So-net無料ブログ作成
検索選択

どすこい流、独断と偏見の完組ホイール比較! [自転車部品]

まずこのタイトルを見て、ホイールの購入の参考にしようと訪れた方がおられましたら、物凄くクドイ前置きがありますし(苦笑)、細かいスペック等は出てこない「どすこい流、簡易インプレ比較」ですので、よその「アカデミック」にインプレされている、親切なサイトに行かれることをおすすめしておきます(苦笑)

さて、堅い話で恐縮ですが、日本がここまで経済大国になった過程で、どのくらいの「モノ」が作られて、販売されて、消費されて、そして廃棄されていったのでしょうね。
環境云々とか循環型経済だとか、少なくとも我々の親の世代には微塵もそんな考え方はなく、あくなき欲望と経済拡大を目指して驀進してきたように見受けられます。
まあ、自分たちの世代も人のことを批難出来るようなレベルではなく、思い返せば成人して自分で稼ぐようになってから、自動車だオートバイだ、電気製品だ、住宅だと、福沢さんが数千人規模の消費をしてきたはずで、そのうちどれだけのものが残っていたりとか、これからの人生の役に立っているかなどと考えると、情けない限りで(苦笑)、単純に貯金をしたり年金運用をしていたほうが良かったのでは?と考えれば、苦々しく思うこともあります。

不動産関係の支出は桁違いで、それこそサラリーマンの一生がかかっている物で、ただこれは「資産」として残る(残価の価値は様々ながら)のでよいとして、単純に「消費」として「お足」と称されるように、何処かに走ってなくなってしまう「お金」の額として一番大きいのはやはり自動車だったと思います。
自動車の場合、維持するのも馬鹿にならない経費がかかることから、生活の足として最低限の物を維持するのならともかく、これを「趣味」としてしまうと、とんでもないお金がただ消えてしまうのみという事になります。

自分の場合2008年の「リーマンショック」をきっかけに、趣味としての自動車維持をスッパリ諦めたのは良いのですが、ある意味「消費漬け世代」の申し子として結構な額を趣味に弄していいた後遺症のおかげで(苦笑)、自転車趣味に没頭してからは、「桁が違うから気楽だよ」と嘯いて、塵も積もればエベレスト(笑)クラスの、結構な額を消費しておりました。
総額を一度計算してみたことがあるのですが・・・・・ああっ!恐ろしくて、みなさんに申し訳なくて書けないという額を投入してしまった事に気がついて、正気を取り戻してからは(笑)、右肩下がりで予算をを年々低下傾向にしていてます。

で、何時ものことなが此処からやっと本題なのですが(ヤレヤレ)、その「正気を取り戻す以前」にいろいろな自転車用のホイールを購入していて、十数年相当の距離と、ざまざまなシチュエーションを走ってきて、また数種類の性格の違うバイクやタイヤなどとの組み合なども経験してきたことから、ある程度はホイールに関して「私見」としてですが、インプレ比較などをまとめてみても良いだろうと思っていて、今までの記事でも部分的にご紹介したのですが、ここで「一覧表」としてまとめてみました。
僕の場合、カーボンホイールとかチューブラータイヤのホイールとかは買ったことがないので、ここに掲載されているホイールは、全てクリンチャーの金属のホイールになります。
まずは各ホイールの得性を4段階に評定した一覧表です。
ホイール比較表2.jpg

細かいスペック等を抜きで、あくまで僕の独断と偏見で4段階にレベルを分けて見ましたので、絶対性能云々というより簡単な比較と特性を読んで頂ければと思います。

次に各上記の表を餅に簡単な評論をこれまた独断と偏見でまとめた表です。
ホイール比較表1.jpg

これらの一覧から言えるのは、各メーカーの特徴は値段が安いホイールでもはっきり現れているということと、高価な高性能ホイールは比例して扱いづらく耐久性があまりよくないということです。
おそらく我々アマチュアレベルの、一般的な年収のライダーが、「常識的」な範囲で購入できる価格という意味では、シマノWH6800(アルテグラ)、カンパニューロゾンダ、ここにはありませんがフルクラムレーシング3あたりが、コストパフォーマンスから見て「上限」であって、あとは支払った代金に見合うほどのパフオーマンスの向上は望めないと断言しても良いと思っています。
これ以上の領域はあくまで「趣味」としての「自己満足」というレベルであって、「予算が許せて好きならどうぞ」というところなのでしょう。

あとこの一覧表のホイールは購入年式がバラバラで、昔からあるホイールは、古いものほど材質や工作成度や質感が高く、相応の耐久性があります。
そして年式が新しくなるほど軽量で剛性が上がり性能は良くなっていますが、耐久性能のマージンを削って軽量化を進めており、コストダウンの影響(海外生産など)で工作精度や仕上げなどは品質が低下していると考えてほぼ間違いないと思います。

まあ、最近は「カーボンリムクリンチャーホイール」も、技術の進歩で常識的な耐久性能やブレーキ性能を手に入れつつあり、また値段も順当に低下してきています。
これは「中華カーボン」という、ある意味「玉石混合」とも言えるマーケットもあるので、こちらはなかなか一般の消費者が手を出すが難しいという面がありますが、もしかすると今後品質の分野での「大化け」がないとも言えない(海外企業の生産管理が入れば)のが、国内企業にとっては大きな脅威でもあり、チャンスでもあると言えるでしょう。

前述したように自転車趣味も正気を取り戻しつつあるので、まだ熱に魘されているうちなら喜び勇んでカーボンクリンチャーホイールも数種類(中華カーボンも含めて)購入してインプレしていたと思いますが、残念ながら健康体の今は(苦笑)当分その予定がありません。
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 8

大型中年

SORANEKOさんへ

雑誌では販促で書く事が当たり前なので、これはユーザー目線で纏められており、本当に新鮮です。 私は鉄下駄のマヴィックCP22とHW6700しか知らないのですがHW6700で十分です。
私も賛成で、ある一点までは「投資対効果」は比例しますが、そこから先は漸近線に近づくだけで、そのエリアは鍛えられたアスリートだけが、把握できる世界だと思います。よって、私には意味のないジコマンだけの世界でしょう。
HW6700を選んだのは、安かったのも理由ですが、あるレビュー記事で、3人のうち2人が「もし自分のお金で取り替えるのであれば、アルテグラホイールにする!」と書かれており、この言葉でイチコロでした。
オーナーシップという点では、タイヤはチューブレス仕様なので嵌めにくいし、仰るとおりデザインがダサい。もしさらなる加速性・軽量化を求めるのであれば、地脚を鍛えるだけです。
アッ! これは資力のないオヤジの遠吠えでした(笑)

by 大型中年 (2017-03-26 19:52) 

soraneko

大型中年さんへ

自分でこれだけホイール道楽をしておいてなんですが、本当にアルテグラかゾンダがあれば、それ以上は要らないと断言できますね。
実際のところバイクもそうですが、ハイエンドのホイールは使うのにも気を使う所が有ったりして、だんだんと普段は使わなくなってくるんですよ。
ちなみにFELTのZ25とゾンダの相性は抜群のようで、これ以上のハイエンドのホイールを投入した場合、部分的な性能は確実に向上する物の、バランスが崩れてしまうんですよね。
ホイールとバイクの相性が有り、これも重要な要素だと思います。

ただ、何時かはまた熱病に感染してしまいそうで、気の迷いでカーボンクリンチャーホイールとかは、「興味本位」で手を出してしまいそうですが、それでパフォーマンスが劇的に向上することは無さそうですね(笑)。
by soraneko (2017-03-26 22:12) 

ばっきー

SORANEKOさん

これは私のようなOver100kgな超重量級ライダーにも非常に参考になります。自分が使ってきた完組ホイールでの感想も一致してます。一時期、手組ホイールばかり使ってたのですが、11速になってからは流石に完組には敵わないと思うようになりました。

イーストンEA90EAROはリアのスポークが2回ほど切れて使うのを止めました。最近だとZONDAとキシエリを使ってますが、ZONDAはコストパフォーマンスは抜群でした。キシエリは本当に丈夫でメンテもしやすく、ブルベ等で使い倒しても大丈夫という安心感があります。この辺のホイールはSORANEKOさんのインプレッションと私も同じ感想です。

WH-6700との比較になりますが、重量がある人はZONDAの方がいいかも?と思いました。6800は剛性アップしているのかな? この2つは価格帯も似ていて悩みますね。ZONDAも含めカンパはクイックが使いやすいのが良かったです。

カーボンクリンチャーホイールは自分も興味あります。SORANEKOさんが何を購入するのか?を楽しみにしておりますw
by ばっきー (2017-03-27 07:34) 

soraneko

ばっきーさんへ

雑誌などのインプレ記事の場合、競技関係者や、軽量のライダーのインプレがおおく、密かに「なんだか違うんだよなー」と思っていて、自分で色々なホイールの特性が知りたくて、「このさいだから重量級ライダーの人柱に成ろう!」と思い立って色々なホイールに手を出しました。
イーストンのスポークの破断は高テンションでのスポークの張りと、材質の品質管理のミスだと思っていますが、僕も2度(交差しないスポークの真ん中あたりでの破断)に懲りて、二度と使わなくなりました。

結局重量級で、脚力もそこそこあるライダーの場合、Rrホイールの、ハブ側の「タンジェント組」での、踏み込んだ時の回転方向のスポークの擦れで、破断してしまう(ボンドレガーのホイールがそうでした)ことから、MAVICやフルクラムのような「2IN1」組や、カンパのG3(MEGAの方)組しか使えない事が判明して、手組は諦めました。

MAVICは本国に問い合わせてもらったところ、107kgの体重のライダーの使用にも耐えられるように設計されているとの事で、やっぱりキシリシリーズが一番安心して使えますね。
ただMAVICのハブの「渋さ」はどうにも解消不能という事で、同程度の強度のあるフルクラムやカンパの使用が多くなっています。
そういった意味でZONDAが今のところベストチョイスかもしれませんし、WH6800も6700からハブ構造が変わって頑丈で良く回るので、バックアップでスタンバイさせてあります。
by soraneko (2017-03-27 19:23) 

チースケ

soranekoさんどもです。
ホイール、沢山試されているのが羨ましいような、恐ろしいような。

ホイール沼は奥が深く、はまったら抜けられないような気がしているので、私はRS21を2セット、zondaが1セットをそれぞれのロードにセットすることにとどめています。

soranekoさんのインプレで気になったのはマビックのクロスライド。
まだ買おうと思えば買える最後のVブレーキ用完組ですね。街乗り26インチVブレーキMTB用の完組は絶滅危惧種なので詳細インプレお願いします!
by チースケ (2017-03-28 07:42) 

soraneko

チースケさんへ

そうなんです、GTをクロスバイク風に改造するにあたり、Vブレーキ用で普通のクイックの(Eスルーとかではない)ホイールはこれしかありませんでした。
選んだ理由は「MAVICだから」というだけで(笑)、具体的にはこの記事のように「タンジェント組」のホイールの場合、間違いなくハブ側のスポークが交差部で破断してしまうので、現物でキシリ等と同様の組み方で交差部が接触していないことを確かめてから購入しました。

値段的にはキシリのエントリーモデルの「アクシウム」と「エキップ」の間くらいで、重量とかはさほど軽くはありませんが、そこはMAVICでどんなにガンガン踏みつけてもビクともしない剛性感で、推進効率も望外に良く問題ありません。
一番予想外に良かったのは、ハブの回りが良いことで、自分が持っている他のMAVICのホイールはすべてセラミックベアリング化してあっても、WH9000どころかWH6800より回らなのは、MAVICとしては仕方がないところですが、クロスライドはノーマルのままでも結構よく回り、自分でオーバーホルした時に粘度の低いグリスを入れて、ガタが出ないギリギリのところで調整したら、ホント気持ちよく回るように成ってしまいました。

見栄えも結構派手で、自分的にはお気に入りのホイールで、僕はGTをクロスバイクの使い方しかしませんが、もっと細くて軽いタイヤとR‐Airなどの軽いチューブに変えれば、下手なロードも十分カモれるパフォーマンスがあると思っています。
by soraneko (2017-03-28 20:09) 

チースケ

soranekoさん、インプレありがとうございました。
しかし、これだけ書かれてしまうと買うしか選択肢がありませんねえ(苦笑)

でも今を逃すと二度と手には入らないような気もするのが困ったところ。

いずれ700cのリムブレーキも同じような運命を辿るのかもしれませんね。
ただオートバイにも乗る者としては油圧ディスクブレーキを、ひっくり返す自転車に使うのは、あまり問題が出ていないとは言え躊躇うものがあります。ディスクに比べてシンプルな機構のリムブレーキも生き残れるようなラインナップにして欲しいものです。
by チースケ (2017-03-28 21:00) 

soraneko

チースケさんへ

MAVICの回し者ではありませんが、是非購入されてください(笑)
流れで言うとディスク化の流れはロードも含めて加速していくのでしょう。
個人的には僕も自転車は出来るだけシンプルであるべきと考えていますので、特に「油圧」のラインは抵抗があります。
そのうち「電動サーボ」とかASB(アンチスキットブレーキ」とかも出てこないという保証は無さそうですね。

by soraneko (2017-03-29 06:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る