンデューロ」のスタートの時は、心臓の鼓動が本気で脳内に響いていたくらい緊張していました。
今は図々しくなって、へらへら周りの参加者としゃべっている、迷惑なオジサンと化していますが(苦笑)。

と、「soranekoさん」と声がかかり振り向くと、「とも」さんがいるではありませんか!。
なんでも、知り合いのサポートで来ているそうで、出場はしないそうですが見学していたそうです。
ともさんとはお会いするのは3度目ですが、このブログが始まる前からのお知り合いで、常日頃コメントを交換している間柄ですから、本当に毎日会っている親友のように話が弾んでしまいました。

おっと、レースに送り出したM島君を応援しなくては!。
セオフェスティバル121125 012(2).JPG

ロードバイク歴が半年に満たないM島君ですが、見事に集団に付いて行って周回を重ねています。
社会人になってからも、継続して運動を続けている鍛錬のたまもので、同級生ながら敬服します。

7周のレースで、最後の一周は「ケイリン」のように「ジャン」が慣らされて、集団は最大戦闘速度に加速していき、走り去っていきます。
ゴール地点で待ち構えていましたが、集団が通過して間もなくM島君もゴールしました。
セオフェスティバル121125 014(1).JPG

勝負には絡めなかったものの、最後まで集団に食いつき、AV39km/hを超える記録はお見事!です。
しかし、数年走り続けている僕の立場が無いですねぇ(苦笑)。

さあ、今度はいよいよ僕の番です。
今回はコースのレイアウトも覚えてなく、せっかく持って行ったローラーも使えなかったので、本当に「ぶっつけ本番」ですが、ま、何とかなるでしょう(笑)。
僕は「初心者」クラスの第2組でしすが、どうも他のクラスに比べて例の「経歴詐称」ライダーが多いような気がするのは僕の気のせいでしょうか(笑)。

スタート地点に移動しますが、慣れているエンデューロレースのように「ローリングスタート」ではなく、本当に「ヨーイドン」なので、クリートキャッチに失敗して後方から突っ込まれるのも嫌なので、最後尾に着きました。
やはり初出場だという高校生君と並んで待ちます。
前の組を見ている範囲では、スタート直後はペースが緩かったようなので、最初の数週で体を温めてスパートを駆けようと考えていましたが、それはとんでもない間違いで、最初から全開に近い感じで集団が走り出し始めました。

こちとらレース初心者ですから、ライン取りもペース配分もなく、ただ我武者羅に集団に付いていくだけで、正直3~4周目まではかなりシンドイ感じで「これで10周もつのかな?」と思いましたが、中盤から体も暖まり、それと「抜く」ポイントと「スパート」のポイントが解ってきて、うまく合わせるように走ると楽になってきて、やや余裕が出てきました。
そうなると、ただオシリについているのも癪だと、一度だけ先頭グループまで順位を上げて見ました。
不思議と登り坂になるとペースダウンするのでそこで追い上げて先頭横近くまで行きましたが、やはり猛者たちがガッチリラインを走ってポジションを守っているので入り込めず、無理をして転倒するのも嫌なので、また集団後方まで下がりました。
この辺り、レース経験がないので如何ともしがたいのですが、「勝負」に拘ればまた話が違ってきますよね。

さあ9周経過して「ジャン」が鳴り、ペースが上がってきます。
今度は「抜く」場所がなく、ほぼ全開で加速していきますが、何とか食いついていきます。
最終コーナーを抜けた辺りで先頭グループがさらに加速していき、付いていけない後続が遅れて集団の間隔が広がってきますので、最後尾の僕は先頭に追いつけるだけのダッシュ力がない以上、最後の勝負には絡めませんでしたが、遅れてい来る数人のライダーが見えたので、最後の登り坂でお馴染みの「絶叫付きダンシングまくり」をかけて、何とか前のライダーを刺してゴールすることが出来ました。
DSC_0146(1).JPG

この写真の2人目のライダーが僕で、今まさに抜きにかかるところをM島君に撮影してもらいました。

先頭からは6秒遅れで、AV39.25km/hの記録でしたが、これはこの集団のペースがこの速度だっただけで、
僕の実力ではありません。
この6秒をどのように考えるかですが、僕自身はかなり大きな実力差と見ています。
こちらは何とか食いついてやっと出した記録ですが、先頭集団は、ある程度ペースを抑えて最後の勝負に最大出力を出せるようにしているようです。
まあ個人的には「今回は」勝負には拘らなかったので、スパートを駆けた時に集団に後れを取らないだけの「ダッシュ力」が幾分回復してきたことが収穫だったと思っています。
本格的なロードレースでは、我々のレベルではとても楽しめるような事は不可能でしょうが、このようなクリテリウム形式で、クラス分けも細分化されていて、チームアンカーのような「プロ」のコントロールが入ったこのようなレースは、ロードレースの醍醐味を十分味わえる事が可能でした。

M島君も十分楽しめたようで、ますます自転車生活にハマって行く気配濃厚ですね(笑)。
僕も、けして楽しくない山岳トレーニングを2か月近く続けてきた効果が十分に発揮できて、有意義なロードレース初体験となりました。

これにて今年のイベントの予定はすべて終了しました。
まあ元日の走り初めから今年はよく走ったものだと思います。
前半戦はロングライドイベントの連戦でスタミナ重視で走っていましたが、後半戦は一念発起で速度向上を目指してダイエットと山岳トレーニングに取り組みある程度の成果は出せる事が出来ました。
来年もこの方向を継続して、ある程度のパフォーマンスを確保できるように活動していきたいと思います。
まあ、安心して自転車生活が楽しめるような平和で安定した世相であることを願いたいですよね。
nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 12

nabe

オイラはレースを走ったことが無いですがやっぱり経験などは必要なんでしょうかね。
以前鈴鹿の6時間エンデューロを走りましたが、雨の中ゆっくりまったり皆で楽しく交代しながら、雰囲気を楽しんで終了しました(笑)
ホビーレースの世界では勝てないから下のクラスで出るなんてザラのようですね。 これが結構問題になったりするんですが、時にはしっかりとしたクラス分けが必要なんじゃないか?って記事も見受けられます。 そりゃ確かに優勝できれば楽しいんでしょうけど…
まっオイラにはかけ離れた世界です(笑) 楽しく自転車ライフがモットーですから。
とりあえずお疲れ様でしたm(__)m
by nabe (2012-11-28 23:10) 

ももんが

高校生の時に1度だけ草レースに出場しましたが、ひたすら辛かったです(笑)。
こういうお祭り雰囲気のレースは楽しそうでいいですね。
ご友人との出場にともさんとのサプライズ。
羨ましい限りです。
by ももんが (2012-11-29 21:24) 

とも

お疲れ様でした。soranekoさんのレースを見届けてから帰りたかったのですが、お世話になっている方の運転手を任されていたので、soranekoさんが2周を回ったところで後ろ髪をひかれる思いのまま、帰途につきました。集団後方の良い位置につかれていたので、結果が気になる反面、万一のことがなければと心配でしたが、十分楽しまれたようでホッとしました。
6秒というのは逆に私は実力に差はほとんどないように感じます。きっと、もう少し積極的に取りに行けば縮まる可能性があったのでは?
とはいえ、その一歩は少し間違えると転倒などのリスクを伴うものですので、soranekoさんの選択は正しいものだったと思います。それでも”ロードレースの醍醐味”を十分に楽しめるものなのですよね(もっとも、私はたとえエントリークラスでも実力不足なのはあらためて自覚しましたが…)
ロングライドだけでなく、ヒルクライムやスプリントレースなど、ますます活躍の幅が広がってきましたね。
短い時間でしたが、お話しできてより楽しい1日となりました。どうもありがとうございました。
by とも (2012-11-29 21:57) 

やっとこ

初レースおつかれさまでした。
出場してみると、ロードレースもロングライドとは違った楽しさがあると思います。
そう言った意味では今年のsoranekoさんはまさにチャレンジの年でしたね。ジャンルの違う分野に飛び込んで行く勇気や行動力はさすがのバイタリティで見習いたいところです。
そうそう、ダイエットの成功もやるきの要因ですね!
by やっとこ (2012-11-30 00:27) 

soraneko

nabeさんへ

やはりレース中のポジション取りやライン読み、展開の組み立てなどは経験がものをいうでしょうし、普段から集団練習で実戦形式の走りをしているとかなり違うのだと思います。
とはいえ、僕は勝つためにそれをしようとは全く思わないんですばね(笑)。

確かに勝負にこだわって普段から努力した結果としての「勝利」なんでしょうが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」とも言いますし、プロならいざ知らずホビーレベルであざとい「ツールごっこ」や、プロ顔負けの機材や体制でそこら辺のホビーイベントで勝利を取りすぎるのも反感を買うのは間違いがないですし、少なくとも「敵」を増すだけのような気がします。

僕もぬるまっこい、「楽しい自転車生活」を標榜している以上、自分試しという意味以上に競技に没頭することは無いと思っています。


by soraneko (2012-11-30 12:27) 

soraneko

ももんがさんへ

本気モードの真剣勝負でのレースでは本当にお呼びではなかったと思います。
まあガチンコでやられている方々には「笑止」のお話でしょうが、色々なスキルの人が楽しめる競技がもっと増えると面白いのではとも思います。

ともさんもお元気そうでしたし、皆で顔を揃えられるような機会が有るといいのですがね。
by soraneko (2012-11-30 12:31) 

soraneko

ともさんへ

「たられば」の話をすれば、位置取りをキチンとして、最後まで絡んで行けば、最後の勝負に絡めたのかなとも思いますが、おなじグループの出場者の方が掛かれたブログを読むと、かなりスローペースで、あまりドラマのないて展開もレースだったそうで、彼らが本気で「逃げ」や「揺さぶり」をかけたような展開だったら、そうとう引き離されていたようにも思います。

でも面白かったことは事実で、一応まがりなりもそういうイベントに出てみようと思う程度にはなんとかスキルアップできたのは今年の収穫だったと思っています。

いや、出来ればともさんとは同じチームでなんらかのイベントにエントリーしたいですよね。
そちらでなにか出場のご予定が有りましたら気楽にお声をかけてください。
頭数を合わせる程度の役割は出来ると思います(笑)。
by soraneko (2012-11-30 12:39) 

soraneko

やっとこさんへ

まあ、最終的には山岳ロングライドで、余裕で山岳セクションを通過で来て、尚且つ終盤にある程度のペースを保てるようにするのが目的で、色々始めましたが、それぞれのジャンルに色々な面白さが有ることが理解できたことは大きな収穫だったと思います。
その為にも「ダイエット」は継続していかなければいけないですね(泣)。

by soraneko (2012-11-30 12:43) 

I城

初出場ということですが、日頃のトレーニング活動や健康維持、自己との葛藤ダイエット。全てが集約された素晴らしい結果だったと思います。
本当であれば、会社で直接結果等を聞きたかったんですが、なにせ震災後から山奥でのマタギ生活?となっている為、生の声を聞けずに残念です。

自分は温泉ライダーに出場したんですが、まぁ まぁ・・・・・の結果となってしまいました。日頃のトレーニング不足と体重増加が原因ですね。そこに、寒さの為、長蛇のトイレ待ち・・・・・。
soranekoさんを見習って、来年は飛躍の年にしたいです。

そんな、こんな・・・・で、『よし!、今から・・・・・』と思っていた矢先、雪が降ってきてしまい、ま~っ白な世界!となってしまいました。
仕方なくコタツモードに切り替わってしまい、『まぁ、無理する事ないかぁ~。』と、自分の決意は散ってしまいました。(笑

しかし、12月1日の降雪は20数年ぶりです。高校3年の時、降雪の中を自転車のペダルを必死に踏んで行き、見事に遅刻!したことを思い出しました。
自転車・・・・・。雪・・・・・・。しかも12月1日。 これも何かの縁ですね。

お~っと、脱線してしまいましたが、一年間、ご苦労様でした。もし来年、何か企画などありましたら、その際はお誘い頂ければ・・・と思っています。

by I城 (2012-12-01 12:25) 

soraneko

I城さんへ

なんとかある程度の結果が出てくれてホッとしているところですが、先を見ると気が遠くなりそうになりますね(苦笑)。
けして先が長い若者ではないはずですが、まあ自分のペースでコツコツと積み重ねていくしかないという事は間違いがないようです。
個人的には「グルメ付きお楽しみツーリング」が一番好きなのですが、末永くそれが楽しめるように、今は出来る事を出来る範囲で頑張るつもりです。

いや、今日の雪は本当に驚きましたね。
こうなるとなかなか外に出て走り回るわけにはいかなくなるのが悲しいです。
こうなると、まして早朝などは気温が低下するので厳しいですし、なかなか走る時間が無くなるのは悩みの種です。
で、ダイエットといっても年末年始でこう誘惑が多いとナカナカ!。
と、いろいろ障害が多いのですが、焦らずに、楽しく、目的をもって、ペダルをこぎ続けて行きたいものですよね。

そうそう、我が08小隊は、まだまだ先ですが、4月中旬の「ツールド草津」ヒルクライムにフル参戦を目指していますので、I城さんもいかがですか?。
目標にはなりますよね。
by soraneko (2012-12-01 21:09) 

potere

臨場感あふれるレポ、楽しく読ませていただきました。
今年ラストのレースを親友の方と楽しまれたなんて、素敵な休日の過ごし方ですね。
親友の方が撮影されたダンシングで追い抜きをかけるシーンはカッコいいです。
陽を浴びながらの疾走する走者、そして走者の影がなんとも言えずいい感じです。

by potere (2012-12-03 19:43) 

soraneko

今回一緒に行った親友も、子供の頃にそれこそ日が落ちるまで飽きもせず下野の田舎道を自転車で走りまわった仲で、30年が過ぎた今この年齢で、また一緒に走れることが出来たのは感慨深かったですね。
出来ればみんな無事に仕事や子育てをリタイア出来たら、のんびり田舎道でも和気藹々と走れるように成れるような世の中であってほしい物です。

まあそうなるように、まだまだ仕事もトレーニングも頑張って行かねば!。
by soraneko (2012-12-03 20:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る