So-net無料ブログ作成

ハーフセンチュリー茨城のお手伝いで大失敗! [イベント]

本日は日本サイクリング協会主催、茨城県サイクリング主幹のイベント「ハーフセンチュリー茨城」のお手伝いという事で、スタッフ側で参加させていただきました。

イベントとしては、茨城県冷地大宮市にある、那珂総合公園を拠点に、常陸大宮市や常陸太田市の山野の郊外路で、80kmと40kmのコースを走るロングライドイベントです。
コースはこのようなコースになります。

距離は100kmに満たないとはいえ、この辺りの郊外路は平坦な道の方が少ない位で(笑)、険しい峠道が有るわけではないにせよ、アップダウンが間断なく続くコースですので、結構侮れないコースです。

本日は今シーズン一番の寒さに突然冷え込みましたが、雨が降る心配は無いようで、雲の間から薄日が差して来れば気温もそこそこ上がるでしょうし、予報が外れて風もほとんど無いという、絶好のサイクリング日和で、僕も是非走りたいくらいですが、参加者の方が気持ちよく走れるようにサポートさせてもらいます。

一般の受付時間は7:00からで、出走は8:30からになりますが、スタッフは7;00までの集合となります。
例によって気の早い僕は6:00には現地に付いてしまいましたが(苦笑)、会場はもう設営が進んでいて、自分の分担である交差点の「立哨」までは時間が有ったので、そのほかのお手伝いをしています。

6:30前にはまずスタッフのミーティングが有り、理事さんからの激励の挨拶が有ります。
2016茨城ハーフセンチュリー161030 009.JPG
2016茨城ハーフセンチュリー161030 008.JPG


8:00には現地に向かって立哨に立たなければいけないので、それまでは会場入り口で交通整理などをしていますが、参加者の方が続々と集まってこられました。
2016茨城ハーフセンチュリー161030 010.JPG
2016茨城ハーフセンチュリー161030 011.JPG

ここで茨城のイベントでお会いする顔見知りの方や関係者などとお会いすることになり、ご挨拶をさせていただきます。
ブログを読んでいただいていらっしゃる方々も、何時もと違うカッコのはずですが、まあ確かにこんな「どすこい体型」の自転車関係者はあまりいないので、見つけていただいてご挨拶を頂きました。

この後一緒に立哨される茨城県サイクリング協会の先輩の方と現地に移動します。
今回立哨を任された場所は、常陸大宮市の八田という所で、ここは40kmコースの29.8km地点の交差点で、常陸大宮市街地の北側で、国号293号線とJR水郡線、久慈川を渡ったところにあり、コースが右折するポイントなので、その誘導と交差点での安全確保、「二段階右折の励行」等が任務になります。
2016茨城ハーフセンチュリー161030 012.JPG
2016茨城ハーフセンチュリー161030 013.JPG

車は角のお店に置けるように予め連絡がされていますが、到着してご挨拶をしておきます。
こういった方々の協力が有ってイベントが成り立つわけで、また事前に細心の配慮をするスタッフの準備も大変なことが解ります。

ハーフコースのスタート時刻は9;00近いので、少なくとも1時間30分は懸かるとすれば、10;30頃までは来ないものかと世間話などしつつ待ち構えていましたが、参加者で無いサイクリスタや、80kmコースから外れてショートカットしてくる参加者などもいました。
あと、地元の方々にしてみれば「いったい何が始まるのですか?」という事になり、まあ次から次へと通りかかった方や、商店の自販機に買い物のに来た方が問いかけてきますが、こういう方に丁寧に説明して、理解を得るのもスタッフの重要な仕事になります。

ハーフコースの参加者は30人弱で、数千人が引っ切り無しに通過するわけではないので、時々参加者が現れる程度ですが、油断なく通過する参加者の誘導に努めます。
が、お昼ごろには参加者すべて通過して「お役御免」となったので、お昼を取って会場に戻ります。
とはいえイベント終了まで時間が有るので、先輩の方と他の仕事を頂き、会場周辺の案内の看板を撤収する事となりました。
自動車には何時でも走れるようにとFELTを装備を積んでいたのですが、まあこの余計な判断が今回仇となってしまいました。
看板を積むためにFELTをルーフに搭載したのですが、回収した看板を会場に運び入れようとスタート地点に戻ってしばらくすると「ビリビリドガシャン!」という音が周囲の絶叫と共に聞こえてきました。
何が起きたのか俄かに解らず自動車を見ると、ゴールラインの垂れ幕をFELTが突き破って、支柱毎なぎ倒してしまったようでした!。
しかも、ゴール付近で休憩していた参加者が、倒れた支柱の巻き添えを喰って、転倒してしまいました。

久しぶりに頭が真っ白になりましたが、幸いなことに怪我は無く済んだのは不幸中の幸いとは言え、参加者に迷惑をかけてしまったのは、本当に痛恨の至りで、反省してもしきれません。
この場を持って、改めて参加者の方と、茨城県サイクリング協会及び関係者の方に深くお詫びいたします。
現在今もってひどく落ち込んでいる状態でブログを書いている場合ではないのですが(苦笑)、責任は自分にありますし、事後処理も含めて真摯に対応するつもりであります。
またこんなドジ親父ですが、また使って頂ければ、今回のリベンジの意味含めて一生懸命使えさせていただきます。

とまあ個人的には散々でしたが、イベントそのものは交通事故や怪我人、不明者などなく大成功に終わりましたので、その点はホッとしましたがそれだけに自分の失敗が悔やまれます。
とは言え悔やんで落ち込んでいるだけでは、何の責任を取った事にもなりませんから、今回の経験を活かして、気を引き締めて一層頑張っていきたいと思います。
今回は大きな大会でのほんの一部のお手伝いでは体験できなかったことや、知らなかったこともたくさん勉強できましたから、今後の活動に生かして行こうと思います。

nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コスモスに誘われてのんびりと筑波路に [雑談]

というような呑気なタイトルが似つかわしくないほど良い意味でも悪い意味でも騒然としてしまった本日の宇都宮です。
ジャパンカップで盛り上がったという事「だけ」なら良かったのですが、宇都宮の中心地で爆発で犠牲者が出たという大事件が発生(ブログ投稿時は詳細不明)したようです。
個人的には喧騒が好きではないので、中心地で開催お祭りもジャパンカップにも背を向けて、のんびりといつものルートのツーリングに出かけましたが、なんとも後味の悪い一日でした。
ちなみに、人の集まるところには出来るだけ近寄らないというのも、立派な「危機管理」になります。

さて、相変わらずの夜勤明けで、休日は就寝サイクルが狂うので大変なのですが、体調は奇跡的に絶好調なのは、夏場からの「イベント参戦体制」で、体調管理には最新の注意を払っていたのと、緊張感の賜物なのだと思っています。
なんというかこの緊張感がプツッと切れてしまうと、毎回心身に変調をきたして「絶不調だぁ!」と騒ぎ出していますね(苦笑)
毎週末をほとんど練習とイベントに費やしていると、他の楽しみに心が動かされる事も多く、「ああ、のんびり温泉にでも入りたいな」とか「趣味の飛行機を見たり、乗り鉄をしたいな」なんて思うのですが、これが現実にやってみると、もはや以前ほど面白くも無くなってしまった感じで、帰りの電車の中で「こんなことなら一日走っていれば良かった!」と後悔したりしているので、もはや走れなくなる日まで、もう走らなくていいよと天に囁かれるその日ま、で走り続けるしかないようですね(苦笑)

と無駄に長い前置きはいつものことなので勘弁してもらうとして(笑)、本日は2:30起床で、準備を整えて4:00に自宅を出ました。
自宅を出るときは12℃くらいの外気温でしたので、ウェアは文句なく、薄手の長袖ジャージにして、インナーは無しで、厚手の反射ベストを着込んで、「走り出すと肌寒さを感じるが、温まって丁度良い」感じでした。
もう未明に出て真っ暗な中を走る「ナイトライド」も慣れたもの・・・・というより車も無く静寂の中走るのは嫌いではありません。

日の出は5:57位ですので、5:30頃には明るく成ってきましたが、低い雲が散見されますが、まずまずの天候で、遠くに朝もやから顔を出した山々が見えてきます。
IMGP0151.JPG
IMGP0153.JPG


シーズンオフですから、目を三角にして息を切らして走ることも無いとばかり、意識的にペースを落として走りますが、困りました(笑)、本当に絶好調で、このままセンチュリーライドでもブルベでも、思う存分楽しめる感じです。
自分の場合実戦を重ねてコンディションを整えて行く方なので、今現在調子が一番良いのは当然とも言えますが、今のところ毎日30分は流す程度とはいえ「3本ローラー」で汗を流しているのも効いているのでしょう。

何時もであれば間違いなくオーバーセンチュリーライドを目指して霞ヶ浦まで行くところですが、本日は次第に北風が最大7m/sまで強くなるという予報ですので、復路のペースダウン分を計算して、160kmの行程にします。
筑波山脈は麓がうっすらとした靄が覆っています。
IMGP0155.JPG


本当に調子が良く、休憩などしないでドンドン走れてしまう感じですが、これが実は「罠」で、定期的にしっかり補給しておかないと、後半必ずバテて酷い目に遭います(笑)。
という事で、何時もの筑波登山道口で休憩です。
IMGP0124.JPG

ちなみにオニギリは冷たい物より温めた方が栄養が良く吸収されるそうです。

今回は他のバイクをセットアップしている時間が無かったので、ホイールをレーゼロに入れ替えて、軽く汚れを落としただけで、300kmを走ったままのターマックです。
IMGP0160.JPG

今年の夏以降のイベントで大活躍してくれたターマックですが、そろそろ整備をして「冬籠り」の時期で、来年のブルベまではしばらくお休みの予定です。
以降平地主体のノンビリツーリングがメインとなるとターマックの性能はまったく必要が無く、というよりさすがレーシングバイクで、バイク自体が「早く走れ!」と要求してくるようなところがあるので、ノンビリ走るのには不適格で、そろそろ「パナチタン」の出番となります。

さてりんりんロードを先に進みますが、土浦手前の新治という所で丁度80kmを指したので、ここで折り返します。
折り返した途端に北寄りの風がブワゥと襲ってきて、がっくりペースが落ちますが、4時間ほどをAV26,2㎞/hで来ましたが、メーター上25㎞/hを出すのがせいぜいで、風の強弱に合わせてHRと強度を一定にする感じでペースを落とせば、向かい風でもそんない苦しくなく進むことは出来ます。

門前の北風にあえぎますが後門からは温かい日差しが後押ししている感じです。
IMGP0126.JPG


とは言え落ち葉が道に溜まっていたりして秋の深まりも確実に感じますね。
IMGP0127.JPG


9:00に筑波山登山道口、10:00に岩瀬駅と、まるで計ったように(はかっているのですが)通過していき、益子に向かいます。

益子は新しい道の駅が15日にオープンしたと聞いたので寄ってみます。
IMGP0130.JPG

綺麗な建物が出来ましたねという感想だけで、それ以上の物はありません(苦笑)
オープンしたてという事で、「とりあえず見に来た」というお客さんをさばくをだけで精一杯という感じで、まあこれからでしょうね。

此処から北上していくと、「コスモス祭り」とい看板が見えますので寄ってきます。
IMGP0166.JPG
IMGP0171.JPG
IMGP0187.JPG
IMGP0191.JPG

もう本日が最終いだという事で、なんとなく疎らに成った感じで、最盛期に見に来たかったですね。

この後ランチを頂いて、それでもまだ正午前ですので何時ものルートから外れて、真岡鉄道沿いをノンビリ北上します。
遠くにSLの汽笛と煙が見えるその上空は、何故か次から次へと航空自衛隊の戦闘機のF2やF15が編隊で飛んでいるのが何ともアンマッチな光景でした。
恐らく来週27日に、埼玉県朝霞市の「陸上自衛隊朝霞駐屯地」で行われる恒例の「観閲式」で、上空を編隊で経過飛行するのですが、本日はおそらく「予行演習」だったと思います。
自衛隊の機体はエンジン音を聞いただけでほとんどの機種は判別できるくらい、20年かけて日本中の自衛隊の基地の「基地祭」を見て回ったもので、この音を聞くと血が騒ぐのですが、今年はどの基地祭も一度も行けませんでした。
例年だと観閲式当日、栃木県の「渡良瀬遊水地」で待っていると、栃木県内で順番待ちの「ホールド」で、指定エリアで旋回をしていた機体が編隊を立て直して、朝霞駐屯地への進入コースに乗るので、それを毎年ノンビリ眺めに行くのですが、来週は茨城県サイクリング協会主催の「ハーフセンチュリー茨城」のお手伝いに行くことに成っています。

最後に職場の近くの「芳賀安住神社」で安全祈願をして帰宅しました。
IMGP0133.JPG

神社は住んでいる所や働いてい所の近くの神社が、当然その付近をお守りしていただいているわけですから、会社での安全を祈願するとなれば、当然そこを縄張りにしている神社に詣でるのが当然となりますが、個人的にはここ芳賀安住神社に佇むと何故か心が落ち着くんですよね。

なんだかドンドン自転車生活一色に染まって行く感じですが、こういった充実した私生活あってこそ、頑張って働けるという物で・・・・てウソ臭いですか(笑)



nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

那須ブラーゼンをクラウドファンディングで応援! [雑談]

こんな事を言うようになったのは確実に年寄りになった証拠です。
最近「いい時代になったねぇ」とよく仲間内で話していますが、何が良くなったと言って、自転車乗りが田舎を走っていると「なんだいアンチャン、そのカッコは競輪選手ケ」と、強い故郷訛りで聞かれていたものですが、ここ栃木県は最近、「なんだいアンチャン(こちらもオヤジなのですが)、おめー宇都宮ブリッツェンかい」ときかれる、つまりロードレースというものが多少なりとも認知されるように成った事なんです。

自転車ブームと言われて久しい昨今ですが、ここ栃木でこれだけ認知が進んだのは、言うまでもなくプロロードレースチームの「宇都宮ブリッツェン」が、地元密着型の活動を地道に続けてきくれたからです。
僕個人的には、実はロードレース自体は、そんなに熱中するほどの興味はない方なのですが、こと宇都宮ブリッツェンの活動だけは別次元で、強く応援させていただいています。

さて栃木県にはブリッツェン以外にも2つプロロードのチームがあって、一つは企業有志のチームですが、もう一つは栃木県那須町で、町ぐるみでその活動を支えている「那須ブラーゼン」というチームです。
地元密着型として活動していて、その成り立ちから言って宇都宮ブリッツェンの兄弟分という感じのチームですが、発足されてから日が浅いということもありますが、実はブリッツェンほど一般の方々には認知が進んでいないというのが現状で、そうなるとやはりスポンサーの獲得とかに苦労していることは想像に固くなく、運営自体は厳しいだろうなと思っいました。

で、やはり資金が足らなくなって、チーム運営が厳しくなったということで、最近流行りの「クラウドファンディング」を利用して、地元メディアやイベントなどで広く応援を呼びかけていました。
僕自身、企業ベースでのスポーツ活動や、個人ベースでのレース活動とかには、各々目的があってのことで、協力する理由もないなぁと思っていますが、やはり地元密着型で、単に競技の成績だけでなく、普段から地元の自転車振興などに汗を流している彼らの姿を目の辺りにして、これは応援しなければ男が廃るという事で、些少ながら今回のクラウドファンディングに参加させていただきました。

まあ、一口いくらでいろいろなコースがあって、僕はブラーゼンオリジナルの半袖ジャージを購入することになり、本日お礼文とともにその商品が届きました。
これがお礼文です。
ブラーゼン.jpg

ファンディングは成立して、目標の金額以上の申し出があったそうで、なんとか今年の資金繰りは目処がついたようです。

申し込んだジャージですが、実は僕が昨年来練習用として買った「パチモノ」の安いジャージは、見栄えはともかく、特に発汗性能に関しては、値段にして4倍もするとはいえ流石国産の「パールイズミ」のジャージには敵わないようで、特に今年の夏のように湿気が強い環境での使用で、不快感が強く、「本番用」としてパールイズミのジャージの購入を検討していたので、ちょうど良いタイミングでした。
IMGP0118.JPG
IMGP0117.JPG

まあ、届いた時には既に衣替えが終わっていたので(苦笑)、来年のお楽しみといったところでしょう。
「SAXO BANK」カラーなのも、ターマックがSAXO BANXカラーなのでちょうど良かった感じです。

注文してから発送されるまで随分時間がかかったような気もしますが、まあ初めてだったでしょうし、僕個人は全然気にしていません。
一緒に送られてきたサイン入り色紙ですが、発送の不手際で角が少し折れていまして、恐らく強い抗議があったようでお詫びのメールが来ましたが、一般の商品を企業から買うのではないのですから、応援してるという認識があれば、多少の事は多めに見ればいいと思うんですがねぇ(苦笑)
IMGP0113.JPG

まあ僕自身がアバウトな人間なので、鈍感なだけなのでしょうが、「金お払ったからお客の立場で言いたい放題」という輩に関しては、非難はしないですが、少なくともお友達にはしたくないです(苦笑)
ホラ、また余計な「敵」を増やしてしまいましたね(笑)。

ま、何はともあれ「今年は」何とかなったとは言え、基本的にスポンサーとか資金繰りが苦しいことには変わりはなく、今後も宇都宮ブリッツェン共々、那須ブラーゼンも強く応援していきたいと思います。
その「志」を無にしないためにも!


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初体験300kmブルベ!、BRM1015栃木路300kmに参加 [イベント]

考えるまでもなく、9月から毎週自転車イベント三昧なのですが、その最後を飾るのが今回参加した、宇都宮AJさん主催のブルベ「BRM1015栃木路300km」になります。
最後というのは説明が必要で、このあとも「ツールド小山」や「セオフェスティバル」、「ポターリングましこ」に参加しますが、「ツールド小山」はどフラットの80kmコースで、お楽しみツーリングですし、「セオフェス」の4時間エンデューロは、サーキット走行と、お祭りの「出店」を楽しむのが目的ですし、「ポターリングましこ」は字の如くポタリングで初冬の益子の里山とグルメを楽しむのが目的になります。
で、ある意味「自分試し」の総決算として、今回のBRM1015が今年最後の「チャレンジ」となります。

一応AJ宇都宮のHPの紹介では「初心者向け」となっていて、比較的平坦なルートとのことで、いきなり15%勾配の続く渓谷を夜中に走るような過酷なコースではない事は間違いないようですが、果たして?
これが実際走ったルートになります。
BRM1015宇都宮300kmコース.jpg


この青い線が実際走った高低差のログになります。
BRM1015宇都宮300km高低差2.jpg

コースの多くはツーリングやイベントで何度もは走ったことがあったり、少なくともドライブでは行ったことがある場所ですが、嫌な予感はします(苦笑)。
ルートラボ上での獲得標高は2148mとなっていますが細かいアップダウンが随所にちりばめられているので、こんな数字では済まないでしょう。

さて毎度のことながら、こういう場合走るのに専念していて、ろくな写真も撮っていませんので、文字だらけになることはご勘弁を。
1、~スタート
このところ夜中の勤務シフトで、土曜日のイベントは出られないので、職場のご好意を受けて前日に休暇を頂いて準備します。
準備とっいても、基本的な自転車の整備や装備品はこのところのイベントに使っていたり、先週のうちに済ませておたので、主に「自分の体のメンテナンス」が中心になります。
深夜勤務だと睡眠時間が不足気味になるので、前日とにかく睡眠を取って、炭水化物類を多めにとって翌日に備えます。
4:30に自宅を出て、会場になる「宇都宮森林公園」に5:00に到着しますが、既に多くの参加者は到着済で、会場近くの駐車スペースは「満車」でしたので、少し離れたところに車を止めます。
来る途中自走で会場にくる参加者も少なからずいて何台か抜いていきましたが、これから300km走るというのに自走で来るというのもすごいですよね。
バイクと装備を用意して、出走の手続きを澄ますと、宇都宮AJの会長さんから説明があります。
IMGP0092.JPG

ここで何人かの方に声をかけられたり、ショップのチームの「ロングライド班」の方々と挨拶をしたりしてあっという間に時間が過ぎます。
見渡すと「ランドネ北関東」の文字の入った反射ベストを付けている参加者がかなりいて、当然400km以上の走行実績があるわけで、流石に300kmのブルベに参加してく方々は「危なっかしい」人はあまり見かけず、みなさんベテランのロングライダーが集結しているという感じです。
今回のブルベは宇都宮主催のブルベとしては今季の最終戦になるので、多くの参加がいるようです。

2、~第1CPファミリーマート塩原温泉店までの72km
第一ウェーブで、車検を済ますと三々五々に6:00に出発します。
コースは森林公園から鶴CCの長い坂を下って国道293号線に入るいつものルートです。
坂を下りきって田園地帯に出ると、ちょうど朝日が出てきました。
IMGP0095.JPG

今日は一週間前から天気予報で晴れのマークしかないという、今年としては珍しく天気の心配のないイベントで、「宇都宮AJのイベントは天候が荒れる」という汚名返上の(ゴメンなさい!)晴天微風の絶好のイベント日和です。
ただ大陸の高気圧が優勢ということは北寄りの冷たい空気が流れ込んでいて、晴天の放射冷却も手伝って、北関東は今年一番の寒さとなりました。
コースはここから山沿いのダムの道を経由して国道119号を横切り国道121号「会津街道」に向かいます。
IMGP0096.JPG


アップダウンはあるものの基本今回のコースの最高高度地点の塩原温泉に向かう「尾頭トンネル」まで登り基調のルートになります。
早い人は第一CPまでAV23.8/hkm、3時間で到達するコースですが、なにせこちらは「どすこいライダー」ですから(苦笑)、ひたすら上りのコースはAV20km/hを切らないのが目標です。
この鬼怒川温泉、川治温泉を通過して五十里ダムまでは、先日出場した「日光ロングライド」で走ったばかりのルートでですが、前回ほど苦しい感じはしませんでした。
基本インナーでのろのろ登っていただけですが、やはり気温が低いことが効いているようです。

今回半袖ジャージと短パンで、ロングのインナーを着ただけという、季節感を無視したカッコでの出場で、みんなからも「寒くないの」と半ば呆れたような顔で尋ねられたりしていましたが(笑)、0.1tの重量を動かす筋肉を動員すると発熱量も大きいようで、個人的には冷却が効いていて「熱ダレ」しない今くらいの気温が一番パフォーマンスが出るようです。

五十里湖を過ぎて「上三依」というところから右手の山に登り、国道400号を進んでいきます。
そこそこの勾配はありますが、早い参加者にぶち抜かれるのはいつものこととは言え、そんなに他の参加者と比べて見劣りする感じでもなく、標高810mの「尾頭トンネル」をくぐります。
結構長いトンネルで、一人で走っていると事故に遭うのが不安だったので、一緒に上ってきた数人とトレインを組んでトンネルを通過します。
ブルベライダーは前照灯や後方の赤色灯など、万全のナイトライドの装備がされていますが、集団で走行したほうがより目立つので、危険性は低下します。
まあ、ドライバーから見れば邪魔者であることは言うまでもありませんが(苦笑)。
あとは下りで第一PCの「ファミリーマート塩原温泉店」には3時間30分、AV22.1km/hという望外のタイムで到着しました。
ブルベのCPはコンビニのレシートで確認となりますのでドリンクとウィダーインを買って、補給をそそくさと済ませて、体が冷えないうちに第二CPに向けて出発です。

3、~第2PC「セブンイレブン那須伊王野店」までの48km
ここから塩原温泉街を抜けて「箒川」沿いに関谷というところまで、基本下り基調なので快調に飛ばします。
関谷で県道30号に左折して那須高原を横切ってりんどう湖付近まではゆるいアップダウンがあり、右折して国道4号線を横切って、東北本線JR黒田原駅付近までは下りになります。
このルートも「那須ロングライド」などでほとんど走った「見知った路」ですので、下りで快適なこともあり、気分良くペースを挙げられます。
黒田原を超えるとアップダウンがあり、11:30にはAV28.14km/hで第二PCの国道294号線沿いの「セブンイレブン那須伊王野店」に到着です。
ここもそそくさと補給を済ませて11:45あたりには第3PCに向けて走り出しました。
予定ではここを12:00に通過できればかなり早めに進めると踏んでいたので、上場の出来です。

4、~第3PC「セブンイレブン二宮バイパス店」までの82.3km
さてここからはひたすら国道294号を南下してまず茂木町まで向かいます。
まあ、ここもお馴染みの道ではありますし、中間地点の那須烏山市の市街地までは基本下りのルートなので、ペースを稼げるところではありますが、どうやら南風の向かい風で、下りの割にはペースが上がりません。
本日は風に関してはコースの方向に大して終始向かい風になるのは確認していましたので、「いあやだなぁ」とは思いますが、基本一部山岳部を除けはそんなに強風ではなかったのがせめてもの救いでした。
今年の「ランドネ北関東」東回りコースは200kmほど向かい風で、挙句の果てに平均11m/sという向かい風の中、インナーで20km/hも出ない中を喘いでいたことを思えばなんてことはありません。
こうやってブルベライダーはどんどん過酷な環境に遭っては、次第に頭の線が何本もキレて、どんどん世間離れしていくのでしょうね(苦笑)。

国道294号線は、最近流行りの「酷道」というほどではないのですが、さすが「三桁国道」の名に恥じない地方のローカル国道で、特に北に向かうと「ええっ!これが本当に国道なの?」というような道もありました。
流石に最近は若干整備されましたが、山の中を縫って作られた道は、結構アバウトに山を舐めるように作られた、いやらしいアップダウンが結構有り、那須烏山市街を抜けると、もてぎ付近までは、ダラダラと登っては下るの連続で、結構足と体力を消耗させてくれます。

とはいえ「勝手知ったる」道ですので、先がわかっている分精神的には余裕があり、15:40頃にはAV24.5km/hで、セブンイレブン二宮店」に到着しました。
このセブンイレブンは見知ったというレベルではなく、僕のホームコースの岩瀬行きの途中にあり必ず立ち寄るコンビニですので、日常生活で使う近所のコンビニを除けば、最も頻繁に使っているコンビニです。
ここで200km地点となりますので、当初の予定では、ここを18:00に出られれば、あとは6時間かけて残りの100kmのないとライドをこなせば良いというものでしたので、2時間以上余裕が出来た計算です。

5、第4PC「セブンイレブン佐野赤坂町店」までの49.8km
ここまで南風の向かい風に悩まされてきましたが、風も弱まり西方向に転進したので、やっと向かい風からは解放されます。
基本的には関東平野のフラットなルートでなんとなくホッとしますが、県北の那須から一気に県南の茨木県の県境付近まで来たことになります。
セブンイレブンを出発して、いつものコースを鬼怒川に向かう頃には、日は傾きかけていて、黄昏時になっています。

今日は雲がほとんどない快晴でしたので日没後もしばらくは明るいですが、もしも一面厚い雲が出ていれば途端に暗闇に囲まれる季節になったんですね。
とここからは比較的いつものツーリング+αの若干速いペースで、4人ほどのグループで進んでいましたが、いつの間にかランドネのベストを着たベテランのライダーと二人だけになっていました。
IMGP0101.JPG

この方は還暦を迎えておられるとのことでしたが、かなりのペースで休憩も取らず淡々と走り続けておられて、ドラフティングに入らない範囲で付いていくのがやっとでした。
その前も300kmブルベに出るのは初めてという、僕より年齢を重ねられた御仁とご一緒しましたが、みなさん年齢を感じさせない「健脚」なのには驚かされます。
僕も10年後にこのように走れるようになっているのですかね?

実は200kmを過ぎたこのあたりが今回一番体力的に厳しかった区間で、補給した栄養がまだ体に回っていなかったこともあり、思ったようにペースが挙げられませんでした。
でも不思議と1時間程走ると次第に辛くなくなってきて、最後の方までなんとか持ったようです。

さて17:00ごろにはいよいよお日様がお隠れになってしまいました。
IMGP0105.JPG

あーあ、また日の出から日没まで走ってしまいましたね(笑)。
佐野市街地に入った頃には完全に真っ暗になっており、18:00頃AV24.5km/hで、第4PCのセブンイレブン佐野赤坂町に到着しました。

6、~ゴール宇都宮森林公園サイクルターミナルまでの52.5km
健脚のご主人と途中休憩もなく飛ばしてきたこともあり、かなり消耗していましたが、ここに至ってはもはや最後とのことで、合法ドーピング解禁で(笑)、モンスターエナジーを補給します。
ここから先は国道293号線を北上するだけというルートになります。
佐野市から足利市までは平坦なルートをですが、足利市を過ぎると、さきのランドネでも走った最後のプチ山岳路が待ち受けています。
あの時はちょうど夜明けに差し掛かった時ですが、今回は完全なナイトライドでの通過となります。

ここに至るまでは5台くらいのトレインで結構なペースで進んできて、山岳路に入っても周囲のライダーに遅れをとらない程度にはなんとか走れるようです。
こう書くと「やはり400km」より楽なんだね」と思われるでしょうが、実は今回の方が脚の消耗が激しかったように思います。
思うに400kmの時には、先の事が全く見当がつかないので、徹頭徹尾脚を温存する走り方で、ペースも意識的に抑えて走っていましたが、今回はある程度ペースの目算がついていたこともあり、そこそこ攻めて走っていた区間が長かったこともあって、このブログを書いている現在も結構魂が抜けている状態です(苦笑)。

今回のブルベでは、流石300kmを走る猛者ばかりなので、危なっかしいライダーは少なく、ベテランの方々が多かったのですが、なんというか雰囲気が「何かと戦っている」人達が少なからづ散見され、不快な感じがすることもありました。
具体的には、夜間の田舎道を走る事をいい事に、明らかに赤信号になっているのに強硬に突破するという事を繰り返しているライダーを見かけました。
まあ本人がどのくらいの認識があり、悪気などの有無は知る余地もありませんが、見られていないつもりでも「どこかで誰かが見ていて、いつの間にか悪評判が広がる」のが世の常ではありますので、イベント自体の「品位」を下げるような行為は、他の参加者や主催者に多大な迷惑をかけますので、是非自覚していただきたいと思います。
あーあ、こうやって僕はまた敵を無用に増やしていってしまうんですね(苦笑)

さて293号も西方を抜けて鹿沼市に入れば残りは14kmほどで、もう完走は間違いないのですが、小便がどうしても我慢できなくなったのと、流石に季節感のない薄着が汗で濡れてしこたま体が冷えて朦朧としてきたので、トレインから離れてコンビニに駆け込みました。
無理してトレインのままゴールすれば早く着いたかもしれませんが、休憩しても21:00には到着する計算だったので、トイレに駆け込み用を足して、最後の気合入れで「レットブル」を飲んで翼を生やして(笑)、ウィンドブレーカーを着込んで最後のスパートをかけます。

ほどなく満月の月明かりに見慣れた「古賀志山」のシルエットと「森林公園」の看板が見えてきました。
田の町のセブンイレブンをこえれば、ジャパンカップのゴールに向かう上り坂で、ここはインナーローでノロノロ登って、21:00ジャストに、まるで計ったようにこの区間はAV21.2km/hでゴールしました。
ゴールしてもその時の写真を撮る余裕は無く、帰り道でダム湖のダムの上の道の暗闇を駐車場に戻ると筋御の写真です。
IMGP0107.JPG


自分の車にたどり着いて装備を乗せて運転席に付いて、初めてホッとしました。
IMGP0109.JPG


全区間通じた走行ログは以下のとおりです。
BRM1015宇都宮300km高低差.jpg

結局ログ上の累積標高は4582mと先のグランフォンド八甲田の記録をぶっちぎりで超えてしまいました。
ここに出ていない消費カロリーは13134kcalで、通常のセンチュリーライドの倍近いエネルギーを使ったことになるようです。

なにはともあれ、無事完走できたという事で、このメダルをゲットすることが出来ました。
IMGP0110.JPG

個人的には今季のイベントの中では一番ベストな状態で、尚且つ自分自身のレベルとしては、満足なパフォーマンスが発揮できたと思います。
先に書きましたが、これが僕自身の今季の最終戦でした。
今年も色々あってなかなか思うようにパフォーマンスアップが出来なかったり、迷った時期も有りましたが、なんとか有終の美を飾る事が出来ました。

このブログを書いている現時点でも、実は体の調子が戻らず「療養」に専念していて、装備品の整理とかがほとんど出来ていないのですが、こんな状態でも実は来年向けての構想や動きなどがあって、ボチボチ準備を進めて行くつもりです。
あっ、これではまるで今年最後の挨拶みたいになってしまいましたが、まだまだ深まる秋を味わうツーリングとか残ったイベントが有りますから、肩の力を抜いて自転車生活を満喫したいと思います。




nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨も嵐もまた楽し!2016霞ヶ浦エンデューロ [イベント]

楽しいわけねーだろ!、と言われればみもふたもございません(笑)
まあまあ、そう言わんとこのあとも見てください。

昨年参加してとても楽しかった「霞ヶ浦エンデューロ」に、昨日8日に出場してまいりました。
まあ、それは「ビギナーレベル」で耐久エンデューロであったとしても「レース」と名のつく大会に参加するための、いかなるトレーニングも覚悟も実力も無い自分ではあります。
と、自転車を楽しむ方々で、「レースに出る自信はないけど、雰囲気は味わいたいな」という方も少なくはないと思いますが、「ガチンコ」のロードレースやクリテリウム等は、流石に難しいとは思いますが、「耐久エンデューロ」形式のレースの場合、基本的に決められた時間を走りきれれば良いだけなので、自分のペースで走れますし、時には自分の実力以上の集団などに「ドラフティング」を使えば付いていくこともできます。
もちろん基本的なレースでの約束事をきっちり守った上で、安全第一で他の参加者に迷惑をかけないで走行することは大前提とはなりますが。

さて、当日の話ですが、今回は僕とM島君のペアと、I城さんとK関さんのペア合同での参加となりました。
毎度のことながら当日の天気が気になりますが、どうもちょうど走行時間に寒冷前線が通過するようで、雨が降ることは確定でですが、個人的には気になりません。
IMGP0063.JPG

とはいえ、この空模様は普通メゲますよねー(苦笑)

各チーム各々テントを建ててベースとしますが、スタート時間となり、僕はお留守番です。
スタートはM島君とK関さんで、I城さんに写真を頼みました。
IMGP0064.JPG
IMGP0066.JPG


スタートは9:30で、5時間エンデューロですので14:30までのお楽しみとなります。
お楽しみは良いのですが、夜中の労働者の僕は完全にスヤスヤしている時間で、お留守番の間はほとんど気を失っていました(笑)
このあと淡々とレースは続いでいきますがいよいよ空が怪しくなってきました。
二人で30分交代で走っていますが、3度目の交代の前にかなり本格的に降り出してきました。
I城さんとK関さんは大事を取って待機となりますが、その横でシューズカバーだのレインウェアを楽しそうに着込んでいく僕を、宇宙人を見るような目で見ていました(笑)。

走り出すと大きな雨粒がバシバシ体に当たってきます。
長い下りの区間では雨粒が痛いくらい当たってきて、コースはほとんど川というか激流の滝のようになっていますが、これが楽しいんですよね(笑)。
まあ、楽しいと言っていられないのは、一般道のコースなので所々にある「グレーチング」を厚いビニールのシートのようなもので覆っているのですが、まあ濡れれば滑って転ぶのは物の道理ですわな(笑)。
とは言え、レースに関しては「初心者」の方もかなり多く走っているので、このあたりは残念ながら何人か「餌食」になっておられたようです。
レースというより雨の日に高速走行する経験もなかったでしょうから仕方がないですよね。
ゴール手前ぐらいでは突風が吹き荒れて参加者もかなり煽られていましたが、ちょうど寒冷前線が通過した時にテントも飛ばされそうになるほどの突風が吹き荒れて、待機組はテントを守るのが大変だったそうです。

さて残り25分というところでファイナルは僕が走る順番ですのでここで頑張って・・・・・とはならず、個人的にはもはや「パレードラン」気分で、ゆっくり走ってゴールの時間に合わせます。
で、競技中不謹慎なのですが、周囲の安全を確認した上でコースの様子をまるっと撮影します。
ここはスタート直後の長い登り坂です。
IMGP0071.JPG

ここで実力差が出て集団がばらけるようになっています。
昨年は随分苦労しましたが、今年はペースが遅かったこともありますが、アウターロー程度で登れる感じで、オールスタンディングでも行ける程度の距離と感じました。

登りきって直角に右に曲がるところです。
IMGP0072.JPG

IMGP0085.JPG

ここは一般道ですがかなり長い時間封鎖されていて、こうやって地元警察の方々が協力しておられます。

このあとが長い下り坂になり、一番速度が乗るコースです。
IMGP0075.JPG

早い人なら70km/h位は出ると思います。
僕の場合コンパクトクランクなので回しきってしまい、あまり頑張ると足を消耗させるので、ここは惰性で下りますが、それでMAX60km/hは軽く出ました。
もちろん「デブ」のおかげなのは説明する必要もございません(笑)

下りきると広い道から斜め右にそれて細い農道に移ります。
IMGP0076.JPG

早い集団はここも40km/h以上で走り抜けてしまいます。

神社を抜けると右の狭い直角コーナーがあり、抜けると水田の中を霞ヶ浦に向けて走ります。
IMGP0080.JPG

個人的にはここが勝負どころで、ここに至るまで早い集団を見つけては追いついて、直角コーナを立ち上がりでドラフティングに入れば、以後先の上り坂まで付いていくことができます。

ちなみに、結構走りなれた方々でも、ことコーナーリングに関しては意外と付いていけるのはなぜなのでしょうか?あまり早くないように感じるんですよね。
意外と昔からバイクに乗っていた方だと「リーンイン」等の体重移動を使ったバイクコントロールに慣れていて、コナーリングが早いと感じることはあります。
コーナーで詰められれば「全開加速」なら結構離されない実績はあるので、それで楽をさせてもらっています(苦笑)

さて農道を抜けて湖畔沿いの道に出ると、このコースで一番景観の良い場所となります。
IMGP0081.JPG

晴れていればさぞかし気持ち良いのでしょうね。
ただ一度ドラフティングに付いていて、もっと早い集団が後ろから来たので乗り換えようと加速したら、前のバイクがふらついてホイール同士が接触してしまい、危うく転倒しそうになりました!
咄嗟に足をビンディングから外し広げながらバランスを回復させたのでなんとか転倒せずには済みましたが、危うく転倒して霞ヶ浦に転落してしまうという、大会史上初の栄誉を賜るところでした(苦笑)

まあぶつかった僕が悪いので、すり抜きざまに謝ったところ、「何かありましたか?」と・・・ええっ!気がついていなかったんですかぁ!?。
要するに限界ギリギリまで踏み込んで走っていたようで、周囲に注意が向かないのはもちろんのこと、ぶつかったのも気がつかなかったんでしょうね。
初心者の場合これが最も危険な状態で、恥ずかしながら僕がツインリンクもてぎのエンデューロでクラッシュした時も、覚えている限りの最後の記憶では、相当消耗していながら気合だけで走っていたような状態だったので人のことは言えません。

このあと次の周はそのまま走ってしまうと終了時間前に通過してしまい、余計にもう一周走らなければいけないので、途中で止まったりして時間調整をしながら、ちょうどの時間にゴールしました。
結果は・・・・今もって何位に成ったのか全く分からないのですが(苦笑)、久しぶりに全開で走れて、レースの雰囲気も味わえたので満足しました。
まあ「競技者」として考えると「言語道断」ともいえる姿勢で競技に臨んでいるとも言えますが、参加メンバー全員怪我もなく、無事イベントを楽しめたので良かったと思います。
勿論本気で順位に拘りレースに挑む事も、別の意味での面白味と緊張感が有りますから、そういった機会が有れば、1年ぐらいそれにすべてをかけてレースに臨む・・・・という事も今後無いとは言えないでしょうね。

で、面白いですまないのが雨でデロデロに成ったバイクの清掃や、濡れてしまった装備品の後始末です。
結局それで本日は一日終わってしまった感じです。
特にバイクは拭いた位では綺麗にならないので、ホイールを外して洗浄します。

中には高圧スチームをかけてしまう人もいますが、ベアリング類に水が入り込むので止めた方が良いようで、僕は空に成ったスプレーボトルに中性洗剤を薄めに混ぜたものを吹きかけながら汚れを落とします。
IMGP0089.JPG

色々な洗浄剤も有りますが、あまり強力だと塗装面や金属表面のメッキなどを痛めますからご注意を!

まず外したレーシングゼロに吹きかけます。
IMGP0088.JPG

この後ホースのノズルをミスト状にして、少しずつ流して行けば綺麗に汚れが落ちます。
この時「軍手」を嵌めておけば、細かいところの汚れも指でこすって綺麗に落ちます。

次はフレーム本体です。
IMGP0091.JPG

手動のスプレーですが、近距離で吹き付けると結構洗浄力が有り、こびりついた泥や草木、チェーンから飛び散ったチェーンオイル、滲み出たグリス等が意外に簡単に溶け落ちてえくれます。
後はやはり軍手で細かいところの汚れをこすり落として、「天日干し」します。
あと個人的な方法なのですが、ブレーキやディレイラー、ボルト締結部等メカの間に入り込んだ水は、そのままにしておくと錆の原因に成るので、速乾揮発性の洗浄液のスプレーを吹き付けます。
スプレーのガスで細かいところの水は吹き飛びますし、洗浄液そのものは直ぐに蒸発してしまいます。
これはイベント先などで濡れた自転車の簡易清掃をするときなどに便利な技です。

乾いた後に液体の「カルナバロ」WAXを塗り込んで乾いた布で拭き取って完成です。
WAXは見た目の光沢の為も有りますが、汚れがこびり付き難くするためにも有効です。
この後自動車もカーゴルームの中敷き等を取り替えたりして、結局一日終わってしまいました。

まあ天候が悪かったとはいえそれも含めてのイベントとして捉えれば、大変ではありますが結構楽しめるもので、特にこの霞ヶ浦エンデューロは、初心者や我々のようなビギナーが大挙参加している事を認識していて、そういった配慮もしてくれているので、来年も出来れば周りの自転車好きでレースを体験してみたい仲間などを誘って、参加してみたいと思います。


nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青空を求めて霞ヶ浦に [雑談]

ようやくというか、今更というべきか、ようやく日曜日とサニーディが重なってくれました。
このタイミングがずれるとホントに困るのですが、この機会は逃すわけにはいきません。

いつものように未明に目覚ましをセットして、4:30には自宅を出ます。
IMGP0045.JPG

流石に半袖ジャージだけでは寒いですし、かといってインナーを着ると昼間が熱くなるという、徐々にウェアの選択が悩ましい季節になってきます。
今日は半袖ジャージに、反射ベストを着込んで、朝のうちはちょうど良い感じでした。

しかし、気温はようやく下がったもののまだ湿った空気が居座り込んでいるようで、なんとなく流れる風が首周りにまとわりつく様な、ねとっとした感触が残っいます。
案の定遠くの山を見るとうすらボンヤリしています。
IMGP0048.JPG

写真ではわかりにくいでしょうが、筑波山は麓からグラデーションで頂上が濃い雲に隠れています。

本日は霞ヶ浦までの往復でオーバーセンチュリーライドですが、調子が良かったのか往路は比較的順調に目的地につきました。
IMGP0052.JPG


霞ヶ浦について復路を走り始めた頃にしつこい雲の取れてきて、行きははっきり見えなかった筑波山が、久しぶりに青空を背景にくっきりと拝むことができました。
IMGP0058.JPG


ここで気分が良いと、スタートでのダンシングなどを入れてつい調子に乗ってしまい、膝に違和感が出たので、以後はかなりペースを落として帰路に着きます。
ランチはいつもの益子ですが、今回は益子町役場近くに有る「古陶里」というレストランに入ります。
結構雰囲気のある落ち着いた感じのお店で、失礼ながらお店を営む御夫婦は朴訥として「笑顔満載ウェルカム!」という感じではありませんでしたが(苦笑)、注文した「ポーク生姜焼き」はボリュームもあり美味しかったです。
IMGP0059.JPG

お昼時でお客さんはたくさん来ていましたし、昔からあるお店なのかリピーターが多いのかもしれません。

結局172.4kmを9時間30分かけてAV25.1kmといつものペースでしたが、往路は膝をかばって念のため相当ペースダウンしたのでまあまあだと思います。
今週はまた台風が直撃しそうで、通勤で乗ることができなさそうなので、膝の様子を見ながらローラーで足を回せる様にしておいて、来週の「霞ヶ浦エンデューロ」に備えたいと思います。
nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏終わりなば疲れた自転車癒す今日 [自転車部品]

ここ数日やっと涼しいくなってきて夏が終わったことを実感できます・・・・・なんて話はやはりおかしい話で、だって本日から10月なんですから、本来なら秋真っ盛り(変な表現ですね)のはずです。

さて今年の夏は結構走った方で、中でも「山岳ルート」が多かったこともあり、バイクにいつも以上の負担がかかりました。
最もダメージが大きかったのはブレーキで、ついでホイールもリムにダメージが大きかったようです。
やはり「どすこい体型」は上りだけでなく下りでも大変で、なにせ場合によっては他のライダーの倍近い重量を減速させなければいけないのですから、ブレーキに同情してしまいます(笑)。

今回はまずフレームの清掃から始めました。
相当汚れていたので「フクピカ」で吹くだけでは汚れが取れず、中性洗剤を薄めたものをスプレーでかけなながら全体を洗います。
今年は走るたびに天候が良くないことが多く、必ずウェット路面を走るので泥や落ち葉、砂などがチェーンの油が飛び散ってこびりついたものがなかなか取れませんでした。

次いでホイールの清掃です。
IMGP0028.JPG

この画像ではよくわかりませんが、ブレーキのカスが溶けてリム面にベッタリこびりついています。

でこれの出番となります。
IMGP0029.JPG

ホーザンのリムクリーナーで、硬質ゴムにコンパウンドが混ぜてあって、リム面を余計に削ることなく、シューのカスや、アルミのかけらなどを「絡め取る」感じで落としてくれます。

実はもっと汚れた上にリムも相当削れてしまったWH9000C24ですが、かなり念入りに磨きをかけてなんとか輝きを取り戻しました。
IMGP0041.JPG

見栄えだけでなく、リム面の清掃はブレーキフィールや制動力にも影響がありますから手抜きはできません。

結局4本で2時間近くかかってようやく作業を終えましたが、4角だったホーザンのクリーナーは、こんな姿になってしまいました。
IMGP0043.JPG


次にブレーキですが、ターマックには105系の中古パーツを組み込んだので、シューも残量がたくさんあったこともあってそのまま使いましたが、今回はアルテグラ系の「ふね」の部分も含めたセットに変えます。
IMGP0032.JPG


改めて見るとこの樹脂のビスはなんでしょう?
IMGP0034.JPG

自動車用のブレーキシューについているステンレスの板と同じ「ブレーキ残量センサー」だと思うのですが、シューが減りすぎてフネの部分がホイールを攻撃する事を防ぐのが目的のようです。
今までであれば「解っている人が使うのが大前提」のリペアパーツだったでしょうが、正直なところ深い知識もなくネットの評価やユーチューブの動画データを頼りに、通販で購入して使用するユーザーがここまで増えてしまえば、こういう配慮はありがたいですね。

シューだけアルテグラですがなんとなく見栄えも引き締まりました。
IMGP0036.JPG


最後にC24のタイヤの交換です。
もともと導入の時にパナレーサーのRACE D EVO2を投入しましたが、2年ほど使用して後輪のトレット面のコンパウンドが完全に摩耗してしまいました。
IMGP0039.JPG

内部構造の対パンク構造が出てしまいましたが、これでグランフォンド八甲田を走りきったわけで、ある意味「間一髪」だったのですね。
ちなみにここまでタイヤが減るまで使い切るということは、10年間でも数回しかなく、タイヤの寿命が来る前に、金属片やガラスの破片、砕石などで穴があいたり切れたりして使えなくなるタイヤの方が多いです。
走行距離はいろいろな組み合わせで使用しているのでよくわからないのですが、このホイールは山岳ロングライドやブルベでは必ず使われますので、3000kmは走っているはずで、僕の体重と過酷な使用条件で、結局ほとんどパンクもなく寿命を迎えることができたRACE Dの耐久性はかなりのものだと言えます。

となると値段も含めて別の銘柄を使用する理由がないということで、同じRACE Dのモデルチェンジ版のEVO3を組み込みました。
IMGP0044.JPG


これをFELTに組み込んで調整をしたところで夕方になってしまいました。
本当は来週の「霞ヶ浦エンデューロ」様にマドンCを仕上げるつもりでしたが、やはり夜勤明けで半日で出来るのはここまでで、本日はこれで終わりです。




nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る