So-net無料ブログ作成
検索選択

サイコン選びは定番のガーミンに「全面降伏」で決定! [自転車部品]

別にガーミンに恨みがあるわけではありません(笑)
というか、自転車生活をする前から、アウトドアで登山用のGPSレシーバーなどで良く知っていましたし、グランツールでも有名チームのスポンサーで有ったり、積極的に自転車の世界に関わっている事は高く評価していました。
じゃぁなんで今まで使わなかったの?という至極当然の疑問に対して、「メジャーと定番は嫌い」という、単なる天邪鬼に過ぎなかったんですね(苦笑)。

とはいえ、GPSの自転車用のナビに関しては、SONYや旧SANYO、PAIONIA等の日本の一流企業や、海外のメーカー、ユピテルなどが参入した物の、結局発展させることなく撤退、縮小という方向に、成ってしまいました。
個人的にユピテルを使用していて、もっと実際使っているサイクリスタの声を真摯に聞き入れて、熱心に改良していけば十分マーケットが見込めたと、今でも思っていますし、きっと現場の開発者や販売関係者もそう思っていたと思いますが、これが今の日本企業の現状だと思います。
某有名時計メーカーは、自動車用ナビや、携帯、スマホなどでもユニークな商品を送り出していて、市場に熱心なマーケットを持っていたのにもかかわらず、「規模と収益至上主義」の経営政策で敢え無く撤退してしまい、その会社の開発者とお話したことがありましたが、無念の思いが強く伝わってきたものです。

これらのメーカーが撤退に追い込まれたのはメーカーの都合だけではなく、間違いなく「スマホ」の普及が原因だと思います。
数年前からロングランイベントなどで、交差点で迷って首をひねっていたと思ったら、やおらジャージのポケットからスマホを取り出しで「GoogleMaps」等で確認している姿を頻繁に見かけましたが、iPhoneが主流ですが、いまやサイコンのアプリが充実していて、それを使えば専用のサイコンの出番は無くなってしまったのも、当然の結実でした。

実は自分もこのさいスマホでサイコンにしようかといろいろ調べてほとんど決まりかけたっ時期もありましたが、まず今使っているスマホがAndroido4.2の機種で、しかもバージョンアップできない「地雷機種」だったことが判明し、現在サイコンとしてポピュラーに使われているアプリは、ほとんど4.3以上の推奨になっており、まずスマホを買い換える必要がありました。
またHRセンサーやケイデンス、速度センサーは、ユピテルに合わせてANT+通信規格の物に成っていて、スマホを使う場合ほとんどBluetoothセンサーなので、これも全て買い直さなければなりません。
止めはやはりロングライドで使う場合の電源供給の問題で、どうしてもモバイルバッテリーを繋いで電気を供給しながらということになるのですが、地面を走っている以上365日晴天ということはありませんから、例えば突然の大雨などにあうと「アウト!」となります。
おまけにもし走行中にスマホを落としたら!、ああっ!考えただけでも背筋が寒くなります。
実際イベントで落としてしまい、画面がクモの巣になったスマホをビニールテープでくくりつけているライダーを見たことがあります。

一番お金がかからなくて問題がないのは現行まだ販売しているユピテルATLASの機種を買うことですが、ユピテル自体が自転車に消極的である以上将来性が全くありません。
ここで完全に八方塞がりで万策が尽きてしまい、「耐え難きを耐え偲び難きを偲んで」完全無条件降伏ということになり、サイコンやGPS地図を完全にガーミンに更新することにしました。
で、今回購入したのがこれです。
RIMG0324.JPG
RIMG0327.JPG

サイコンはもはやこれしかないという決定版の「EDGE 520J」で、まあ、ほぼこれでできないことはありませんという定番中の定番商品です、
500、510、と続いて改良が進み、画面が見やすくなって電池の持ちも良くなっています。
密かに期待しているのはGPSロガーなので、GPSで「簡易地図」が表示できますが、まあ510までは「こんなんで山道をロングライドできるか!」という叫び声が聞こえてきたというほど使えないものでした。
非公式の方法らしいのですが、どうやらエリア限定で道路地図を入れると、もともとルートラボなどのGPXファイルを入れてコースの「軌跡」だけは出ていたのが、簡易的にナビに使えるらしいです。
GPS地図は、結局いろいろなサイトやブログなどを年末年始見まくって、「ブルベライダー御用達」のこれまた定番の「eTrek30X」にしました。
この機種の決定理由の大半は「単3電池で25時間駆動」ということにつきます。
情報によると、単三型のリチウムイオン電池を使えば、バックライトをつけっぱなしでも一日中大丈夫だということで、ダメならスペアに変えれば良いだけですから、予備電源とかの煩わしさや防水問題もなく、まさにブルベのためにあるような機種です。
いやいや、もともと「登山用」の機種ですから電源問題は深刻で、駆動時間や入手性などを考えてのことですし、防水性や耐久性なども「ヤワな作り」でいざという時に役に立たないとあれば、山では命に関わることですので抜かりはないはずです。
520Jは国内正規品(アフターケアを考慮)ですがeTrek30は、正規品はものすごく高いので、「東日本詳細地図」をインストールした並行輸入品を購入しました。

さてこれらを自転車にどう付けるかですが、520Jの方はいろいろなアダプターやマウントが梱包されています。
RIMG0328.JPG


マウントの接合部を見たとき「あれ?見たことがあるぞ」と思いました。
RIMG0329.JPG


どう見てもユピテルATLASのマウントと同じ形状ではないでしょうか?
RIMG0330.JPG


よしやってみようと「えいやっ!」で付いてしまいました(笑)
RIMG0331.JPG

これならユピテルATLASのマウントも無駄にしないで済みます。
なにせ不埒にも使用しているロードバイクがローラー用も含めて5台ありますし、MTBや折りたたみにもつけたかったので、余計なマウントを買う手間が省けました。

さて問題はeTrek30の方で、もともと登山用ですからEDGEのマウントは使えず、専用の自転車用マウントを購入する必要があります。
そこで今回はEDGEや、ライトのVOLT700などもしっかり取り付けたいということで、これまた自転車付属機器の取り付けマウントでは定番となった「REC-MOUNTS」のシステムを導入しました。
これもイベントではよく見かけるようになっていて、先のサイクルモードでもブースで係りの方の熱心な説明を聞きまして好感を持っていたので、安いものではありませんが皆さんの「人柱」の意味も兼ねての導入となりました。

まずeTrek30本体にEDGE用の変換アダプターを取り付けます。
RIMG0334.JPG
RIMG0335.JPG


これでEDGEやユピテルATLASのマウントに取り付けることができます。
RIMG0337.JPG

ただしeTrek30自体単三電池を使う手前結構重量があり、REC-MOUNTSの変換アダプターもどうやらアルミ削り出しの頑丈で重いものですので相当な重量になります。
ATLASそのものの重量しか想定していない樹脂製のマウントの場合、繰り返しの使用や激しい振動でマウント側が破損してしまう可能性があることは、十分承知しておかなければいけません。
いわいる「自己責任で」というやつです(笑)。

さて今度は「REC-MOUNTS Type19」という本体を組み立てて、上面にEDGE、下面にVOLTを取り付けようとしますが、結構細かい部品があります。
RIMG0340.JPG


で、ライトを取り付けようとしたら、肝心の「シュー」の部分が無く、欠品かなと思いましたがどうやら「自分でどうぞ」ということのようで、樹脂バンドが折損て使えなくなったキャッツアイのマウントをバラしてシューの部分をREC-MOUNTSに取り付けます。
RIMG0341.JPG

うーん棚や工具箱から何でも出てきますね(苦笑)

さてこれが完成した姿です。
RIMG0342.JPG
RIMG0344.JPG

ワイヤーの取り回しの都合と、イベントの使用頻度からターマックに取り付けてみましたが、やはりすっきりしますね。
またこのREC-MOUNTSは、金属加工品としてもよく考えられて作られており、組み立て用のビスに緩み止めの塗料が塗布してあったり、ワッシャがしっかりしていたりと「あ、このメーカーはよくわかっているな」と感心させられます。
それでもユーザーの想像を絶した使用により(笑)、結構破損したというクレームもよく来るのだそうですが、真摯に対応しているようで、すぐに対策品などを作っているようです。

まあとりあえず形にはなりました。
eTrek30は、実は昨年末には届いていたので色々といじって使用法などをあれこれ試していましたが、EDGEが届いたのは一昨日で、昨日組み立てながらマニュアルと格闘しながらあれこれいじってみて、とりあえず自分が使いそうな昨日だけはなんとか設定しておきました。

という事で本日FELTに取り付けてみて、ないとライドも含めての使用テストをしてきました。
えー、今までは前置きですか(笑)、いい加減にしなさい!
タイトルを入れるとか見やすくする努力が足らないですね、反省します(苦笑)。

さて何時もの能書きは置いといて(笑)、本日は4:35に自宅を出発です。
当初の予定では来週のブルベ「BRM122宇都宮、那珂湊200㎞」のコースをeTrek30に入れてあるので、夜間や中間の視認性や、ラインをトレースできるかなどを、那珂湊までの160㎞のセンチュリーライドで試したかったのですが、「西の風7m/s」とかの気象データや「最低気温-8℃」とかを見ると、気温はともかく東に向かうのは帰路を考えれば自殺行為で(笑)、とにかく西寄りの強い季節風が一日じゅう吹くだろうと、とにかく南に向けて走ることにしました。
自宅を出たときは-3.7℃くらいで、最低気温はともかく、4時間くらいは氷点下の中を走るようで、最高気温も4℃程度と、風速を考えれば体感気温は終始氷点下ということになります。

でも、装備がしっかりしているのか、最近通勤も復活させて夜中に乗っているせいなのか体が慣れてきたようで、寒さ自体はそんなに辛いと感じません。
とはいえライトに照らされた先は雪がちらついていて、気分的に寒くなります。

ようやく夜明けですが全く暖かくなりません。
RIMG0345.JPG
RIMG0346.JPG


西側を見ると山岳部は雲に覆われていて見えませんが、相当降っているようです。
RIMG0348.JPG


肝心のガーミンですが、eTrek30はバックライトを最小照度にして点灯させ続けましたが、ルートも見やすく、夜間でも十分コースを追うことができます。
RIMG0349.JPG

なんといっても地図が優秀で、ユピテルATLASは。道路がラインで描かれている以外は地形やその他の判別は難しかったのですが、ガーミンの詳細地図はしっかり地図として判別することができます。
GPSの精度も良好で、グロナスやみちびきまで併用して使えるのでかなりの精度を期待できます。

本当は南下して利根川に出て、そのまま江戸川自転車道で春日部の国道16号線まで行って折り返せばピッタリ160kmなのですが、夜勤から平常勤務にシフトする「時差ボケ」による疲労や、終始吹き付ける西南の風と寒さにやられて、とりあえず利根川までの120㎞の往復にプランを変更します。
RIMG0351.JPG
RIMG0353.JPG

利根川に着いたという証拠写真を撮って、急いで折り返します。

関宿のマックで休憩しながら天気予報を見ると、12:00頃から風向きが北に変わって強くなりそうなので、これはまずいと急いでマックを9:00頃でます。
夏場なら2時間30分程度で走れる工程なのですが、コンビニごとに立ち寄ってトイレや体の解凍(笑)等をしているので遅々として進まず、12:15頃ようやく自宅に着きました。
細かいログを取るところまで習熟していないので124㎞をAV23.6㎞で走ったことは画面でわかりました。

ちなみにガーミンは液晶に反射液晶を使用しているので、バックライトなしでも日が当たると結構鮮明に見えます。
RIMG0355.JPG
RIMG0356.JPG

心配していたマウントのガタもなく、表示も見やすく、あとは操作ロジックを覚えれば操作性も良さそうで、やはり定番には定番になる理由があるようです。
まあ、どちらも今の自分のレベルでは「とりあえず使えます」という程度で、とくにEDGE520Jの方は、昔携帯についてきたような分厚いマニュアルがあって、機能はてんこ盛りなので、覚えるのが大変そうですが、なんとか使いこなしたいと思います。

nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 6

大型中年

SORANEKOさんへ

Edge510は、今のサイコンが破損すれば次に考えたい機種で、やはりメジャー品でしょうか?少し走れるライダーは、口コミもあってか、結構広まっているようです。 
今のサイコンは手に入れてから3年目ですが、まさか3年後はブイブイ言いながらも、走りまくる姿を想像していなかったので、相変わらずフロントバックに神奈川県文庫版地図を忍ばせてアナログツアラーとなっています。
根っからの貧乏性なので・・・、キャッツアイのサイコンはますますご健勝で、故障の気配も全くないのですが? サイコンが逝くか、本人の戦闘意欲が逝くか勝負です。(笑)

激寒のツーリングはお疲れ様でした。かなり違うのは自宅を出た時は3℃で、山に入ったら―4℃だったようで、はるかにSDORANEKOさんのツーリングの方が精神的にも、辛かったと思います。私だったら―4℃と聞いたら、東京ツーリングでなくベッドを間違いなく選んでいました。

それにしても、この冬空を走るモノ好きは、本当にレアですね。
宮ケ瀬はメジャーなスポットで、あの時間だった30台ぐらいは軽くすれ違いますが、全く静かでした。 本人は至って好きなことをしているので、何にも考えていませんが・・・、途中から「特別な事をしている」のでは?という変な気持ちになりました。

とりあえず・・・BRM200で簡単なコースとはいえ大変なことです。万が一参加されるのであれば、気を付けて走ってください。
天気予報は金曜日が雨ですので、北関東はやはり積雪と凍結が心配です。本当に変な仲間意識が出来てしまいましたね?(笑)




by 大型中年 (2017-01-15 18:24) 

soraneko

大型中年さんへ

ほんとふざけた話ですが、複数台を使い分けたり、ローラーのトレーニングにも使いたいとか、結局何台も買うのなら一台で済むものという事で、EDGE520Jを選びました。
本当のことを言えば、ツーリングだけなら、時間と距離と速度さえ判れば十分で、無縁通信のキャッツアイのベーシックモデルで十分だと今でも思っています。
eTrek30は、まったく土地勘のないところのナイトライドや、長距離ツーリングにGPSレシーバーが無いと、本当に身動き取れない場合があるのと、個人的に緊急時の携帯通信網の稼働を信じていないので、「自立航法」で自前の地図とGPSのあるハンディを、出掛ける時には必ず持ち歩いているので、購入に躊躇は有りませんでした。

しかし、北関東では、ロードだけでなく、遊びでフラフラと走っている自転車さえもまったく見かけませんでしたが、この寒さと風では、ある意味それが正解だとは思います。
僕もなんというか、行く先に困難が待ち構えていると思うとゾクゾクしてくる悪い病気が有りまして(苦笑)、他の人が見向きもしないという「特別な事」だと思うと、ますますファイトがわいてくるんですね!。
流石に本日は腰や膝、脹脛に違和感があり、来週の事を考えると無理は禁物だというリミッターが懸かって、120kmで帰ってきてしまいました。

ブルベも、特にこのシーズンのブルベは辛い事しかなくて(苦笑)、走り出すまで本当に憂鬱なんですよね。
ただ、この時期にこれだけのイベントを控えているという事での準備やトレーニングなどの「過程」と「緊張感」が欲しいというのが本音かもしれません。
もし本番当日が本日と同じくらいの天候で有れば、本当に完走できる自信は有りませんから、慎重に臨みたいと思っています。

by soraneko (2017-01-15 18:58) 

やっとこ

どうもです。
やはりSoranecoさんにはガ-ミンですね。
これでようやく役者が揃ったので、ブルベも
楽しみですね。
これからのレポも興味深いです。
by やっとこ (2017-01-19 21:11) 

チースケ

soranekoさん、どーもです。

私が使っているガーミンedge500は、バッテリーがかなり弱ってきてしまい、7時間で眠ってしまうようになったので、ちょっとだけ次を考えるようになりました。
そんな中で私もetrex30xは気になってましたので、参考になりました!
なんだか細々とした火が、ボーボーと燃えてきてしまい、困った。

実は私も次の休みにブルベとやらに初めて行ってみます!(埼玉ですが)
by チースケ (2017-01-19 23:13) 

soraneko

やっとこさんへ

これで堂々とガーミンのジャージを着れますね(笑)
けして安い買い物ではありませんでしたが、どんどん活用していこうと思います。
by soraneko (2017-01-20 05:45) 

soraneko

チースケさんへ

500の電池劣化は皆さん悩みの種のようで「自己責任」で海外から電池を取り寄せて自分で交換してしまう方もおられるようですね。
トレーニングデータさえ取らないのなら、etrek30でも速度や距離などのデータは表示できますが、小さいので見ずらいですね。
GPS地図としては申し分ありませんから、走行データ確認は、キャッツアイのベーシックタイプを併用した方がよさそうに思いました。

BRM122埼玉でしょうか?
僕ごときがアドバイスもおこがましいのですが、この時期のブルベは、防寒装備の負担と寒さでとにかくエネルギーを消費しますし、かなり汗もかきますので、水分、ミネラル、エネルギーの補給には気を付けてください。
しかし、残雪の影響が気に成りますが、ブルベライダーは気にしない人が多いですからね(笑)。
by soraneko (2017-01-20 06:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る