So-net無料ブログ作成

ハーフセンチュリー茨城のお手伝いで大失敗! [イベント]

本日は日本サイクリング協会主催、茨城県サイクリング主幹のイベント「ハーフセンチュリー茨城」のお手伝いという事で、スタッフ側で参加させていただきました。

イベントとしては、茨城県冷地大宮市にある、那珂総合公園を拠点に、常陸大宮市や常陸太田市の山野の郊外路で、80kmと40kmのコースを走るロングライドイベントです。
コースはこのようなコースになります。

距離は100kmに満たないとはいえ、この辺りの郊外路は平坦な道の方が少ない位で(笑)、険しい峠道が有るわけではないにせよ、アップダウンが間断なく続くコースですので、結構侮れないコースです。

本日は今シーズン一番の寒さに突然冷え込みましたが、雨が降る心配は無いようで、雲の間から薄日が差して来れば気温もそこそこ上がるでしょうし、予報が外れて風もほとんど無いという、絶好のサイクリング日和で、僕も是非走りたいくらいですが、参加者の方が気持ちよく走れるようにサポートさせてもらいます。

一般の受付時間は7:00からで、出走は8:30からになりますが、スタッフは7;00までの集合となります。
例によって気の早い僕は6:00には現地に付いてしまいましたが(苦笑)、会場はもう設営が進んでいて、自分の分担である交差点の「立哨」までは時間が有ったので、そのほかのお手伝いをしています。

6:30前にはまずスタッフのミーティングが有り、理事さんからの激励の挨拶が有ります。
2016茨城ハーフセンチュリー161030 009.JPG
2016茨城ハーフセンチュリー161030 008.JPG


8:00には現地に向かって立哨に立たなければいけないので、それまでは会場入り口で交通整理などをしていますが、参加者の方が続々と集まってこられました。
2016茨城ハーフセンチュリー161030 010.JPG
2016茨城ハーフセンチュリー161030 011.JPG

ここで茨城のイベントでお会いする顔見知りの方や関係者などとお会いすることになり、ご挨拶をさせていただきます。
ブログを読んでいただいていらっしゃる方々も、何時もと違うカッコのはずですが、まあ確かにこんな「どすこい体型」の自転車関係者はあまりいないので、見つけていただいてご挨拶を頂きました。

この後一緒に立哨される茨城県サイクリング協会の先輩の方と現地に移動します。
今回立哨を任された場所は、常陸大宮市の八田という所で、ここは40kmコースの29.8km地点の交差点で、常陸大宮市街地の北側で、国号293号線とJR水郡線、久慈川を渡ったところにあり、コースが右折するポイントなので、その誘導と交差点での安全確保、「二段階右折の励行」等が任務になります。
2016茨城ハーフセンチュリー161030 012.JPG
2016茨城ハーフセンチュリー161030 013.JPG

車は角のお店に置けるように予め連絡がされていますが、到着してご挨拶をしておきます。
こういった方々の協力が有ってイベントが成り立つわけで、また事前に細心の配慮をするスタッフの準備も大変なことが解ります。

ハーフコースのスタート時刻は9;00近いので、少なくとも1時間30分は懸かるとすれば、10;30頃までは来ないものかと世間話などしつつ待ち構えていましたが、参加者で無いサイクリスタや、80kmコースから外れてショートカットしてくる参加者などもいました。
あと、地元の方々にしてみれば「いったい何が始まるのですか?」という事になり、まあ次から次へと通りかかった方や、商店の自販機に買い物のに来た方が問いかけてきますが、こういう方に丁寧に説明して、理解を得るのもスタッフの重要な仕事になります。

ハーフコースの参加者は30人弱で、数千人が引っ切り無しに通過するわけではないので、時々参加者が現れる程度ですが、油断なく通過する参加者の誘導に努めます。
が、お昼ごろには参加者すべて通過して「お役御免」となったので、お昼を取って会場に戻ります。
とはいえイベント終了まで時間が有るので、先輩の方と他の仕事を頂き、会場周辺の案内の看板を撤収する事となりました。
自動車には何時でも走れるようにとFELTを装備を積んでいたのですが、まあこの余計な判断が今回仇となってしまいました。
看板を積むためにFELTをルーフに搭載したのですが、回収した看板を会場に運び入れようとスタート地点に戻ってしばらくすると「ビリビリドガシャン!」という音が周囲の絶叫と共に聞こえてきました。
何が起きたのか俄かに解らず自動車を見ると、ゴールラインの垂れ幕をFELTが突き破って、支柱毎なぎ倒してしまったようでした!。
しかも、ゴール付近で休憩していた参加者が、倒れた支柱の巻き添えを喰って、転倒してしまいました。

久しぶりに頭が真っ白になりましたが、幸いなことに怪我は無く済んだのは不幸中の幸いとは言え、参加者に迷惑をかけてしまったのは、本当に痛恨の至りで、反省してもしきれません。
この場を持って、改めて参加者の方と、茨城県サイクリング協会及び関係者の方に深くお詫びいたします。
現在今もってひどく落ち込んでいる状態でブログを書いている場合ではないのですが(苦笑)、責任は自分にありますし、事後処理も含めて真摯に対応するつもりであります。
またこんなドジ親父ですが、また使って頂ければ、今回のリベンジの意味含めて一生懸命使えさせていただきます。

とまあ個人的には散々でしたが、イベントそのものは交通事故や怪我人、不明者などなく大成功に終わりましたので、その点はホッとしましたがそれだけに自分の失敗が悔やまれます。
とは言え悔やんで落ち込んでいるだけでは、何の責任を取った事にもなりませんから、今回の経験を活かして、気を引き締めて一層頑張っていきたいと思います。
今回は大きな大会でのほんの一部のお手伝いでは体験できなかったことや、知らなかったこともたくさん勉強できましたから、今後の活動に生かして行こうと思います。

nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 8

喫茶こじろう

北関東エリアは自転車イベントが盛んですね。また、スタッフとしての参加お疲れ様でした。神奈川近郊のイベントでも主催者や会場スタッフの働きがあるからこそ、スムーズにスケジュールが進められて、参加者である私達も楽しく快適に走れる訳ですので頭が下がります。

トラブルの件は大変だったと思いますが、皆さん怪我なく済んで良かったですね。私も公私ともに数々の失敗を重ねて今日に至りますが、その経験が次に繋がっていることも多いです。まさに「失敗から学ぶ」ことを続けております(笑)

by 喫茶こじろう (2016-10-30 20:39) 

creeker

様々なイベントに参加されるsorenekoさんのバイタリティーには感心します!
地域の方々と共通の趣味で走られることは、自転車イベント未経験ながらとても楽しいものではと察しております。
それにしても、看板撤収の仕事での件は本当に大変だったと思います。一生懸命にお手伝いされている時でのことでしょうし、お怪我される方がいないとのことですので、気持ちを入れ替えることが次の良い結果に繋がるものと信じましょう!
by creeker (2016-10-30 23:54) 

大型中年

SORANEKOさま

運営サポートご苦労様でした。
SORANEKOさんともうBLOGでの交流は1年半以上たちますが、今更で大変申し訳ないのですが、6時28分の写真で、SORANEKOさんの身長に驚きました。ブルべで400km走ったり、数々のイベント出られて完走したり・・・世間でいう真の関取体格だったらありえない結果で、失礼ですが個人的な七不思議でした。本当に申し訳ありませんが、やっと納得できました。(笑)
今回のヒルクラで、自分の体の絶対値が大きく、脚がそれに追いついていないことをいやというほど痛感しました。 それでも、簡単に諦めたくないので、もう少し頑張りたいのですが、やはり現実は厳しいものです。(悲)
それにしても、今回のトラブル誰もケガしなくてよかったですね。これを「他山の石」とせずに、より一層私もロングライドと仕事に力を入れていきたいと思いました。
10月の下旬となり寒さが急に募ってきました。自転車ログを記録しているのですが、10月の最低温度は9月より6℃一挙に下がっています。もう秋を通り越して冬を迎えてしまった感覚ですね。

by 大型中年 (2016-10-31 06:35) 

soraneko

喫茶こじろうさんへ

とにかく各種サイクルイベントは百花繚乱という感じで、単純に競技やロングライドのような「修行系」だけでなく、体力に自信のないサイクリストでも十分楽しめるようになったのは嬉しいですよね。

色々とやらかす事が多い自分ですが、自分が痛い目にあうのならともかく、他人様に迷惑をかけたのは痛恨の極みです。
反省の上、今後に繋げて行きたいと思います。

by soraneko (2016-10-31 09:47) 

soraneko

creekerさんへ

やはり自転車イベント良いところというのは、「同好の士」と交流を持てる機会が増えることだと思います。
友人や職場の同僚との交歓も楽しいのですが、どうしても範囲が狭くなるきらいはありますよね。
こういうイベントだと本当に幅広い方々と交流を楽しむことが出来るので、顔見知りで引っ込み思案な(苦笑)自分にとってはありがたい場所です。

とにかく社会人ですから結果が全てですので、起こったことに関しては、自分の責任は全うしたいと思います。
いろいろチャレンジすると失敗もあるのですが、迷惑をかけてはいけませんよね。
by soraneko (2016-10-31 09:53) 

soraneko

大型中年さんへ

多分28分の写真はカメラを上にかざして撮影したもので、目線位置は26分の写真が近いと思います。
ちなみに身長は186cmで体重は目下105kg⇔110kgの間というところでしょうか。
自転車を始めた頃は+30kg以上(当時計測不能(苦笑))だったので、本当に関取体型でした。
最近でこそ体格の良いサイクリスタを見かける機会も増えましたが、流石にこのサイズだと、どこに行っても頭一つ飛び抜けていて、おまけに横幅もあるの目立ちます(笑)

やはりヒルクライムの場合、絶対重量の問題は避けては通れないところで、パワーを上げたところで今度は体の負担が増えますから限界があるのですが、僕も諦めたくはないので、色々と山岳イベントに参加し続けていこうと思います。

ご迷惑をかけた方も転倒したので、一応痛みなどが後に出ればご連絡くださいとなっています。
一生懸命で許されることではなく、冷静な行動を求められる立場ですので、猛反省しています。



by soraneko (2016-10-31 10:07) 

やっとこ

イベントスタッフお疲れ様でした。
安全に運営しようと、気が張りますから、終了した後の気持ちの緩和でうっかり。
怪我なく良かったですね。
もし、これがなかったら、もっと酷い事になっていたかも知れません。
何事も経験と言うことで、幸いな事に怪我などもなかった事からポジティブに考えて
益々イベントスタッフとしてご活躍下さい。
人間ですもの、完璧ではありません。
私なんて、危ない事ばかり。
実践で学ぶ事ばかりです。
気をおとされ過ぎませんよう。
by やっとこ (2016-11-01 07:17) 

soraneko

やっとこさんへ

お気遣いありがとうございます。
いつものことで反省すると、きっちりと原因があるのが分かって、当日だけの問題ではなく、既に前からそのアクシデントに向けて歯車の狂いが生じていました。
by soraneko (2016-11-01 10:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る