So-net無料ブログ作成
検索選択

避けられぬ事故による死と、生を求める努力 [危機管理]

重いテーマです

なぜこんな記事を書いたかというと、一般の方には全く流れていない情報ですが、自転車イベントで、過酷な長距離を走ることで、最近国内でも人気が急上昇中の「ブルベ」ですが、その界隈でオーソリティとも言われているブルベ界屈指の大ベテランの方が、海外遠征中にトラックにはねられて死亡してしまったとい事で、ブルベの関係者の間では強い衝撃が走っています。

一般道、それも車でも大変なような山間部等を、をそれこそ何日も昼夜を問わず走り続ける長距離ブルベの場合、そのための体力や技術と同じくらい、いや最も大切なのことが「無事に走りきるための危機管理と安全意識」であり、そのスキルと意識が高いからこそ、大きなリスクを認識してそれを克服できるわけです。
当然故人の方もそういった意味ではブルベライダーのお手本とも言える立派な方で、協会の重鎮でもあったわけですが、そんな人でも事故による「死」から逃れられなかったという「不都合な現実」が、各関係者に重い現実を認識しざるえない事態に追い込んでしまったのだと思います。

自分に振り返ってよくよく考えてみると、安全性に関するスキルは年々向上してきていて・・・・これは加齢とともに「臆病」になってきていることとも関係があるのですが、とくに安全性に関しては、危険に対しては過敏に反応するようになっていて、走行に当たり極力「交通事故のリスク」を減らす方向で進んできています。
「挑戦」とう意味と「自分試し」という意味では、攻めるという方向性で考えると、どうしてもある程度のリスクを覚悟せざる得ないのですが、であれば尚更リスク回避の方向で万全の準備や「撤退する勇気」の大切さが大きなウェイトを占めるようになってきました。

でもです、それでもです、いくら気をつけてもです、スキルがあってもです、意識が高くともです!
「不運」という名の死神は「運命」という名の鎌を振り落として、大切な命を刈り取っていってしまうのかもしれませんし、抗いようが無いのかもしれません。

こういう話をすると必ず聞くのが「人の生き死には運次第なのだから、努力なんで「続けて」も無駄なんだよ」という知った風な捨て台詞です。
でも僕は運命に全てを委ねて、「絶望」に身を委ねる人間が大嫌いです!
「絶望は死に至る病である」とはよく言いますが、たとえ抗えぬ運命であったとしても、その瞬間まで自分ので出来ることを、出来るだけ努力し続けなければいけないはずで、だからこその人生なのだと思います。

ちょっとキザで大げさな話ばかり書いてしまい、今PCの前で赤面しながらキーを叩いておりますが(苦笑)、結論はいつものようにシンプルで「それでも僕はペダルを回し続ける」という事だけです。
だってペダルを回すの事がイコール自分の人生であるのなら、自ら人生を放棄してしまうことなんかできないからだと思っているからです。

自分は公道に出るとき、正直いつも「今日が最後かもしれないな」と思いながら自宅を出ています。
だっていくら気をつけても、後ろから「暴走車両」、「前方不注意の車両」、横から「一時停止無視の車両」などと「遭遇」してしまったとき、事故に巻き込まれ「死亡」するリスクが非常に高くなるからです。
ただ、「KYT(危険予知トレーニング)」のスキルと経験から、本人の警戒レベルが落ちていなければ、正確な判断ができれば、かなり大き「不運」が訪れても、それを回避できる、もしくは被害を最小限に抑えられる公算が高くなることも否定しがたい一つの「現実」です。

とにかく天に召される、または不幸にもペダルを回せなくなるその日まで、生き延びるための努力をし続けようと思います。
交通安全の維持ととその達成は、一過性の「特効薬」で劇的に得られることはなく、毎日の、常にその瞬間の絶えまぬ努力でしかえられないという「否定しがたい真実」と、常に向き合っていなければいけない物なのかもしれませんね。
nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 4

やっとこ

どうもです。
知識とスキルの向上はとても有意義ですね。
危険を知っているのと、知らない。
出来るからやらない。
これはとても重要ですよね[exclamation]
そして、その意識が大切だと思います。

しかし、知っているのにやる。
と言った行為だけは許せませんね。
by やっとこ (2017-03-26 17:46) 

soraneko

やっとこさんへ

避けたくとも避けられない事故も有るのですが、避けるどころか進んで危険を引き起こすなどは言語道断ですね。
スリルを得るために必要のないリスクを引き起こして楽しんでいる向きもありますが、よそ様に迷惑をかける時点で言い訳はできませんよね。
自転車も認知度が上がる事に比例して、注目や批判を受ける頻度も高くなりますから、自覚が必要になりますよね。
by soraneko (2017-03-26 19:31) 

大型中年

SORANEKOさんへ

かなり考えさせるテーマです。 だからと言って自分はこうするべき・こうしたいと思っていても、天に召される時が必ず来るので、その時にどう思うかですが、そんな薄っぺらな言葉は、死の縁をさまよっている時は、全く意味をなしません。
実は30歳・35歳の時にそれぞれ11時間・14時間の手術を経て命拾いして、こうやって生還させてもらいました。(いつかBLOGに書きます。大事なことは、念じれば何もできる! 本当に人生は素晴らしい!)
そんな時に、「自分の生きた証」「美しく楽しかった記憶」なんてカッコいいことは頭に浮かびません。 あるのは、恐ろしい絶望と、生を受けた人として「死にたくない」という一念だけです。
私もいつか、再度これを味わうだけだと・・・考えています。
私達が行える唯一の事は、死に旅立つ人の御冥福を、ただただ祈るだけです。 私もご冥福をお祈りいたします。

by 大型中年 (2017-03-26 19:38) 

soraneko

大型中年さんへ

会社の先輩にも大病から復活して今元気に就業されておられる方が居ますが、その方も「生還させてもらった」と、何かに導かれて生かされた命の事を考えるように成ったそうです。
2度もの大病からの生還は、僕には想像もできない世界で、それこそ何を言っても薄っぺらくなってしまいますね。
お亡くなりになられたサイクリスタの大先輩の方にはご冥福をお祈りするしかないのですが、多くのサイクリスタに「何か」を強く訴えて、気が付かせていただいたのだと、僕は思います。
by soraneko (2017-03-26 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る