So-net無料ブログ作成
検索選択

こんなに山に登れなかったの? [雑談]

昨日24日は、仲間と中禅寺湖へのツーリングに出かけました。
実は個人的には過去何度も行っているルートで、極端に厳しいミッションだという認識はなかったのですが、まったくヘロヘロでダメダメな山登りに成ってしまいました。
結果的には122kmをAV22.6km/h、獲得標高1870mで消費カロリーは5271kcal、最大HR176、AVHR139というデータでした。

昨日は比較的天候は穏やかで、久しぶりに朝から陽の光を感じました。
中禅寺湖160724 002.JPG


6:30に親友のH戸君、M島君と僕の自宅からまずは日光市の大谷川公園に9:00到着を目標に発進します。
ルートは農道や裏道を繋いで出来るだけ街道に出ないで、また「宇都宮サイクルピクニック」などで使われる郊外のコースなどを繋いで日光を目指します。
これだと交通量は少なく、宇都宮の里山沿いの「田舎道」を楽しみながら走れるのですが、道案内&ペースメーカーの僕は時間とペーストの闘いで(苦笑)、見知った道ですので区間タイム等を見ながらペースを計算して走っているので、結構忙しく、あまり風景を楽しむ暇はありません(苦)。

しかも今回久しぶりにこのコースを走ったからというわけではなかったでしょうが、HRが150以下に落ちることが無く、勾配が続くと容易にレットゾーンの165をオーバーしてしまいます。
概ね45㎞を600m位じわじわ登って行くルートで、日光に近づくにつれて、目に見えて勾配がきつくなってくる、ある意味嫌らしいコースだとも言えます。
最初は25㎞程度を維持していますが、最後の頃は20㎞程度にまで徐々に速度が落ちてきます。

途中で休憩を入れながら8:45頃、大谷川公園に到着します。
一応複数の知り合いにここに9:00集合とメールを出しておきましたが、あと2名が先で合流するだけという返事は事前に貰っていたので、誰も来ないとは思っていましたが、休憩がてら9;00までいます。
この先の合流地点は「清滝」付近のコンビニで、9;30指定ですがその時間には付かないよなー(笑)。
まあなんとか10分遅れで到着しましたが、同行のO田さんとN村君はずいぶん前に此処に付いていたそうです。

さてここから「馬返し」まで・・・・・と此処も地道に登って行くようなのですが、昔の料金所の跡地を越えれば「いろは坂」の始まりです。
中禅寺湖160724 003.JPG

が、HRはレットゾーンに入りっぱなしで、165以上出ていることは判るのですが、表示がワーニングに隠れて見えません。
攻めたわけではなかったのですが、結果的には176くらい出ていたようですね。

何度か登っているいろは坂ですが、一番最初にクロスバイクで登った時はともかく、ロードで登るようになってから、こんなに苦しい坂だったかな?と思うほどペースが上がらず、最近上がった那須や、魚沼の上り坂の方が明らかに厳しいはずですが、それに比べても全然登れません。
こうなると猛烈につまらなくなるのが僕の悪いところですが(苦笑)。面白くない理由がもう一つありまして、それは途切れることなく至近距離を霞めていく「オートバイ」の存在でした。

まあ、向こうから見ればライン上にノタノタ上る自転車が居るのは、この上なく邪魔で怒り心頭なのは想像に難くないのですが(苦笑)、個人的にこの上なく不愉快なのが爆音と言える「排気音」と、旧車や輸入車が多いからなのか、終始漂う未処理の排気ガスでした。
不快のみならず、最大心拍で、瀕死の金魚のようにパクパクしながら空気を吸い込んでいる所に、未処理な上に燃焼不良の生ガスまで混ざった「毒ガス」を吸い込むハメに成ってしまうのは心底参りました。
旧車や輸入車を愛するライダーの気持ちは良く理解できるので、なんとも複雑な心境ではあるのですが、「騒音」と「排気ガス」の影響に関しては、あまり無頓着だと行動範囲に制約が出ないかと心配になります。
最もロードバイクもあまりのマナーの悪さが最近無視できない影響を与えている「実例」が幾つか聞こえてきていますから、意見をしたり心配をしている場合じゃないんですよね(苦笑)。

偉そうな事を言える立場ではない事は重々承知しておりますが、万他者に対しての「配慮」とか「優しさ」に欠けてしまった個人や集団は、いずれ「自業自得」として居場所を失ってしまうのではと、自ら戒めも込めて記しておきたいと思います。

さてなんとか「明智平」の駐車場に到着です。
中禅寺湖160724 004.JPG

昔は先の馬返しからここまで「ケーブルカー」が運航していましたし、その馬返しから東武日光駅まで「路面電車」も運行されていました。
モータリゼーションと合理化の波にのまれての廃業でしたが、歴史の「IF(イフ)」で、今でも運航していたらと思うと、「国際観光地日光」も違う姿に成っていたのでは?と夢想してしまいます。

この後トンネルを抜けると「中禅寺湖」に到着で、本日の目的は湖畔にある「浅井精肉店」のソースかつ丼を親友に味わってもらう事にあります。
が、何時もなら詳しく写真入りでご紹介するところですが、女将さんの「写真、SNSお断り」の申し出がありましたので今回は見送ります。
女将さん曰く、皆が広めてくれるのは有りがたいのだけど、「客質」が悪くなる一方で・・・・・まあ恐らく無礼な若年層&迷惑な段階世代老人が増えたのでしょう。
また、外国人が多くなったのも、ただでさえ無愛想で無口なこの家族には「苦痛」以外の何物でもなかったようで、そのような事に成ったそうです。

大盛りご飯に、5枚のソースカツがのった迫力の映像をご紹介出来ないのは残念ですが、今回もかろうじて完食して、ミッションクリアとなりました。
とりあえず湖畔のボート乗り場で談笑しながら食休みをします。
中禅寺湖160724 005.JPG


このお店は5人ほどしか入らないカウンターだけのお店で、順番が来るまで2時間近くかかり、休憩しているうちに13:30に成ってしまい、雲息も怪しいので急いで「下山」します。
とりあえず日光駅付近にある、「大笹牧場」のお店で「牛乳ソフトクリーム」を食べて、後はひたすら自宅に向かって走ります。
この日光駅付近から大谷川沿いに下り、小林という所付近まではほとんど下りでペダルすら踏む必要がない程で、ここは「最重量」の「下り坂番長」の僕が「どすこい引き」で22kmほど疾走します。
旧今市市街地付近までは、40㎞/hを維持できるほどで、後は35㎞/h以上を維持して高速走行を楽しめます。

でこの小林という所で「羽黒山」という山の西側にたどり着き、4%くらいの勾配で1.3kmをアウター&ダンシングで強引にねじ伏せて、再び下りで加速して結構なペースで国道293号線を越えて、宇都宮市の「逆面(さかづら)町」付近まで激走しました。
この程度のアップダウンならトルクでねじ伏せる事は出来ますが、やはり「いろは坂」は、今のウェイトでは厳しかったのですね。

なんとか16;00頃には自宅に到着することが出来ましたが、「のんびり楽しむ」という当初の目的は果たせたのかがかなり怪しく、同行のH戸君やM島君にはやや申し訳なくも有りました。
まあ雨にも降られませんでしたし、この季節にしては涼しかったのでそういう意味では比較的快適に走れた方だとは思います。

しかし、個人的にはこの登坂能力の低下は深刻で且つショックではありました。
まあ、当然と言えば当然なのですが、ウェイトに限らず、高いHRがを維持して走るのも久しぶりでしたから、「山登り練習」をサボってきた報いが来たというべきでしょう。
また「ターマック」も、初期不具合は一掃されて、何の問題も無く良く走ってくれてはいますが、今一つ「波長」が合わない所があるようで、今一つしっくりこないので、原因を追究するとともに、フッティングを進めて行かなければいけないようです。


タグ:いろは坂
nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 8

大型中年

SORANEKOさま

日光120kmご苦労様です。
確かに観光地では、多すぎる交通量・変に気を回さなければならないルール/お願い(SNS禁止等)があり、ショウガナイとはわかっていても、心底楽しめない可能性がありますが・・・・、それを割り牽いても、写真を見る限り雄大な空・自然の佇まいが本当に素晴らしい。 まだ日光のデビュー戦は行っていませんが、輪行を使ってでも行きたくなりました。
オートバイ時代に3~4回いろは坂登っていますが、楽しい記憶しかありません。 今度は自転車なので、そうも言っておられませんが?9月の大型休暇の時に行ってみようかなと思い始めました。 

私は登坂能力が「あるない」という判断基準があいまいで、ただ坂が現れたら一生懸命漕ぐだけで終始しています。
心拍数だけで行けば、奥多摩の甲武トンネルが170拍以下で登れたので、これは優秀かと思いきや、実はペースを上げなかったので心拍が落ち着いているという至極ごもっともな結果に落ち着いています。 
ただ、物理的に12%を超えるような激坂は何があってもきついデスが、そのときはスピードを落として、ケイデンスを下げて頑張ってみるだけ。やっぱり、その時乗れているか乗れていないの感覚がイマイチです。 やっぱりヒルクラを何回も経験しないと、辛いだけかもしれません。もう少し回数を増やそうかと考えています。 
by 大型中年 (2016-07-26 06:18) 

soraneko

大型中年さんへ

日光は我々栃木県の人間にとってはあまりに身近な存在の為、実はあまりじっくりと観光していなかったりします。
まあ、小学校低学年時の遠足の定番ポイントなくらいですから(苦笑)。
でもいろは坂や中禅寺湖付近の景観の良さは、全国の観光地などに行ってそれらと比較すれば、これが「当たり前」の存在ではない事が良く解るんですよね。
ただ僕個人があまりここに来ない理由は「人が多すぎる」事で、まあ結論から言えば、人が大勢集まれば気に入らない事も比例して増えてくるので、通常中禅寺湖に上がるときは、極力観光シーズンを避けて、出来れば平日に休みが取れるときなどに限定しています。

登坂能力ですが、区間タイムや平均HR、出力などのデータを取れば一目瞭然なのですが、個人的には「気持ちよく登れるか否か」という、アバウトな感覚で見ています。
体重と平均勾配と平均HRは個人的には相関関係がハッキリしていていますが、不思議とその時の体調や気分、天候などによっても、気持ちよく登れるときと苦しい時がはっきり分かれていて、なにが理由なのかは僕にも良く解りません。
基本的に「山登り」が目的ではなく、あくまでツーリングルートのイベントの一つですので、脚や体力の消耗が無いように、一定の強度で気持ちよく登れればそれで満足してしまいます。
by soraneko (2016-07-26 10:34) 

わだち

いろは坂は、一緒に上った相方が、バイクが怖いと言ってました。
それから、トンネル走行時の車両の速度です。おそらく高速自動車道並の速度で飛んでいくので、暗いのに加えて、追い抜き車両との速度差が怖かったようです。
by わだち (2016-07-27 14:43) 

soraneko

わだちさんへ

いろは坂は「一方通行」ですので、自動車も含めて「速度オーバー」が著しく、今回のツーリングでも、速度オーバーが原因とみられるRV車の転倒事故が目の前で有りました。
もともと「モータリゼーション」で自動車至上主義の申し子のような観光地の「〇〇スカイライン」や専用道路ですので、自転車はあくまで「異邦人」扱いで、現時点では特に混雑時は自転車にとって気持ちの良い場所ではないようですね。
by soraneko (2016-07-27 18:22) 

喫茶こじろう

いろは坂は20年ほど前にオートバイで登ったきりで、日光一帯を含めて自転車では未だ未訪問のエリアですが、今やそんな危険なこともあるのですね。コチラで言えば、湯河原の椿ラインに近い状況と思いますが、速度域の異なる乗り物が同じ路線に共存することの難しさを改めて感じるところです。ほんの少しだけ、相手を気遣う心があるだけで全然違うんですけどね(苦笑)

私は好んで登坂コースを走りますが、全く調子が出ず、だらしなくもがいてしまう日が良くあります。前日のローラーでは調子が良かった気がするのに、いざ山に行くとメロメロなんて事も多く、好不調の波が大きいです。soranekoさんと同じく未だ理由が分かりませんが、そんな時はわざと負荷を大きめに掛けて、「頑張ってる自分」を演出して自らを鼓舞してお茶を濁しております(笑)

by 喫茶こじろう (2016-07-27 21:28) 

teruteru

 日光駅から東照宮、いろは坂、中禅寺湖を結ぶ箱根のような登山電車があれば観光のスタイルも現在とは違うものになっていたかもしれませんね。

 登坂はポジションが平地と比べて起き上がった状態になるので、意識してサドルの前に座ったりするのも方法かと思います。
 かつて、ヒルクライムに出場した時は事前に
1) 前輪の下に5cm程度の古本か板を噛まし、ホイールベース1000mmに対して5%勾配の状態を作る。
2) 1)の状態でポジション出しをする。
  サドルは通常より前寄りで5%前傾
  ステムも20mm程度長いものに交換、ハンドルの角度も修正
して走りました。

 調子が上がらなかったのはポジションが狂ったのが原因かもしれません。

 ヒントにしたのはスイスのブリエンツ・ロートホルン鉄道という登山鉄道。
ここを走るSLは上り勾配でボイラーが水平になるよう、平地では前傾した設計になってます。

 これから梅雨が明けると本格的な暑さですね。
熱中症や脱水症状に気をつけて楽しんでくださいね。
by teruteru (2016-07-27 22:28) 

soraneko

teruteruさんへ

他のバイクもそうなのですが、基本的に「平地長時間巡航」に合わせたポジションですので、「山用ポジション」の必要性は感じていましたが、良いアイデアありがとうございます。
UCI規定ではサドルの突出し量が規制されていますが、個人で楽しんでいる人の中には「特注一品物サドル&ステム」で、極端な前乗りのポジションを作って、特定峠の「タイムレコード」を狙っている人がいました。

ご指摘の通りポジションの「不適合」だと思います。
クリート位置も含めて連休以降色々なポジションを試しているのですが、「一つ変えると他も変わる」というファクターをお座なりにしていたようで、やはり全体的に「方向性」を決めて、バランスを取らなければいけないようです。
by soraneko (2016-07-28 18:05) 

soraneko

喫茶こじろうさんへ

いろは坂は一時期完全に「走り屋」の巣窟となっていて、あのまま自転車なんかで登っていたら確実にあの世行だったと思います。
恥ずかしながら自分も若い頃に、積雪した時にワザと夜中に行って走った事も有りますが、自転車に乗らなけば「弱者」に目が行っていたかは疑わしかったと思います。
日光は旧今市市街地から見所が沢山あって、「輪行」で都内から来て楽しんでいるサイクリスタも増えました。

ホント、けして速いタイムではないにせよ、全然苦しく無く気持ちよく登れるときも有るんですよね。
無論ウェイトが落ちている時の方が楽なのですが、本当に不思議です。
今年は基本的に調子が良くないのでしょうが、本当に好不調の波が激し過ぎて困っています。
by soraneko (2016-07-28 20:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る