So-net無料ブログ作成
検索選択

GW最後のロングライドで、マルトデキストリンとレーシングゼロを試す [雑談]

流石に疲れました。
御存じのようにブルベで400km走り、そのあと回復走行で平地主体で95km、昨日は山岳主体で115kmと連休中に600kmは走っています。
走っていない時も自転車の整備や、部品の組み換え、自宅の清掃等、「朝から食っちゃ寝」のようなアンニュイな休暇ではない事は確かです。

で、いい加減に休めばよいのに、天気が持ちそうな本日のうちに走っておこうと、朝の3時には起床して、走る準備をします。
もうこうなると「走行ジャンキー」というか、「トレーニングノイローゼ」とも言えそうですね。

しかし、体の疲労のみならず、脚も消耗していて色々痛みも出ていたので、まず就任前にマッサージオイルで念入りにマッサージをして、コンプレッションタイツを履いて就寝してから、起床後もセットアップ用のオイルで念入りにマッサージして、テーピングを施して本日の走行に備えます。
まるでアスリートみたいですが、本日は茨城県の那珂湊までの往復で、少なくとも180km近くは走行するので、ほとんどブルベや佐渡ロングライド並みのケアを施しました。

それでもとても走りきれる自信が無かったので、今回は大型中年さんのブログに紹介されていました「マルトデキストリン」を試すことにしました。
那珂湊160506 003.JPG

デキストリン初心者ですので(笑)飲み易い方が良いだろうと、オレンジフレーバー入りのこの商品を選びました。
色々見ると、溶けにくくドロドロ残るような物もあるようですが、これはキレイに溶けました。

さて準備も出来てお出かけです。
那珂湊160506 004.JPG

朝焼けが赤いという事は、天気が良くなくなる証です。

生ごみを捨ててから4:30頃お出かけです。
那珂湊160506 005.JPG

もうすぐ夜明けです。
何でこんな早く出かけるかというと、天候が崩れる前に帰宅したかったからと、知人と15:00頃会う約束があったからです。

さて朝日に向かって走って、定番のツインリンクもてぎから城里経由の、ブルベで良く使うコースで行こうかとも思いましたが、早朝で国道123号線もガラガラで、面倒なのでそのまま進みます。
国道123号線は宇都宮市から水戸市までつながる国道で、以前は海に出ると言えばこの国道が定番だったのですが、どちらかというと県南で北関東を横断する国道50号線が物流の中心となり、更に北関東自動車道が開通したことで、栃木県内の123号線はすっかり「うらぶれた地方のローカル国道」という感じに成っています。

沿線の風景も、僕が子供の頃海水浴で通過したころの風情が結構残っていて、この茨城県の御前山村に渡る、那珂川の橋もその当時のままです。
那珂湊160506 006.JPG
那珂湊160506 007.JPG


このまま123号線を下って行ってもいいのですが、時間的に余裕が出てきたのがいけなかったようで、色々とルートを開拓しようと那珂川の河川敷沿いに走っていたら、迷ってしまいました。
那珂湊160506 009.JPG

那珂川はキチンと自転車が走るように整備しようという意思は無いようで、こういう場合途中で途切れたり、ラフロードに成ったり、対岸に渡れなくてまた戻ったりと、他の河川でも良くこういう目に遭います(苦笑)。

色々と迷った挙句、那珂川下流のやはりブルベで通過したコースにたどり着きました。
那珂湊160506 010.JPG

こうやって色々迷っていると、そのうち土地勘が出てきてルートが繋がってきます。

一応予定通り9:00頃には那珂湊に到着しました。
那珂湊160506 011.JPG


いよいよ天気が怪しくなってきましたね。
那珂湊160506 017.JPG


と、此処に来るまでですが、最初の2時間は死ぬほどだるくて、チョットしたアップダウンでも心拍が上がって下がらなくなっていましたが、以後は朝食がこなれてえエネルギーが体に回ってきたのか、デキストリンのおかげなのか、だんだん体が軽くなって来たようです。
で、帰路に備えてドリンクにジプロックに小分けにしておいたマルトデキストリンを投入します。
那珂湊160506 014.JPG


ついでにとは失礼ですが、グリコのクエン酸とBACCのパウダーもチャージアップ!です。
那珂湊160506 015.JPG


帰路はウロウロ迷いたくはなかったので、先のBRM429のコースを正確にトレースして帰ることにしました。
また流石にデキストリンだけというわけにも行かないと、ゆっくり座れるところで休みたかったことも有り、マクドナルドで10:00頃休憩しました。
この時間だとまだ「朝マック」なんですよね。

この後は那珂川沿いを北上して、城里に向かい、ツインリンクもてぎを通る定番コースを走ります。
山間部なので結構アップダウンが激しく、峠を幾つか超えるので、疲れていると結構厳しいコースですが、城里の「山桜」という物産直販店で「抹茶ソフト」を食べてからは、デキストリンも効いてきて、以後の登り坂コースを意外なほど軽快に乗り越えて一階付近まで一気に走り抜けてしまいました。

結局市貝のI城さんの御宅に不時着して用事を足していたらもう走る気力が無くなり、そこで終了してしまいました。
部品の持ち帰りも有ったので、I城さんのご好意で自転車ごと自宅に搬送していただきました。
結局そんな感じで走ったコースがこれです。
那珂湊160506コース.jpg


走行ログは以下の通りです。
那珂湊160506ログ.jpg

これで4532Kcalを消費しましたが、もうお腹いっぱいという感じです。

あと「レーシングゼロ」ですが、キシリウム系を履いていた自分にとってはそんなに「ガチガチ」という感じではなく、確かに振動関係はダイレクトですが、手足の動きで吸収する乗り方で体に直接振動を与えなけえば大丈夫でした。
これなら200km程度のイベントなら脚がやられることは無いと思いました。
個人的に感じた一番の利点は横や縦の剛性云々ではなく、「回転系の剛性」が高いようで、回しこもうとすると綺麗に回転力に変換されるようで、気合を入れて回せば回すほど、速度が乗って来るようでした。

僕の様な体重が重い、結構トルクで走るタイプに、結構合っている特性のホイールですが、これでもし400kmを走ったとしたら、本当に最後まで脚が残っていたかは定かではありません。
対するWH9000 C24は、とにかく踏み出しが軽く、スルスルと速度が上がっていくタイプで、当たりがマイルドなので、路面が荒れていても推進力が落ちにくく、振動吸収特製も優秀なので、ロングライドにはもってこいの特性なのですが、どうやらリムの剛性があまり強くないらしく、軽量化の為極力薄くしたアルミにカーボンを貼った構造の為なのか、ダンシングでダッシュをかけようとした時とか「あれ?スローパンクかな」という腰砕け感が時折するのが、気持ち悪い時が有ります。

これはやはり体重が軽くて、ケイデンスで速度を上げていくタイプのライダーに適しているようで、リムの剛性が欲しければ、ミドルハイトのC35という事に成るのでしょう。

今回は疲れている時に連日走れるか?という課題に対しては、マルトデキストリンの効果も確認できましたし、レーシングゼロも味わえたので有意義なツーリングでした。
実のところ高性能アルミホイールの選択で、何年も前から、カンパのシャマルウルトラかレーシングゼロのどは常に候補に挙がっていたのですが、結局選んだことは無かったのですが、今回の試走でレーシングゼロがまた最有力候補になりました。

というのも今回使ったレーシングゼロは結局返却することになってしまったので、ふりだしに戻ってしまったのです。
本当は15日に「ツールド桜川」に使う予定でいたのですが、これも機材選択が振出に戻ってしまいました。
えっ、選択出来ること自体がケシカラン?
ごもっともなお話で、返す言葉もございません(苦笑)
nice!(18)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 8

teruteru

梅雨前で日が長いこの季節がロングライドに最適と思います。
楽しんできてくださいね。

三大メーカーのホイール履き比べ、すごいですね。
by teruteru (2016-05-07 00:31) 

大型中年

SORANEKOさま

確かに仰る通りホイールの比較は遠い夢というか、現実不可能で、今のモデルでアルミを極めたいと思います。
私はGWは320kmの走行ですが、もうお腹いっぱいです。それでも、来週には何処か走っているので不思議なものです。
by 大型中年 (2016-05-07 04:25) 

soraneko

teruteruさんへ

梅雨入りの時期にもよりますが、最近は6月末程度まではイベントも盛りだくさんで、一年で一番忙しいシーズンになります。

機材に関しては、ライダー、フレーム、ホイール、タイヤ、シチュエーションの組み合わせで、千差万別の評価が出てしまうのが悩ましいです。
幸い僕は自転車に資本を投入しやすい環境にあるので、「人柱」を買って出ています。
というか、単に自分の好奇心を追及しているだけなんですが(苦笑)。
by soraneko (2016-05-07 13:45) 

soraneko

大型中年さんへ

色々なライダーともお話しますが、言われるまま購入したホイールで「こんな物か」とお乗りになられておられる方の方が多いのかもしれません。
仲間内で色々なホイールを交換できる環境だと、自分に合ったモノが見つかるかもしれませんが、「物欲」はキリが無いので困ります(笑)

僕の場合はおかげさまというか、下手なショップの店員より「実戦知識」が豊富になってしまったので、出来るだけで有った方に有益な情報を提供すべく努力しています。

しかし、流石に体力は打ち切りになりました(苦笑)
明日も天気は良いのですが、出かけないで体力回復に努めなければなりませんが、我慢するのも修行のうちですよね。


by soraneko (2016-05-07 13:53) 

喫茶こじろう

補給食やサプリメントは多くの種類がありますので、実際にライド&摂取されたレポートは参考になります。私は味〇素やグ〇コなど大手メーカーや梅〇などその筋にはメジャーなメーカー製品を中心に使っていますが、なにぶんランニングコストが高いのがネックですので、少しでもおトクなものを色々探しています。
大型中年さんのブログでも拝見しましたが、マルトデキストリンも良さそうですね。欲しいモノがアレコレありすぎて物欲が止まりません(笑)


by 喫茶こじろう (2016-05-07 23:42) 

soraneko

喫茶こじろうさんへ

お薬モノや清涼飲料水等、原価云々を言いだすと・・・(以下大人の事象で省略)なんですよね(笑)。

で、競技系の人達の場合、普段のトレーニングなどで頻繁に使用しなければいけないので、スポンサーなどが付いていない選手の人や学生の場合など、薬局で果糖やクエン酸、食塩(精製塩でない方)等を、大量購入して、調合して使用しているようです。

補給食も、昨日の400kmブルベで参加者の人達と色々話した時に「万札財布に入れてスタートしたのに、コンビニ休憩で補給食やドリンクを買いまくったら、最後の頃には無くなっていた」等という話で盛り上がり、また走った距離で言うと、恐らくガソリン代より高く成っちゃったりするんですよね。
by soraneko (2016-05-08 07:37) 

イシム

ガッツリ乗られてますね~!!
ただただ尊敬、すごいです・・・。
by イシム (2016-05-13 17:45) 

soraneko

イシムさんへ

走っていると気が紛れるというか、気分が落ち着くんです。
本当はウェイトを落としてヒルクライムも・・・なんて考えていましたが、これだけ走っても、頑として100gも減らないんですねぇ(泣)。
まあ、これ以上距離の深みにはまってしまうと社会復帰が困難になりそうなので(苦笑)、今のパフォーマンスを維持する方向で頑張っています。
by soraneko (2016-05-13 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る