So-net無料ブログ作成

夜が開ければ白銀の世界!、恐怖の凍結路走破! [雑談]

同じような書き出しをするのが流石に恥ずかしいのではありますが、やはり本日も天候不良で快適なツーリングを楽しむというわけにはいきませんでした。
2月は毎年こんなもので、大雪が降らないだけマシとは言えますが、流石に滅入りますね。

天気予報のサイトをいくつか見比べましたが、やはり西寄りの風が終日強いようで、本日も先週と同じコースで南北縦断利根川ツーリングに出かけました。
が、昨日の夕方頃の天気予報では関東南部は夜半に「雪」の予報が!
一応3:00には起床して、「ウェザーニュース」の「周辺50kmの空」という、会員の投稿する各地の空模様の写真では栃木県の南部、茨城県北西部あたりは結構降っています。
なんだか夜勤明けで体もだるいに「辞めちゃおうかなー!」等と一気にやる気がなくなります。

とまあ、ここは怠け心に鞭打ってなんとか4:40頃には自宅をノロノロと出ることができました。
自宅の宇都宮市は星も出ていて雪が降った形跡はありませんが、20kmほど南下して上三川町付近に来ると、路面が濡れてきて、そのうちタイヤが「シャリシャリ」という音をたて始めて、ライトに照らされた路面がキラキラ輝き出しました!
路面は完全に凍結状態で、かろうじて乾いているところや黒光りしている「ミラーバーン」を避けながら20km/h程度に速度を落として恐る恐る進みます。

下野市付近に行くとどうやら道の両脇は完全に積雪している雰囲気です。
うっすらと明るくなってきたらこの有様です!
RIMG0466.JPG


「トンネルを抜けるとそこは雪だった」なんてのんきな事を言っている場合じゃありません。
気温は-3℃くらいのはずで(ガーミンの温度計で最低気温-9.1℃、往路平均-3.1℃でした)、当然路面はアイスリンク状態です。
RIMG0464.JPG

結局こんな路面状態で、上三川町から結城市まで2時間ほど走りましたが、こんなに真剣に走ったのは久しぶりというほど集中して緊張したライドを強いられました。

まず、こんな道をロードバイクで走ってはいけないのですが、緊急時の突破のために参考までに走り方を書いてみます。
まず当然速度を落として転倒に備えます。
基本的に車体を傾けたり、トルクをかけたりすると一瞬で「スッテンコロリン」と成りますから、軽いギアでトルクをかけないで、左右に体が揺れないように綺麗なペダリングを心がけます。
路面の状態を見て「黒光り」しているアイスバーンを避けて、雨天時と同じで滑りやすい白線、マンホール 、グレーチングを早く見つけて穏やかに進路を変えながら避けます。
最悪そういうところを走らなければいけないときは、対象物に直角にまっすぐな状態で、出来れば惰性で通過するようにします。
とにかく「前輪」が滑り出すと制御不能になりますから、意識的に後輪をロックさせて、カウンターを当ててドリフトの要領でかわす時もありますがこれは最終手段です。
まだ後輪が滑り出した時は、挙動が読みやすいので、転倒の予測がつくので、腰を落としてスライディングの要領で車体の下に滑り込めばダメージは少なくて済みます。
怖いのは急に転倒して頭から落ちることで、自転車の場合は頭の位置が高いのでモロに頭を打ち付けると重大な事になってしまいます。
僕の場合こういうときは、ほぼ無意識に体を丸めて肩や腰から落ちるようで、これは子供の頃に散々練習した「柔道の受身」がとっさに出るからで、これで何度も命拾いしていますが、普通は無理です。

あと今回突然滑り出さなかったのは、タイヤに細かい網目のパターンが入っていたからかもしれません。
RIMG0485.JPG

これがいつもの「ツルツル」のスリックだったら、もしかして何度か転倒していたかもしれません。
たまたまですが、「グラベルキング」に変えておいて助かったのかもしれません。

とまあ、こんなことをしながら走っていれば。神経を使ってくたくたになってしまいますが、こんなときは普段見られない景色が見えるという御褒美もあります。
RIMG0477.JPG

RIMG0470.JPG
RIMG0474.JPG

木々の枝に雪が付いて、朝日に照らされて綺麗でした。

国道50号線を越えてからは徐々に路面も陽に照らされて解けてきましたの安心しました。
とはいえ基本南西の風で向き風状態の中何とか利根川に到着です。
RIMG0483.JPG


本日も富士山が綺麗でした。
RIMG0479.JPG


帰路は境のマックで体を溶かして、淡々と走ります。
でもなんだかペダリングがしっくりこない感じで、色々試しましたがなんだか窮屈な感じがして・・・・・・、もしや!と思いサドルの高さを見たら、何とシートクランプのボルトが幾分緩んでいて10mm程下がっているではないですか!
どうりで窮屈で脚だけが疲れている感じがしたはずです。
ちゃんとトルクレンチで締めたはずですが、極寒の中にバイクを置いておくと、金属収縮もあり、時たま色々なところが緩むこともあります。
サドルの高さを元の位置に戻したら普通に走れるようになりましたが、ときすでに遅しで、足をかなり消耗させていたようでペースが上がりません。

下野道の駅に着きましたが、なんだかちゃんとした食事を取る気分でもなく、出店で売っているハンバーガーとソーセージを買いました。
RIMG0490.JPG
RIMG0492.JPG

これはこれで美味しかったのですが、ここは石釜でピザを焼いて出すお店で、そちらは今度試して見ます。

しかし、本当に今日は疲れました。
こんなツーリングは出来ればやりたくないですし、早く暖かくなってほしいものです。
そういえば昨年のこの頃のブログを見ると、岩瀬付近はすでに「梅」が咲いていたはずですが、今年はまだみていないなぁ・・・・・と思いながら走っていたら、道端の大きな梅の木は満開に咲いていました。
RIMG0493.JPG
RIMG0494.JPG
RIMG0495.JPG

やはり寒かろうが、雪が降ろうが季節はちゃんと進んでいて、春の足音が近づいてきていたのですね。

nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 12

やっとこ

どうも!やっとこです。
路面の危険はあったにせよ、良いライドができて何よりです。
この様な状態の時には、やはり急な操作や、傾斜は禁物ですね。
モーターサイクルや、車の運転でも同様のことが言えます。
受け身の取り方は、流石に技が必要ですので武道を習っていないと
なかなか出来ない技ではありますね。
by やっとこ (2017-02-19 20:55) 

ソニックマイヅル

こんばんは、ソーセージも美味しそうですね。今年は自転車も活用したいと思います。^^;
by ソニックマイヅル (2017-02-19 21:59) 

喫茶こじろう

温暖な神奈川南部ではまずお目にかかれない光景です。両脇に雪が見える時点で戦意喪失モノですが、写真の冷え切った空気感がスゴイです!寒気が南下しているときは、コチラでも山岳路に行くと峠付近には昼間でも凍結があったりしますので、速度の遅い登りと言えども滑る路面は緊張感を強いられ、下りは肩が痛くなります(苦笑)
あと一ヶ月くらいはまだまだ寒さに震えるライドが多いと思いますが、梅や菜の花を見かけると春もまた近しと感じますね!
by 喫茶こじろう (2017-02-19 22:44) 

大型中年

SORANEKOさま

とても横浜では考えられない気温と風景のなか走られるのは、相当気合が入っていても無理です。本当にご苦労様でした。「木々に雪が付いて、朝日に照らされて奇麗でした」と書けるSORANEKOさんの余裕にも驚きます。
シートクランプのゆるみは本当に痛いですよね。私も思い出したように緩むのですが、キチンと長さを計測しないと、いつまでも違和感が取れません。別に3mm違ってもどうってことないのですが、やはりサドルの高さは「基本の基」ですから、ズレてもすぐ復帰できるよう、盛大にマーキングしておいた方が良いかもしれません。

最後に変な時間にコメント入れて申し訳ない。こんな時間しかBLOG見れない状態が続いているので・・・、18日は、向かい風に粘って走りましたが、肝心のBLOGをUpする時間がありませんでした。来週こそ頑張ります。(泣)
by 大型中年 (2017-02-20 06:06) 

soraneko

やっとこさんへ

若い頃は山に雲が掛かって積雪が予想されると、喜んで走りに行ったものですが、今は本当に勘弁して欲しいです(笑)。
こんな路面でも子供たちは普通に生活自転車で走り回っていて、よく考えれば自分たちもそうだったので、自然とこういう時の走り方が身についたのだと思います。
受身はこれも子供の頃に柔道をやった事に感謝なんですが、成人してから、それも中年になってから身につけろというのも大変だと思います。
by soraneko (2017-02-20 12:37) 

soraneko

ソニックマイヅルさんへ

本当のことを言えばこのソーセージでビールを一杯やりたいところでしたが、自転車とて飲酒運転は厳禁です(笑)。
そちらも冬のあいだは気候が厳しいでしょうが、暖かくなったら走り出してみてください。
by soraneko (2017-02-20 12:40) 

soraneko

喫茶こじろうさんへ

そちらで言えば本当にヤビツの上の方や箱根くらいまで平気で気温が下がるので、夜半に雨が降れば、即路面凍結になります。
神奈川の平野部や東京でこうなったら大パニックで機能停止ですね(笑)
こういう時はスパイクとは言いませんが、ロード用のスタットレスタイヤとかオールウェザータイヤが欲しいと本気で思います。
北関東で降雪が増えるのは春が近づいてきた証拠で、もう少し我慢すれば色とりどりな景色が帰ってきますから、今から楽しみです。


by soraneko (2017-02-20 12:46) 

soraneko

大型中年さんへ

なんというか気がついたら凍結路面地域の真っ只中で、行くも帰るも地獄という感じで、開き直っていました(笑)。
写真を取るのに停止すると滑ってコケそうになって難儀しました。
実はFELTのシートクランプ緩みは「持病」のようなもので、気をつけてはいたんですがやられました。
新しいFシリーズなどは、クランプが2重になっていて2本のボルトでしっかり止めるように改良されていましたね。
ちなみに2016年以降のF5は非常に良いです。
580までのサイズ、JIS規格のBB、外装式ケーブル、数年前のハイエンド同等のカーボンフレーム(軽い!)、オール105(5800)と、実用的で高性能かつ値段もリーズナブル(20万そこそこ)と、必要もないのに(苦笑)久しぶりに新品で購買意欲が湧きました!。

とこのコメントもこんな時間で、勤務時間がシフトで変わるので、僕の方こそバラバラでスミマセン!
by soraneko (2017-02-20 13:03) 

creeker

最初の写真を拝見し、とても自転車で走れるものとは思いませんでしたが、氷点下でもアクティブに走られるsoranekoさんは本当に凄いと思います!
スキーで例えるならばまさにアイスバーンを滑るような感覚と体重の掛け方なのでしょうか?文章で感覚的に伝わってきました。
朝日に照らされた雪化粧の木々がとても綺麗で、やはり真冬の早朝ライドのご褒美ですね。
少しずつ春も近づいておりますし、これからのシーズンが楽しみですね!
by creeker (2017-02-21 01:03) 

soraneko

creekerさんへ

いやホントにどうした物かと路上で途方にくれました(笑)
こういう時は「戻る勇気」が正解なんですが、まだまだ修行が足らないですね!
ウィンタースポーツはまったく疎いので比較できないのですが、タイヤのグリップがまったく宛にならない時の走り方で、本当に疲れました。
天候によっては「樹氷」を拝むこともできるのですが、しかしこうなるとサイクリングというより、自転車でウィンタースポーツをやっているようですね(苦笑)。

とにかく一日でも早く、ひたすら暖かくなって欲しいです!

by soraneko (2017-02-21 02:43) 

こけもも:

うわ・・・。とてもじゃ無いけど自分は走れないです、歩いていても転びそうですよ。
by こけもも: (2017-02-22 18:36) 

soraneko

こけももさんへ

実際は走っている時より、止まって脚を付いた時や、押して歩くとき、走り出すときに転倒してしまう事が多いです。
慣れとは怖い物で、自分もそうですがこういう環境で通学とかしていたので普通に走ったりします。
山形や新潟が故郷の同僚も積雪している道路で平気で自転車で通学していたそうです。
通学自転車用のスノータイヤとか、ママチャリ用スパイクタイヤなどが有るそうですね。
by soraneko (2017-02-23 10:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る