So-net無料ブログ作成

もう現地から全住民一時避難するべきでは? [危機管理]

勿論御叱りを受けることを覚悟でのタイトルです。
正直「自転車ブログ」にこういう事を書くことに本当に抵抗がありました。

一応災害に関してまったくの「素人」ではない立場ですので、うかつな発言や軽はずみな意見は慎もうという「自己保身」の感情が強くなっていたことは恥じ入るべきだとは思っています。
また、楽しそうに自転車の話を進めるのにも、「偽善者」とののしられようとも、強い抵抗感が有りました。

だけどもうここにきて黙っていられなくなりました。
勿論「地震学」「や「防災関係」のエキスパートではなく、学術的な裏付けが有っての話ではない事はお断りしておきますが、「熊本地震」で、四六時中「震度3以上」の地震に曝されて生活することが「尋常ではない」事は異論がないと思います。
被災者ではなくとも、正直今回この映像を見たり、「緊急地震速報」のアラームを聞いて「東日本大震災」の被災者が、当時うけた衝撃が「フラッシュバック」して、精神が不安定になったり体調が崩れている人も少なくないと聞きます。
まして、正直「地震に耐性のない」熊本の住民が、一週間近くこれだけの地震の中で避難生活をしていることは、それがいかなる理由が有ろうとも、「これ以上心身が持たない」のは明白ではないでしょうか!
この規模での「全住民避難」を命ずることの困難さは重々承知したうえで提案しています。
考えれば考えるほど「不可能」とか「困難」とか「前例がない」という文字が浮かびます。

ただ、今回の地震は「尋常ではない」地震災害であり、これから先何が起きるのか判らないのです。
表向きの「復旧」や「復興」を慌てれ取り繕うより、今は現地の住民の安全と生命を守るのが先決ではないぢょうか。
無論行政が、裏付けのない「最悪の事態」を想定して実行に移すことが出来ない事も不承不承理解はしていますが、ここで具体例は書きませんが、考えるのも恐ろしい「凶悪な最悪の事態」が想定されているという事は、多くの人達に知ってほしいと思っています。
タグ:熊本地震
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る