So-net無料ブログ作成

400kmブルベ、ランドネ北関東完走! [イベント]

と、威張れるほどの内容ではないです。
27時間の規定タイムで25時間53分とギリギリでしたし、全身ボロボロになってしまいましたが完走は完走ですから本人は満足しています。
2週間ぶりの更新ですが、色々と忙しいことも有ったのですが、ブルベの用意に忙殺されて他に神経が回らなかったのと、そのあまりに過酷な内容に恐れをなして語るべき言葉を失っていました。

と、とにかく今はこれを書くのに精いっぱいで、たぶんこの後疲労困憊で2日程寝込んでしまいそうですので(苦笑)、詳細は連休中にボチボチと書いていきたいと思います。
nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう現地から全住民一時避難するべきでは? [危機管理]

勿論御叱りを受けることを覚悟でのタイトルです。
正直「自転車ブログ」にこういう事を書くことに本当に抵抗がありました。

一応災害に関してまったくの「素人」ではない立場ですので、うかつな発言や軽はずみな意見は慎もうという「自己保身」の感情が強くなっていたことは恥じ入るべきだとは思っています。
また、楽しそうに自転車の話を進めるのにも、「偽善者」とののしられようとも、強い抵抗感が有りました。

だけどもうここにきて黙っていられなくなりました。
勿論「地震学」「や「防災関係」のエキスパートではなく、学術的な裏付けが有っての話ではない事はお断りしておきますが、「熊本地震」で、四六時中「震度3以上」の地震に曝されて生活することが「尋常ではない」事は異論がないと思います。
被災者ではなくとも、正直今回この映像を見たり、「緊急地震速報」のアラームを聞いて「東日本大震災」の被災者が、当時うけた衝撃が「フラッシュバック」して、精神が不安定になったり体調が崩れている人も少なくないと聞きます。
まして、正直「地震に耐性のない」熊本の住民が、一週間近くこれだけの地震の中で避難生活をしていることは、それがいかなる理由が有ろうとも、「これ以上心身が持たない」のは明白ではないでしょうか!
この規模での「全住民避難」を命ずることの困難さは重々承知したうえで提案しています。
考えれば考えるほど「不可能」とか「困難」とか「前例がない」という文字が浮かびます。

ただ、今回の地震は「尋常ではない」地震災害であり、これから先何が起きるのか判らないのです。
表向きの「復旧」や「復興」を慌てれ取り繕うより、今は現地の住民の安全と生命を守るのが先決ではないぢょうか。
無論行政が、裏付けのない「最悪の事態」を想定して実行に移すことが出来ない事も不承不承理解はしていますが、ここで具体例は書きませんが、考えるのも恐ろしい「凶悪な最悪の事態」が想定されているという事は、多くの人達に知ってほしいと思っています。
タグ:熊本地震
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菜の花に囲まれての2016渡良瀬ミーティング [雑談]

本当に心から気持ちの良いサイクリングの季節がやっと訪れたという感じですね。
これから各種イベントや、ツーリングのお誘いなど、「お楽しみ」が梅雨入りまで続く、忙しくも嬉しいシーズンとなります。
本日もショップの企画イベントでは「三浦半島サイクリング」という魅力的なイベントが催されましたが、サイクリング教会の恒例行事「渡良瀬ミーティング」」に出かけてきました。
関東地方の各県のサイクリング協会の「同窓会」みたいなイベントで、ただ集まって雑談して記念撮影してハイそれまでよという「長閑な」イベントです。

僕個人的には別に目的があり、遠回りをすることで何時もより距離を稼げるので、トレーニングも兼ねての参加となります。
本日は4:00に自宅を出て、僕のコースの一つである、江戸川自転車道経由センチュリーライドに、渡良瀬遊水地を経由して、あわよくば180kmは走ろうという計画です。

流石に朝はまだ10℃に届かないくらいなので、防寒グローブでのスタートですが、そのほかは特に防寒装備を付けないで走ると、本当に身軽です。
5:00ごろに成ると今はもう明るくなってきますが、ややガスが低く垂れこめています。
2016渡良瀬ミーティング160410 001.JPG


本日はオーバー200km想定のペース配分のシミュレートも兼ねているので、急発進は厳禁で、MAX速度は28㎞/h程度に抑えて、その速度で巡航するように心がけます。
また、一時間おきに必ず短い休憩をいれて、極力体力と脚の消耗を抑える作戦です。
淡々と走って、ほぼ3時間ちょうどで、65km先の利根川に到着です。
2016渡良瀬ミーティング160410 006.JPG


この後対岸に渡り、関宿城記念館で休憩を取ってから、江戸川自転車道に入ります。
2016渡良瀬ミーティング160410 009.JPG


今回は河川敷は何処も「菜の花」がお出迎えしてくれましたが、此処はまさしく「菜の花ロード」という感じに成っていますね。
2016渡良瀬ミーティング160410 010.JPG


今回はナイトランのお供にAMラジオをハンドルにミノウラのスマホアダプターで取り付けます。
2016渡良瀬ミーティング160410 014.JPG

人工的な音がほとんどない、シーンと静まり返った田舎の農道をナイトランしていると本当にさびしいのですが、このラジオが鳴っているおかげで随分精神的に楽になります。
山道などでは「クマ避け」でラジオを鳴らして登る人もいますが、そういう使い方も想定しています。

江戸川自転車道は、国道125号線の橋の当たりを折り返すと、自宅からはちょうど160km位になりますので、一旦橋の袂のコンビニで休憩してから、今度は渡良瀬遊水地を目指します。
9時ごろにほとんど予定通り関宿まで戻り、今度は利根川を遡ります。
これまた1時間ほど走って10;00頃、120km走って予定通り渡良瀬遊水地の集合場所に到着します。
2016渡良瀬ミーティング160410 016.JPG

今回栃木県サイクリング協会のテントでは、廃業された自転車屋さんが在庫品のセールをしています。

お昼を食べて何時もの全体撮影をして解散となりますので、寒くなる前に帰りたいので帰路に付きます。
2016渡良瀬ミーティング160410 021.JPG

ここ「巴波川」は菜の花の名所として有名ですが、期待に違わず黄色い絨毯が風呂がっていますね。

結局本日は184kmをAV24.9km/h、13時間かかって走行しました。
走行時間自体は7時間22分くらいで、200km走行換算では、イベントでは10時間程度で走った事になります。
ただ完全に平地で風向きも良かったので、やや山岳ルートも入れると200kmのコースを11時間程度かかるのが今の僕の実力のようです。

これで400kmというと残り200kmを16時間で走ればいいわけで、単純に考えれば不可能ではないかもしれませんが、個人的にはまったく「未体験ゾーン」ですのでどのくらい体力や脚が残っているのかは計り知れません。
今は400km走らなければいけないという「恐怖心」が強く、そんな自分の弱気の心との「折り合い」を付ける戦いという形で、既に僕の「ランドネ北関東400km」は始まっています。
とはいえ泣いても笑ってもジタバタしても、イベント当日の朝はやってきますから(苦笑)、此処は潔く諦めて、早い事開き直って準備を進めたいと思います。



nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車のチェーンは自動車のエンジンオイルと同じ? [自転車部品]

と、タイトルの通りに言われているはご存知でしょうか?

どういう意味かと申しますと、要するに「こまめに変える方が良い」という事のようです。
自動車のエンジンオイルですが、「正常に作動させる」だけなら、結構長い距離を無交換で乗っていても大丈夫なようです。
日本人は神経質ですが、おおらかなアメリカ人なんかだと、気にせず何年も十何万kmも乗っているなんてことが珍しくなく、それでもエンジンが壊れないように純正指定オイルやエンジンは作られていたりします。
ただ、「本来の潤滑性能と清浄性能、保護性能」を保てるのは本当に最初のうちだけで、それはそれらの性能がベースオイルに混ぜられている「添加剤」に依存しているからで、この添加剤は直ぐに分解したり変質したりして効果が無くなってしまうからだそうです。
これは、市販されている値段の高い高級オイルも同じ理屈で、「高いオイルをケチって長い距離乗るなら、安い純正オイルをこまめに変えた方が良い」という話の根拠に成っています。

此処でやっと自転車のチェーンの話です。
僕の場合、最低でも年に一度はチェーンを交換しています。
年間の走行距離は8000km位ですが、数台の自転車を乗っているので、使用頻度の低い自転車は毎年替える事はありませんが、たとえばロングライドイベントなどに主に使うFELTの場合などは、半年走っただけでチェーンが伸びてきます。

どのくらい伸びるかというとこんな感じです。
長さを揃えて端を揃えます
自宅チェーン交換160409 004.JPG


並べて伸ばして行くともう一方の端はこのぐらい長さが違っています。
自宅チェーン交換160409 003.JPG

概ね「1/4コマ」程度伸びているようです。
この程度の伸びの場合、顕著に変速性能に悪影響はありませんが、1年位使っていると「1/2コマ」程度伸びていて、その場合「シャリシャリシャリ」という異音が大きくなり、明らかに変速性能が落ちてきます。
問題はこの「シャリシャリシャリ」という音で、明らかにスプロケやプーリーギア、アウターリングのと「あたり」で、微妙に位置がずれているためにこういう「打音」が増えていくわけで、それだけフリクションが増えて伝達効率が落ちているという事になります。

で、最初の「自動車オイル」との話に戻りますが、自転車のチェーンの場合、値段の差は何に由来しているかというと「重量と表面処理」だという話を聞いたことが有ります。
例えばロードで、「SORA系」と「デュラエース系」のチェーンの場合、上位機種に行くほど表面処理(メッキ)が良くなり、軽くなる(材質、処理が高級に)という事になります。
単純に走行性にどのくらいの差があるのかは何とも言えませんが、11S用で一番安いチェーンが2300円くらいで、高いデュラエース用が4800円と倍以上の差がありますが、105グレードだと3500円くらいで、性能に差が無いとは言いませんが、高いデュラのチェーンを後生大事に「シャリシャリシャリ」音をさせながら使い続けるのなら、違和感が有ったら即座に105グレードのチェーンに交換した方が、走りも快適ですし、ドライブトレーンの負担も少ないという事に成ると思います。

まあ、レースやヒルクライムなどに使う軽量なアルミ製のチェーンなどが15000円くらいで販売されていますが、僕個人はまったくその必要性を感じません。
ただ困ったことに、10速用のパーツはシマノの陰謀で(苦笑)、ハイエンド品のデュラグレードは廃版になり、アルテグラグレードは今のところ何とか手に入りますが、これから先は解りません。
自宅チェーン交換160409 005.JPG


ネットなどで色々な方のお話を検索すると、海外通販で在庫品を手に入れたり、現行品をストックしたり「誰が11速にするものか!」という固い決意がみとれます(笑)が、僕自身はそこまでは固執しているわけではありません。
とはいえまだまだ11速化は先になりそうで、今のところはアルテグラグレードのCN6701が手に入るうちは、こまめに交換していこうと思っています。


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春雨に濡れたロングライド [雑談]

最近本当に根性が無くなったなぁと思いますが、流石にロングライドを走った後はブログをまとめるのが結構シンドイ作業だったりします。
本日はブルベ仕様にした新装備の確認のために、本当は180km、あわよくば200kmは走ろうかと考えt見ましたが、午前中は雨に祟られて、170kmを走るのが精いっぱいでした。

それでも根性を見せて(笑)、4:00には自宅を出発して、ナイトライドのライト類の確認などをしてました。
今回導入したKCNCのハブライトブラケットは、振動によるがたつきや脱落を心配していましたが、まったく動く気配もなく安心してロングライドに使えるものでした。
シマノのカーボンソールのシューズも、新しい靴なので当たって痛くなるかなという予想に反して、極めて快適な履き心地でした。
今まではどんなシューズでも100km辺りからつま先がうっ血して痛みが出るのですが、恐らく「何もない」というシューズは、他製品の物も含めて初めてでした。

そういった意味では有意義なツーリングですが、午前中はほとんどしとしと降る雨に祟られ、本当は筑波山を周遊して笠間方面から茂木経由で帰ってくる予定でしたが、戦意喪失してりんりんロードを土浦まで往復して終わってしまいました。

7:00頃に何時もの岩瀬駅に到着します。
もう陽は上がっているハズですが、厚い雲のせいでまだ薄暗い感じです。
土浦160403 004.JPG
土浦160403 002.JPG


此処の桜はほぼ7分咲きという所で丁度見頃ですね。
土浦160406b 023.JPG


既に路面は濡れていましたが、此処からの往復はほとんどジトジトした雨に祟られてしまいました。
あまり食欲もなかったのですが、つくばのコンビニで休憩です。
と、ここのコンビニはなんとジャムパンが有りましたよ!
土浦160403 007.JPG

安い菓子パンの定番で、「イチゴ味の水飴」ではなく、ちゃんと果肉が入っている美味しいジャムパンでした。

全く筑波山もこの有様です。
土浦160403 008.JPG

寒くないのが唯一の救いで、多少濡れていても寒さを感じ無い限りにはなんとか走っていられます。

ここも満開で見頃ですが、返す返すも天気が残念ですね。
土浦160403 009.JPG


結局岩瀬に戻った時間は11:00頃と何時ものタイムスケジュールで、2時間早く自宅を出て、40㎞余分に走った感じになりました。
何時ものように益子でランチをとって、帰路に付きます。
土浦160406b 028.JPG

流石に菜の花も盛りで、強い南風に運ばれたのか「ツバメ」も初めて見ました。
ようやく春が来たという実感が湧きましたが、のんびり走ったというのにヘロヘロに成ってしまいました。
多少装備品が増えた(2~3kg)とはいえ、こんな感じで本当に400kmも走れるのでしょうかね。
まあ、何とかしましょう!(笑)
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

特殊詐欺被害の影響で、固定電話の番号を変更する! [危機管理]

しかし本当に「不幸な時代」だと思います。
古来我が国は「性善説」で成り立っていたはずだと認識していますが、いまや「他人を見たら詐欺師と思え」と言いきれるような「性悪説」がまかり通る世の中に成っています。

特に「黒電話」たる固定回線も電話は、「かかってくるのはインチキ商売か詐欺師ばかり」という感じで、特に最近目立つのはネット関係の「通信回線」業者の、詐欺まがいの勧誘電話で、本当に辟易してしまいます。
一時「ヤ〇フ〇B〇」の代理店が「NTTから委託を受けて」とか「回線スピードが変更されてルーターの交換が必要」云々で、ほぼ「騙して」契約させようという電話が「わんさか」かかってきましたが、最近は「s〇‐n〇t」系の代理店辺りが同じ手口で仕掛けてきます。

僕はこの業界の内情に詳しくないのですが、実は企業の名前は変っていても代理店契約をして現場で詐欺まがい行為の回線押し売りをしている連中は、同じ連中なのでは?とも思ってしまいます。

話は変りますが、真にお恥ずかしいお話なのですが、実は我が家も「特殊詐欺被害」を昨年受けました。
被害額は思いだしても気を失うような金額を詐欺師に差し出してしまったのですが、これをもって僕は新型のTREKエモンダSLRを買う事はほとんど不可能になってしまいました(苦笑)。
おかげさまで「節約生活」を送る羽目になり、ある一面これからの経済減速に備える事も出来ていると、極めて前向きに考えることにしていますが、返す返すも「腸が煮えくり返る」思いです。

で、被害者は困ったことにまた被害に遭うという話も実は「真実」であり、巧妙にまた「罠」を仕掛けるべく、犯人グループか、裏世界に流れた「おれおれ詐欺に引っかかった馬鹿な老人リスト」を見た別グループから、固定電話を通じて接触を図ってきました。

ここまで書いていて、まるで他人事の様な、まるでドラマのようなことが本当に自分の身に起きるものなのだなと、改めて驚いています。
いやいや!、呑気に驚いていては、新しい自転車を買うどころか、資産を根こそぎ持って行かれる羽目になってしまうので、気を取り直して対策を施しました。
と言っても、固定電話の「電話番号」を変更しただけなのですが、実は30年以上使っている電話番号であり、当然のように色々な申込みや登録をしているわけで、それを変更する手間が面倒でためらっていましたが、詐欺師の見え透いた「猿芝居」に再び疑う事もなく「コロッと」」引っかかる、我が家の認知症老人の姿を見て、問答無用で警察に連絡して、電話番号の変更手続きを取りました。

実は、以前の電話番号ですが、なんとネット上で検索をかけるとご丁寧に実名と住所が出ていたのです!
色々調べたら、なんと昔発行された「タウンページ」を集めて、そこに掲載されている電話場番号をネット上に公開している輩がいることが解りました!
もはやこの世の中、その秘密を知ろうとする輩に隠し通せる「個人情報」は無いのかもしれません。

ま、何はともあれ電話番号を変更して我が家は静けさを取り戻しました(苦笑)。
やむ得ず変更手続きが必要なカード系や一部業者以外には知りうるはずのない固定電話に「見ず知らず」の詐欺師から電話がかかってくれば、情報漏えいのルートはかなり絞り込まれると思います。

とはいえ、変更申し込みの件数の多さと、関係者への連絡の手間に本当にうんざりしています。
これで無駄な時間と手間がかかること自体、これも「特殊詐欺被害」の一つなのかもしれませんね!。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ランドネ北関東400kmエントリー!、備え有れば憂い無? [雑談]

とあるサイクリスタとお話した時に、「ブルベは装備にお金がかかるから、ナイトライドのある300km以上は出る気がしません」というご意見を聞いたことが有りました。
たしかに200kmまででしたら、天候などの条件が良ければ通常のツーリングやトレーニングの延長線上で、「ジャージのポケットに装備を詰め込んで」レベルで参加しても大丈夫かとは思います。
しかし、場合によっては人里離れた郊外を夜間走るとなると、かなりのトラブルを想定した装備品や、また気候の変化に対応して、「人間様」のケアのためのウェア類や雨具、サプリメントや補給食等、「リスクマネージメント」を考えれば考えるほど、どれだけ装備を整えても安心できないというのが本音ではあります。
とはいえ、その増加した装備品の重量は、「エンジン」たる自分の負担に成ってきますから、「切り捨ての美学」ではないのですが、どこまで絞り込むというのがポイントなのかもしれません。

さて、今月末の4月29日に、「ランドネ北関東400km」という、群馬県、栃木県、茨城県を周回するコースのロングライドイベントに出場します。
昨年始まったこの大会ですが、昨年は佐渡ロングライドを予定していたので見送りましたが、今年はこちらに参加すべく、色々と準備を進めてきました。
昨年は参加資格はありませんでしたが、今年は「オダックスJAPAN」公認の、正式なブルベイベントとして登録されましたので、過去にブルベの参加実績がないと申し込めない規則に成っていました。

さて、個人的にまず困ったのが、事実上「夜通し」でナイトランするためのライト類の装備です。
手持ちのライトは明るいのですがUSB充電タイプで、最大4時間しか持たないもので、以前「初日の出ライド」で午前0時から、7時近くまで走行した時は、ライトを交換しながら走行しました。
ただ今回は10時間近くはナイトライドが予想され、またトラブルが有った場合などの事を考えれば、出先で入手可能な「乾電池」を使うライトも有った方が良いとの事で、以前購入したIPFのX-FORCE CYH-04という、単三電池4本を使うライトを装備することにしました。
これだけ電池を使うだけあって重いのですが70時間の連続照射が可能なものです。
装備方は、フロントバックを付けてしまうので、ハンドルに付けることが出来ないので、フロントのクイックリリースのねじに付けるKCNCのアダプターを使います。
自宅160402 001.JPG


クイックのねじ側を外してねじ込むものです。
自宅160402 002.JPG
自宅160402 003.JPG


これにX-FORCE CYH-04を取り付けました。
自宅160402 004.JPG

自宅160402 005.JPG


このライトは最新のキャッツアイのライトと比べるとLEDの明るさ自体は大したことはありません。
自宅160402 006.JPG

ただ、自動車のアフターパーツや競技用のライトで有名なIPFの技術で、リフレクターの設計が優秀で、まんべんなく配光される感じの照らし方なので、低いところから路面を照らす効果も考えました。

ライトやサイコン、フロントバックを装備するとこんな感じになります。
自宅160402 007.JPG
自宅160402 008.JPG


あと、万が一の場合に備えて「輪行バック」も必要になるので、ボトルゲージに入れて、走行中に外れないように梱包テープで固定してしまいました。
自宅160402 017.JPG

これを取り出すときは「終了!」ですからね(笑)

バイクはとりあえずこんな感じですが、今回からSPD-SLのシューズも久々に新調しました。
自宅160402 012.JPG
自宅160402 011.JPG

疲れないように軽量で、伝達効率を考えて固いカーボンソールの物にしました。
今やスペシャライズドやMAVICなど選択肢が沢山ありますが、経年劣化を含めた耐久性で、「結局最後まで持つのはSHIMANOだね」という事で、SHIMANOのシューズにしました。
まあこの辺りは、値段やデザインなど色々ありますが、布地や縫製で「結局最後まで持つのはパールイズミだね」と同じ感じです。

で、クリートを取り付けますが、僕の場合は左足が若干短いので、「シム」で調整して「嵩上げします。
自宅160402 010.JPG
自宅160402 015.JPG


これは1mmのシムが1枚と、2mm2枚入ったシマノのスペーサーです。
自宅160402 013.JPG

これが出てきたのは最近の事で、その前は結構良い値段の外国製品しかありませんでした。

所謂スペーサーですので、デフォルトのビスでは長さが足らなくなるので、長いビスも入っています。
自宅160402 014.JPG

これで900円程度の物ですが、効果は絶大です。

でこれの締め付けはトルクレンチを使います。
自宅160402 016.JPG

別にトルク管理をするわけではなく、しっかり締め付ける為です。
これに限らず部品の締め付けも「アーレンキー」では、しっかり締めたつもりでも締め付けが足らないことが有り、緩んでしまう危険性もありますので、6000円~手に入るものでほぼ一生使えますので、お試ししてみるとを進めます。

最後にフロントバックに入れるパンク修理関連の物をファスナー付のビニール袋に小分けします。
自宅160402 018.JPG

この辺りは雨天走行することを前提した処置ですが、悪天候の中400kmも走ることを正直想像もしたくないのですが(苦笑)。

一応これで本戦を想定した装備はそろった感じで、明日雨が降らなければナイトライドも含めて出来ればオーバーセンチュリーライドで確認をしてみたいと思っています。
えっ?、本線想定なら雨の中を走った方が良いんじゃないかって?
勘弁してくださいよー!!




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る