So-net無料ブログ作成

体調回復、バイクも快調、食欲も快調! [雑談]

長引いていた風邪引きもやっと峠を越えて回復方向に向かって来ました。
そうなると不思議なもので、空腹感も戻ってきて、なんだかやたらに物を食べまくっています。
ここで調子に乗ると「取り返しのつかない事をしてしまったー!」と頭を抱えるのは何時ものことです(笑)

さて来週は「佐渡ロングライド」ですので、最終の準備をしなければいけませんが、連休中からなんだか集中できなくて、準備が滞っていました。
体の調子が良くなったらようやく頭の血の巡りも良くなってきたようで、この期に及んで色々と思い出してきました。
まずバイクですが、単純に何時ものFELT F5に、イベント用のWH9000C24を履かせればいいかと考えていましたが、今年の佐渡はコースが変更されて山岳コースが追加されて難易度が上がったということなので、急遽山岳イベント用の「スペシャライズド ターマックSL3 S'WORKS」に、MAVICのキシリウムSLRを組み込んで万全を期しました。
RIMG1839.JPG

キシリウムSLRは、マドンC用に11速のスプロケを入れて、軽量タイヤとラテッククスチューブで「一発勝負の決戦用」ホイールにしていましたが、結局2年間全く「一発勝負」の出番がなく(苦笑)、こんな高級機材を死蔵しておくのはもったいないと引っ張り出しました。

さて本日はお昼頃から雨の予報でしたので、出来るだけ早くでて、中程度の山岳コースでバイクのセットを確認します。
RIMG1840.JPG

この時期は4:00になると明るくなってきますね。
RIMG1840.JPG
RIMG1841.JPG



本日は宇都宮市より東進して茂木町から茨城県の城里を抜けて、時間があれば大洗海岸に向かいます。
城里に向かうツインリンクもてぎの南ゲートの山間部の県道を通るのも、よく考えてみれば元日以来で、あの時は帰路は路面が完全凍結して難儀しましたが、なんだか5か月前の出来事とは思えないほど昔のような気がしていまいます。
RIMG1842.JPG

今年は年始早々いろいろありましたから、慌しかったですねー。
軽いギアでのんびり登っていたせいもありますが、流石にバイクの軽さとキシリウムの特徴である「まるで鉄板に乗っているような筋の通った剛性感」のおかげで、あまり苦労せず通過できました。

さて、途中のコンビニで、赤いビートのドライバーの方と自転車談義をしていたり、のんびり走っていたら、あらら結局タイムオーバーで途中で引き返すことにしました。
RIMG1843.JPG

この写真の地点で70Km走行していますから本日は140kmの走行になります。

で、そんなに追い込んで走っていないのに、補給と称してこれですよ(笑)
RIMG1844.JPG

ミニストップでマンゴーパフェを楽しんでしまいました。

おまけに途中の物産館「山桜」で、定番の「やぶきた茶ソフトクリーム」です。
RIMG1846.JPG

これを食べないとここに来た気がしませんが、あっ、計算上のカロリーは、けしてオーバーはしていないですからね!

ここ「山桜」は通称「ビーフライン」を走るオートバイの休憩所で、いろいろなバイクが賑わっていますが、自転車はどちらかというと脇役で・・・・と、なんとサイクルスタンドが用意されて場所が確保されているのは嬉しいですね。
RIMG1845.JPG


結局本日はこのまま帰宅で、ランチは市貝道の駅のある「ラーメン麺蔵」さんの味噌ラーメンとミニチャーシュー丼のセットで、本日は味付け玉子のサービスディでした。
RIMG1847.JPG

ここは魚介系のスープですが、クセがなく尚且つ濃厚で味噌にも合いますし、チャーシュー丼は、柔らかいチャーシューと白ネギの刻んだものがベストマッチで、大満足でした。
どうです!、もはやグルメブログで本日も食べ物の写真の方が目立っていましたね!。

まあ体調の方は戻ってきたようですし、久しぶりの山岳コースものんびりでしたが苦痛にならず楽しく走れましたので、あとは週末に向けてコンディションを維持して、佐渡に備えたいと思います。
うん、食べすぎには気を付けておきましょう(苦笑)。

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

あれっ?風邪ひいて連休が・・・・ [雑談]

どうも流行りのウィルス性の風邪に感染していたようです。
具体的な症状が出る前に下腹部の腸の具合が悪くなり、とにかく体に力が入りませんでした。
なんとか「宇都宮サイクルピクニック」までは凌いだのですが、その後野暮用などをこなしているうちに、だんだん起きるのも辛くなってきて、頭は痛いし喉は痛い・・・あっ風邪だったという事が発覚しました。
まだ片つけ物とか自転車の組み立てとかいろいろありましたが、3日は一日中「安静」にして、4日も本当はツーリングでしたがDNSとなり、午後から「面会謝絶」で寝込んでいました。

なんというか、症状が一気に出てしまえば対処できるのですが、なまじ体力があるので結構潜伏して長引いた上に、なにかの拍子に体力が落ちると一気に発病していまします。
やはり2月半ばから色々と忙しかったツケが連休に一気に来てしまったようですね。

などと半病人オヤジのボヤキを聞いても面白くはないでしょうし、自分も寝たきりだとかえって代謝が落ちていくだけになりそうで、5日は軽く汗を流す程度と、EX8で平野部を流すことになりました。
IMGP0002.JPG

タイヤを700の35C幅の「グラベルキング」に変更していますが、走行抵抗が減ってペダルをくるくる回すと速度は出ませんが、それ故に風が強くてもあまり苦痛を感じることなくノンビリ流すのに適しています。

今回は栃木県益子町で、連休中毎年恒例の「陶芸市」が開かれているんで、それを見学に行き、往復60km程度のポタリングに成ります。
IMGP0003.JPG

中心は場内坂付近の窯元のギャラリーになりますが、横道や空き地にも多くの出店があり、陶芸品以外も色々なモノが出展されています。

自転車を置いて一通り見て周って、此処でのお約束の焼き鳥とノンアルコールビールです。
IMGP0006.JPG

いやこのシーズンは本当に風さえも心地よいサイクリングに絶好の季節なのですが、まあ遠くに行かなくともそれなりに雰囲気は楽しめます。

本日は本来なら山岳込のオーバーセンチュリーライドの計画でしたが、そんなことやったら3日は寝込むことに成りそうなので(苦笑)、とにかくノンビリペースで何時もの筑波山までの130kmを走りました。
まあ無理は禁物ですからそこまで走るつもりもなかったのですが、調子に乗ってしまって(苦笑)
ランチは何時ものお店が陶芸市で混雑ぢているので、益子道の駅の出店のグルメに切かえです。

まず益子の老舗の味噌と麹を営む「瀬尾麹店」のもつ焼きと甘酒スムージー(ノンアルコールです)を頂きます。
RIMG1835.JPG

此方の女将さんと色々お話ししますが、自分が益子で寄っているお店はほとんど知り合いとの事で、まあ狭い町ですからねぇ(笑)

で、「デルフィーノ」さんも出ていますので、本日はシンプルな「マルゲリータ」を注文いたします。
RIMG1836.JPG

当然食べすぎですが(笑)ここのピザは外せないんですよねー。
長らく移動販売で頑張っていたデルフィーノさんですが、2月に閉店に成った「洋麺食堂」さんの店舗に入ることが決まったそうで、暑かろうが寒かろうが、屋外で頑張っていたその努力が報われたそうで、本当におめでとうございました。

と、これにて5月連休のツーリングは終了で、イベント込で合計400kmしか走れませんでした。
まあ体調不調と雑用抱えながらでしたから致し方ありません。こんなことも有りますって!
明日から仕事で色々憂鬱ではありますが、とにかく今日は早く寝て体力を蓄えますね。

nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

春の里山を楽しむノンビリツーリング [雑談]

結果としてランドネ北関東400kmをDNS「しざるをえなかった」わけですが、本日も色々と打ち合わせや問い合わせなど散発的に用事が有り、ある意味「気が抜けた」事も有り、2月中旬よりほぼ休日返上で動いていた疲れがドットと出てしまいました。
そのあたりを冷静に見ていた「やっとこ」さんのアドバイスも有りDNSを決めたのですが、結果としてこの状態で走り出していても、200kmも走れなかったほどコンディションが落ちていました。

まあそんなことも有り、「やっとこ」さんのお誘いでノンビリ栃木県の東部の田舎道で、新緑が生えそろって今が一番きれいな山間部のツーリングに行ってきました。
7:45ころ自宅を出て、宇都宮市より北東部に向けて走り出します。
自分のいつもの通勤ルートを走り、鬼怒川を渡る橋の手前で、数人にロードが目の前を通り過ぎます。
あれ?、そうか時間からして「ランドネ北関東400km東回り」のメイン集団が通過するタイミングだ!
茂木烏山ツーリング180429 024.JPG

自分は西回りでしたが、何とも自分が参加するはずのイベントの参加者に出会うというのも何かの因縁で、
不思議でもあり、まは口惜しくも有りではありますが、参加者に声掛けして、エールを送って見送りました。

我々は交通量の少ないローカルな山間部のルートを選びながら、茂木を目指します。
途中に芝桜の見事なポイントが有り、休憩です。
茂木烏山ツーリング180429 025.JPG
茂木烏山ツーリング180429 026.JPG


1時間30分ほど走り茂木市街地に入ったところでコンビニで休憩しようと立ち寄るとコレが有りました!
茂木烏山ツーリング180429 027.JPG

これは珍しいホンダCBX1000、直列6気筒というバイクでは空前にして絶後の珍しいエンジンを搭載したレアマシンですね!

此処から山間部を北上していきます。
茂木烏山ツーリング180429 028.JPG

いや本当にこの時期の山間部は、新緑の緑がまぶしく、ある意味「山が緑色に燃える」ような鮮やかさが本当に清々しです。

反面清々しくないのが自分のコンディションで、とにかく走り出してから心拍が高く、「あっこりゃダメだ」という感じで、確かに苦手な山間部ではありますが、先月に琵琶湖を走っと気に比べても、いや比べ物に成らないくらい調子が落ちています。

途中山の上にかなり古い大ケヤキが有ります。
茂木烏山ツーリング180429 030.JPG


栃木県の指定記念木に成っているようです。
茂木烏山ツーリング180429 032.JPG


この先で栃木県と茨城県を流れる清流「那珂川」の大瀬という所を渡り、県道27号線通称「和の道」という那珂川に沿った山沿いに走るこの道は、春には桜が見事な事が有名な山道です。
茂木烏山ツーリング180429 033.JPG
茂木烏山ツーリング180429 034.JPG

樹木が切れる開けたところだと、那珂川の流れを望む雄大な景色も魅力の道です。

ここの道の景色の良いところに、会社の大先輩の奥様が開いているカフェに寄らさせていただきます。
茂木烏山ツーリング180429 035.JPG
茂木烏山ツーリング180429 038.JPG

「オーガニックカフェ ぽぷり」というカフェで、山の稜線沿いの、とにかく見晴らしがよく明るい場所です。

時間が早かったので、ティーセットを頼みました。
茂木烏山ツーリング180429 039.JPG

自分はオーガニック系の食材に詳しくは無いのですが、いわいる「砂糖香料バターてんこ盛り」の洋菓子と違い、口当たりが爽やかで、体にスーと自然に入り込んで行くような美味しさが有るスイーツでした。

いろいろ話が盛り上がりましたが、他のお客さんも来たのでお暇することにして烏山方面を目指します。
やはり田舎道を繋げて、那須烏山市の小塙という所を通過した時、なんだかトレッキングしている人達と頻繁に出会いました。
その先の車が止まっていて、どうやら何かのチェックポイントのようでしたので、スタッフの人にお伺いしたら、
JR東北本線の宇都宮の北にある宝積寺駅から分岐する「JR烏山線」というローカル線があるのですが、その沿線を歩こうというイベントを、地元の行政が主催して行っていたそうです。
茂木烏山ツーリング180429 040.JPG

で、こちらも「いやいや自転車も地域振興にお役立ち致しますので、宜しくお願いします」とPRするだけして、嵐のように去ってきました。
なんて迷惑な奴らなんでしょうね(笑)。

で、その近くでたまたま来た電車を見送ります。
茂木烏山ツーリング180429 041.JPG

この烏山線は「非電化路線」で、昨年まで関東圏で珍しい「キハ40系」のディーゼル列車が走っていましたがが、なんと東北本線の電化路線でパンタグラフを上げて走りながら充電して、烏山線は「バッテリー」で走るという、世にも珍しい「ハイブリット電車」が、電線のない路線を、軽やかなインバーターとモーター音を鳴らしながら走っています。
実はこの近くに来たのは理由が有るのですが、これはまた後ほどご紹介します。

しかし、久しぶりに山間部中心で走ったとはいえ、本当にヘロヘロに成ってしまい、良く考えたら調子が悪いだけでなく、もしかしたら補給が足らない・・・・何んことは無いハンガーノック気味に成っていて、本当にヨタヨタと90km程度を走るのが精いっぱいという体たらくと成りました。
まあ、「やっとこ」さんも久しぶりとの事で、良い体ほぐしには成ったでしょうし、自分も調子は悪いながら久しぶりにHRをレットゾーンに入れて、スッキリしましたので、明日の「宇都宮サイクルピクニック」は、仲間と楽しく走ってきたいと思います。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

桜満開リンリンロード! [雑談]

なんだか先週はとても疲れました。
だったら自転車なんか乗らなきゃいいだろう?と思われますよね(笑)
ところがどっこい、乗っていないと心身ともに「はい!それまでよ」となってしまいそうで・・・・とかなんとか言い訳しているだけなんですけどね。

毎年例年だとこの時期は桜が綺麗に咲きそろっていることのほうが少なく、満開の頃はなにかのイベントにでているので、恒例のこーすである「りんりんロード」で見る機会が少なかったように記憶しています。
ところが今年はびっくりの急展開で、開花したと思ったらあっという間に満開になってしまい、宇都宮市ではなんと開花から満開まで3日という観測史上の記録的短さでした。

とまあ、本日は4:00に出発して・・・・・あっなんだかとても疲れたので今回は写真中心でご勘弁を。
RIMG1695.JPG

RIMG1698.JPG

RIMG1700.JPG

RIMG1701.JPG

RIMG1703.JPG

RIMG1707.JPG

RIMG1709.JPG

RIMG1711.JPG

RIMG1712.JPG

RIMG1713.JPG

RIMG1714.JPG

RIMG1717.JPG

RIMG1721.JPG

本日も霞ヶ浦に来ました。

ここから朝日を背に帰宅しますので、順光での撮影になります。
RIMG1723.JPG

RIMG1724.JPG

RIMG1725.JPG

RIMG1726.JPG

RIMG1726.JPG

RIMG1727.JPG

RIMG1728.JPG

RIMG1729.JPG


筑波の北条付近で動画を撮影しました。


筑波山付近です
RIMG1733.JPG

RIMG1734.JPG


こんな感じで、ルート上ほぼ全てソメイヨシノは満開でした。
リンリンロードはいろいろな種類の桜や他の樹木も植えてあるので、まだこれから咲くものもあり、しばらくは楽しめそうです。
RIMG1736.JPG

RIMG1737.JPG

RIMG1739.JPG

RIMG1740.JPG

RIMG1740.JPG

RIMG1741.JPG

RIMG1742.JPG

RIMG1743.JPG

RIMG1744.JPG

RIMG1745.JPG


自転車の方はブルベの準備でタイヤや灯火類の整備をしましたが、そのあたりはまた後ほど
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

末永い自転車生活のために、クランクの長さを180→175mmに [雑談]

世間的に言えば、誰憚ること無く現在「喪中」ではあります。
仏式で言えば「四十九日」までは少なくとも「喪に服する」ということになるのでしょうが、今回亡くなった実父の意向により「無宗教」で葬儀を執り行ったので、別に宗教的な儀式や慣例に囚われる必要はないことにしています。
というか、「いい加減自転車の話をさせてくれー!」と、乗れなかったことも含めて「禁断症状」が出ていまして(苦笑)、ストレスも限界に達したということで、本日より「自転車生活」を強制再開します(笑)。

先々週に何時ものように筑波にツーリングに行きました。
その時撮った画像がこれです

この日はこの地域で「野焼き」が行われていました。
IMGP0135.JPG


こんなことも含めて、実は「ネタ満載」でいろいろとブログを展開しようとウキウキしながら帰路に向かう途中に父の訃報がスマホに飛び込んでしまい、「終了!」となってしまいました。
ウェイトも本当に順調に落ちていて、春先にはかなり良い調子になる感じでしたし、トレーニング距離も順調に伸びていたのですが、本当にお陰様をもちまして!仕切り直しとなってしまいました。

と終わったことでグズグズしているどすこいライダーではありませんから、とにかく前に進むだけです。
で、来週に迫った「ビワイチ琵琶湖一周ロングライド」の準備をすることにします。
ここで普段使うバイクのチェンジで、冬のあいだお休みしていたFELT F5を整備して、イベント用にこれまた保管してあったWH9000 C24のホイールを組み合わせる・・・は18日までにおわしておきました。
IMGP0114.JPG


あっ、ゴタゴタしてすっかり忘れていましたが、この時に新しいタイヤを導入しました。
IMGP0097.JPG

ヴィットリアの新し「ルビノPro」で、この銘柄は10年前に初めて購入したFELT Z25のデフォルトで履いていたタイヤで、その後もしばらくは愛用していた銘柄でしたが、パナレーサーに宗旨替えしてから久しくご無沙汰している間に、フルモデルチェンジしていて、なんとナノカーボンの新素材「グラフェン+」というものを配合したゴムで、大幅に性能アップした別物になっているという事を知り、試してみることにしました。

例えばRACE Aのようなスリックではなく、サイド部にパターンが刻まれていてゴムそのもののウェットグリップも優秀という触れ込みですので、その点に期待しての購入でした。
IMGP0101.JPG

琵琶湖は特に北部はほぼ「日本海気候」で毎年かなり寒く、天候も決してよくない時が多いので、まして今年の気候の場合、当日も相当怪しいと個人的には予想しての装備改変です。

あとこれも昨年から検討していたのですが、メインバイクに入れてあるクランクの長さを、一般的には非常識に長い180mmから175mmに変更することにしました。
IMGP0140.JPG

IMGP0142.JPG

もともと180mmにした理由は、これまたサイクリスタとして非常識に重い3桁の体重を、自分の脚力と体重をクランクに乗せて、180mmの長さを生かしたトルクで無理やり登ってしまおうという目論見で導入したもので、確かにしっかり体を作り込んで望んだ場合、相応の効果があったのですが、やはり加齢による特に各関節部の負担の増加による損傷が著しく、このままのスタイルで続けると、遠からず大きな故障を起こしてしまうのは目に見えていましたから、これも一昨年あたりからの「スタイルチェンジ」を目論んでいて、クランクを175mmに戻して関節の負荷を下げて、低下したトルクはケイデンスで補うようにしてペースを保つのと、やはり「本命」のウェイトを大幅に落とさなければいけないという「正論」に従うことにしました。

やはり自分は息が止まって心臓が停止するまで自転車に乗っていたいので、体を無理に痛めつけることでパフォーマンスを得る「代償」としてサイクリスタ生命を縮めるのではなく、「細く長く」末永く自転車に乗るための選択ではありました。

実際昨年から負傷もあって平地主体で走る場合、明らかに175mmクランクの方がリズムをつかみやすくペースも保てて脚も楽であり、登坂にかんしては「クライミングスキル」とでも言うのでしょうか、上り方が向上しているようで、まあそこは長年の経験の賜物であるようで、あくまで「それなり」ですが、のんびり登ればさほど苦に成らなくなっていました。

さて本日はもう一つ、現在ほぼメインバイクとなりつつあるEX8ですが、「ぶっといタイヤ」も慣れて楽しく走れてはいましたが、皆さんのご助言などもあり、舗装路をこれで走っているとあっという間に磨り減ってしまうということで、これも昨年から用意していた(苦笑)、ロードバイク用のツーリング向けのやや太めのタイヤである「パナレーサーグラベルキング」の35Cタイヤに入れ替えることにしました。
IMGP0143.JPG

いや、もともとのタイヤに比べるとやたらに細いですね!
グラベルキングは不整地向けに対パンク性能が高く、この35Cという太さになると、不整地特に泥道などのグリップを狙ったタイヤパターンがあり、そこそこの悪路走破性能は期待できる代物です。

EX8に入れ替えたら、やたらに足回りが寂しくなってしまいました(笑)
IMGP0147.JPG

ビジュアルでは元の太いタイヤの方が断然カッコいいような気がします。
次回は太めのスリックタイヤなども試してみたいですね。
ただ、流石にロード用のタイヤですので、走り出すと抵抗感がなく軽快に走れますので、相応の距離を乗っても大丈夫かもしれません。

さてなんとか自転車生活も再開できましたが、実はいろいろ厄介な事も残っていて、通常のペースで進められない感じではあるのですが、それも今更始まった事ではなく(苦笑)、「不都合な現実」だらけの人生航路ですから、平常心で前向きにこなしていこうと思います。
とりあえず、停滞していたダイエットを再軌道に載せないといけないので、それが厄介でトホホではあります。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログちょっと休みます [雑談]

このところ減量が順調に推移していて、よく走っていた一昨年レベルまで戻すことができました。
よーしこのまま続けて春先にはかなり絞って・・・と夢に浸っていましたが、「待てよ、今までこういう時って、必ず病気になったり身内に不幸があったりで、減量が中座してしまうんだよな」などと、自分の星回りを呪いながら嫌な予感が走りましたが、今回もその予感は的中してしまいました。
結局身内で不幸があり、しかも「人並みの普通のお葬式」が望めない「特異事例」なので、またしても自分が先頭を切ってスクランブルの上、切った貼ったをする羽目になりました。

で、結局来週参加予定の「BRM224那珂」は、ほぼDNSが確定的となりました。
まあこんなことで、まるで自分の身内のことをブログに切り売りするような行為は本意ではないのですが、しばらくはブログどころか自転車も乗れそうにない状態なので、この場を持って皆さんにお知らせしておきたいと思います。

また落ち着きましたら必ず再開いたしますので、どうかご心配なく、コメントも返答できないのでご勘弁ください。
まあ以前もこんなことがあって、流石にこの手の話は「素人」ではないので、本人至って平静で、目の前に現れるであろう数々の「不都合な現実」を撃破していきますので、再開の折には何卒よろしくお願いいたします。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今更やっぱりサドルは相性 [雑談]

今週末は天候の都合で、何時もの筑波コースのツーリングは昨日に行いました。
土曜日は通院したり片付けものがあったり買い物があったりと普段は雑用が多いので、あまり走りにいかないのですが、日曜日は朝方まで雨で、おまけにその後冬型で北風が強くなりそうなので、こういう場合はしかたがありませんね。

朝の5:20頃にはなんとか出られましたが、いつもよりやはり交通量が多くなんともリズムが取れません。
こういう時は思いがけないところから車が出てきたりと、事故の危険性が大きいんですね。
空も天候が悪化していく感じで朝焼けがしています。
RIMG1573.JPG


まあいつもと変わらない・・・・・あれ?筑波駅の休憩所に張り紙があります。
RIMG1574.JPG

ニュースでも流れていたようで、休憩していたら近所の奥さんとかが「危ないから気をつけて」と声をかけてくれたりしますが、こればかりは運次第の部分も・・・・。

帰路はやはり交通量の少ないルートを辿っていつもと違う道で帰ってきたので益子には寄らず、昼食抜きて宇都宮まできてしまいました。
さてどこかでランチもと考えて、柳田街道の鬼怒川のほとりにある「テキサスステーキ」というお店によってみることにします。
RIMG1577.JPG

自宅からも職場からも近いのですが普段通過しないところにあったのでノーチェックでした。

まあ昼間からアメリカンなステーキ三昧とも行かないので、チキンステーキをいただきます。
RIMG1575.JPG

運動後のたんぱく質補給ですから問題はありません・・・・・よね(笑)

さて本日は、ジャンク品で買ったクロスバイクを組んでしまおうと思ったのですが、色々と部品が適合しないので途中で中断にして、自転車部品在庫の整理や頼まれていた資料などの作成を進めます。
で、寒くなる前に作業をしておこうと、通勤で使用しているMTBのTREKエクスキャリバー8(以後EX8)のサドルとステムを交換することにしました。

実はTREKというかボンドレガーのサドルはどうも相性が全く良くありません。
TREKバイクはEX8で3代目で、バイクも他のボンドレガー製品も比較的気に入っているのですが、このサドルばかりはメーカーや値段などではなく、本当に相性の問題なのでこればかりはどうにもなりません。
RIMG1591.JPG

以前マドン6をフルオーダーで購入した時も、そこそこのグレードで、気になる幅とかもきっちり合わせてもダメでしたからねぇ

今回のサドルも幅が143mmくらいのもので、サドルの中央がせり上がった形状が、どうにも「尿道」付近を圧迫してしまい、たかが10km程度の通勤でも「ギブアップ」してしまいました。
RIMG1590.JPG

これ以上は自分の子孫繁栄システムに障害があると判断して(苦笑)、早速取り替えることにします。

まあちゃんとしたモノやジオメトリー取りをして新品を購入すれば良いのですが、物置ゴソゴソ探せば何かは自転車部品が出てくる我が家ですから(苦笑)、お金を開けず中古品で何とかします。
RIMG1585.JPG


サドルはセラSMPのコンフォート系のモノがあり、これは相性が良いものであることは使用して実証されていますからこれを使います。
RIMG1586.JPG


ステムは現行品が測ったら85mmのもので、在庫としてあった「プロファイルデザイン」の105mmの物に交換することにします。
RIMG1587.JPG

このステムはFELT Z25のポジション変更用に約9年前に購入した懐かしいものですが、どうしてどうしてまだ十分に使えますし、ボルト類などは錆防止でステンレスのモノに変更してあります。

特に問題もなくEX8には装着完了で、ポジションは流石にロードと同じというわけにも行きませんので、やや前傾を弱めて、サドルを前に出して、上半身を立てて踏み込むタイプのペダリングができるようにしておきました。
RIMG1588.JPG

もちろんこれは「正解」ではなく、暫定のポジションになります。

なんだか世間はオリンピックだの北朝鮮だのと騒がしい限りですが、自分は自分の休日を自分のペースで過ごすことができたのは、これはとても幸せなことなんでしょうね。

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

寒さに負けるな! [雑談]

先ほど帰宅して来まして、いまPCに向かって本日の記事を書き始めたのですが、体が固まって、指先が思うように動かず、頭もボーとしています。
とにかくいつも通り筑波周りにのルートを走ってきましたが、5:00に自宅を出るときには既に-6℃まで気温が下がってきて、走り出すとガーミンの気温計はみるみる低下して、とうとうこんな気温まで下がりました。
RIMG1553.JPG

もちろん今季の最低記録をぶっちぎりで更新ですが、岩瀬に着くまで2時間以上-10℃以上に上がることがなく、覚悟して出たものの、寒いを通り越して気が遠くなってきました(苦笑)。

これでは22日に降った雪が溶けるはずもなく、道路でも日陰はまだ積もっていたり、アイスバーンになっていてます。
RIMG1554.JPG

流石に自分も最低限の学習機能は働いていて(笑)転びたくないので自電車を担いで歩きます。
アイスバーンの所を歩くと間違いなく転ぶので、路肩の積雪した所を選んで歩きますが、足がズブっとくるぶしのところまで埋まってしまうほど雪が残っていました。

ようやく日が昇ってきましたが、それでも一向に暖かくなる気配がありません。
薄雲で陽の光が弱いこともあるでしょうが、なんとも強烈な換気ですね。
RIMG1558.JPG
RIMG1557.JPG


しかし、これが筑波山を撮影した光景には見えませんね。
RIMG1561.JPG

見渡す限りまだ雪景色で、視覚的にも寒さが頭に染み込んでkる感じです。

もうこうなったらダイエットもクソもありません。
とにかく氷点下のライドで体温を維持するのが精一杯という感じで、猛烈にお腹がすいてきました。
RIMG1562.JPG

カレーのスパイスでお腹の中から温まってくる感じです。
このあとやっと帰宅した感じですが、結局帰宅するまでガーミンの気温計は氷点下から上がらず、そのせいだと思いますが、全身にいつもと違う猛烈な疲れが出てきて、クタクタになりました。

突然話が変わりますが、関東地方はこの寒さで電力事情がかなり逼迫しているそうです。
自宅も年寄りがいて「ヒートショック」での事故を避けるために、エアコンを1台作動させっぱなしにしていますので、今月の電気代はものすごいものになりそうです(苦笑)
でも、縁起が悪い話ではありますが、電気代ケチって親に倒れられて「お葬式」でも出す羽目になると、その出費は電気代より二桁違うモノが出てしまうんですね。

それと、これだけギリギリの需要だと「何かがある」と、突然停電となる危険性もありますし、当然地震などの災害のこともあるので、電気を使わない暖房のバックアップは絶対用意すべきです。
自宅には石油ストーブ2台と、小型のカセットガスストーブがありますが、しばらく石油ストーブを使っていなかったので、給油して動作確認をしておきました。
RIMG1563.JPG

電気モノの温かさと違って、このオレンジの炎を見ると、視覚的にも心身が温まる感じがしますね。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

やはり、走った距離は裏切らない [雑談]

のっけから無粋なタイトルで申し訳ありませんが、昨年12月は何とか700kmの距離を走れました。
今月も既に700km近く走っていて、昨日の通勤時に「突然」なんですが、脚が思う通り周る様に成りました。
自分の場合アスリートの様なトレーニングをしているわけでは無く、ただのんびりと距離を走っているだけなんですが、個人的なパフォーマンス維持の目安が「700km/月」で、これは「距離は裏切らない」という大原則を改めて思い知りました(苦笑)

さて本日も本人は飽きもせず同じコースで筑波行です。
出足がやや遅れて出発が6:10頃に成りましたので、既に明るくなってくるという事で、久しぶりの鬼怒川自転車道です。
180121筑波 005.JPG

昨日感じた好調さは本日も健在で、風も無く順調に進みます。

7時ごろにようやくぼんやりとした熟柿のような朝日が遠慮がちに出てきました。
180121筑波 011.JPG


本日は明日天気が崩れるからなのか、また雨天を(実際は大雪の恐れが!)期待しての「野焼き」の煙のせいなのか、遠くの山などはぼやけて見えません。
筑波山も麓まで来てようやくこの状態です。
180121筑波 012.JPG

筑波登山道入り口ではクロスバイクに乗ったご主人とお話させていただきましたが、ロードバイクに興味が有るという事で、色々とお話させていただきました。
さあ皆さん!ロードバイクの世界にようこそで、ここから喜びも苦しみも沢山味わいましょう(苦笑)

さて本日はあまりお腹も空いていないので、場内坂にはいかず「ましこの道の駅」で何かおいしい物をと近づいたところ、ヘリコプターのリフトオフのエンジン音が響いていました。
180121筑波 013.JPG

このヘリコプターは、機体番号から、「筑波航空」所有のロビンソンR44だという事が解りました。
ヘリコプターも普通はタービンエンジンがメインですが、このR44はレシプロエンジンで、大排気量のライカミングの空冷水平対向6気筒の唸る音を、久々に近くで聞きました。

と、ヘリコプターを見に来たわけでなく、本日はこちらに不定期で出陳している「デルフィーノ」さんの窯焼きピザを食べる為で、本日は運よく食べる事が出来ました。
180121筑波 015.JPG

注文してから生地をタネから伸ばしてトッピングして焼き立ての本格的なイタリアンピザを堪能できます。
うんうん、やっぱりワインが欲しいよー!(苦笑)

という事でノンビリ130km走ってあとはノンビリ昼寝と思ったら、近所の子供と2時間ぐらい外遊びに付き合わされて、自転車に乗るより体力を使ってしまいました(苦笑)。
でもまだまだ子供と遊ぶだけの体力は有るようで、「若い者にはまだまだ負けんぞ」と言い始めるところが、歳をとった証拠なんでしょうね(笑)。
nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

冷凍地獄との格闘で疲労困憊 [雑談]

昨年に今年の冬はあまり寒さが堪えないなぁ・・・なんて呑気な記事を書きましたっけ(笑)。
寒いといっても、実はこれで平年並なのだそうで、この平年並みという表現が曲者ですが、一時期冬でもあまり冷えない年が続いていましたが、ここ数年はいかにも冬らしい気候を取り戻したということなのでしょうか?

そんなに堪えるのならローラーでも回していればいいじゃないかは正論ですが、この寒い中をイベントに出たりツーリングするときに体が気温に慣れていないと「ヒートショック」で、その気温に体を順応させるために体力が奪われてしまうので、本番で少しでも楽をしたければ、暑いの寒いの文句を言わず走るだけです。

冬の間は同じコースばかりで記事にしてもつまらないのですが、まあお付き合いください。
出発は何時ものように早朝で。本日は4:50頃自宅を出ます。
RIMG1504.JPG


しかし、ガーミンの気温計は見る見る下がっていき、-7℃付近にすぐ落ちて、その後もじりじり下がります。
唯一のご褒美がこの朝の美しさですね。
RIMG1508.JPG

やはり寒ければ寒いほど色彩が艶やかに成っていくように思います。

ようやく暦上の日の出時間になりましたが、とうとう-9.6℃と今シーズンの最低記録です。
RIMG1515.JPG

走行地域の気象庁観測気温が-5℃程度で、郊外だと1~2℃落ちることを考えれば、実際は-7℃程度なのでしょう。
ただこのくらいの気温になってくると、寒さも更に一段と体にこたえてきて、通勤のように30分程度ならまだしも、結局8時近くまでこの気温でしたから3時間もさらされるとダメージが大きくなるようです。

ようやく日が昇って来ましたが、通常だとこれで随分温まるのですが一向にそんな気配はありません。
RIMG1516.JPG

本日の装備だと、汗もかいていない感じで、もう一段防寒装備を強化しておくべきでした。

りんりんロードを南下していき、真壁付近で綺麗な富士山とご対面です。
RIMG1523.JPG


筑波山も稜線が絵に書いたようにはっきり見えて、見ている分には清々しいです。
RIMG1526.JPG


筑波登山口で休憩と補給を行いましたが、帰路は猛烈にお腹がすいてきました。
やはり低温に体を慣らすために、相当体力を消費しているようで、普段感じないほど疲れてきまいsた。
たまらずイートインのあるコンビニに飛び込んで燃料補給です。
RIMG1528.JPG

で、スイーツなのというツッコミはご勘弁を(苦笑)。
陽のあたる暖かいイートインコナーで体が溶けるようん感じで、眠くなってしまいました。

本当にこのままままだと熟睡しそうだったので、無理やり体を椅子から引き剥がして出発です。
とはいえやはり全身がだるくてペースが上がりませんが、なんとか11:15頃には益子に到着です。
本日はお馴染みの「LeSiNa」さんで、仕入れが会った時だけの「裏メニュー」の「マグロ漬け丼」をいただきました。
RIMG1531.JPG

個人的には海鮮物は時ではない方ですが、そんな自分もなんの抵抗もなく頬張れるほど臭みなど全くなく、美味しくいただけました。

しかし、今年はあと何回こんな感じの南極越冬隊のようなツーリングをしなければいけないんでしょうかね。
今年は3月11日開催の「ビワイチ、琵琶湖ロングライド2018」にエントリーしましたので、例年だとこのイベントも早朝は氷点下近くまで下がっていますので、この時期までは防寒装備が手放せないでしょう。




nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る