So-net無料ブログ作成
検索選択
自転車環境 ブログトップ

筑波りんりんロード、未だ霞ヶ浦に継らず? [自転車環境]

長かった夜勤のロードも一区切りついて、ようやく来週から人並みの時間に寝起きすることができますが、毎年この2月は必ず体調を崩して不調のどん底に落ち込んでしまうのですが、寒暖差が激しく、風も強かった荒れた天候が多かった中、なんとか風邪も引かずに今年は逃げ切れそうな感じです。

さて本日は久しぶりに風が治まった週末でしたので、何時もの筑波方面、いや霞ヶ浦まで足を延ばしてみることにしました。
準備をして4:25頃自宅を出ますが、自宅付近はちょうど0℃付近で、-2℃まで下がるようですがこの程度だとあまり寒くは有りません。
これでもアンダーウェアを上下一枚少なくしたのですが、体が慣れるとはこういう事なのでしょう。
北海道の人は、-5℃でも「今日は温かい方だね」なんて方もいましたから、そういう事なのでしょう。

最近の日の出時間は6:20くらいですから、6:00ころには明るくなってきます。
RIMG0497.JPG


何時もの岩瀬駅に着くと朝日が昇る寸前でした。
RIMG0501.JPG

RIMG0504.JPG


本日はちゃんとFELTで来ていますよ(笑)
RIMG0503.JPG


毎年恒例の桜の蕾チェックですが、まだまだ固い感じですね。
RIMG0505.JPG
RIMG0507.JPG


真壁に向かっていると山の稜線からやっと朝日が上がってきます。
RIMG0508.JPG
RIMG0514.JPG


本日の目的は、「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の霞ヶ浦への、接続がどうなっているかの実地確認がメインに成ります。
なんというか本当は岩瀬に自動車でバイクを持っていき、全長180kmの走破を考えていたのですが、忙しい中ネットでコースの詳細を調べようとしたのですが・・・・・
これが何とも要領を得ないんですよねぇ(苦笑)。
実は今まで自転車道を走ろうと、行政のHPとかを訪れるのですが、全国例外なく「ほとんど役に立たない」ものが多いというのが実態なんです。
これは特別悪口を言っているわけではなく(言っているって(笑))、行政の職員が「机上の仕事」をしていればこうなってしまうのは仕方が無いんです。
気の利いたところでも、車で現地に行って撮った写真が掲載されていれば上等な方で、要するに「サイクリスタの目線」ではないという証拠なんです。

まあ、もともと自転車に興味も無く、自分で走っている人でなければ判らないのが普通なのであって、職員の立場で言えば仕方が無い事なのですが、結果として「悪意は無いのだけど、力足りず案内が仇に成って、コースがダンジョンと化す」という事が珍しくなく、勇者ではないオジサンが、意味も無く「冒険の旅」に出されてしまうんですね(笑)。

本題に戻りますと、僕は通常りんりんロードが土浦市街地に入ると、コースを外れて市役所の横の道から霞ヶ浦の湖畔に行く「最短距離」の定番コースがあります。
今回はコースそのものの確認だったので、りんりんロードの案内の通りに進んで霞ヶ浦に行けるかという事がテーマでしたので、その通りに走ったところ、見事に土浦駅の近くの表示さえ定かでないガード近くで、何時ものようにコースが途切れてしまい、見事に冒険の旅に放り出されました(苦笑)。
RIMG0516.JPG

まあ、粗忽者の僕のことですから(笑)、見落としたり見間違ったりした可能性はあります。
「七たび探して人を疑え」のことわざもありますしネ!(笑)

仕方が無いのでガードで常磐線を潜り、霞ヶ浦の湖畔を目指します。
RIMG0517.JPG


街道沿いに走っていたら交差した川の橋のたもとにようやく案内を見つけました。
RIMG0518.JPG


川沿いに霞ヶ浦に出ると、そこは「土浦日大高校」のグランドのようで、それを避けるようにコースが設定してありました。
RIMG0519.JPG

まあ、まだとりあえず道を作りましたという感じで、案内の看板は仮設で立てたもののようです。
しかし、これは普通にすんなりとは霞ヶ浦に出られませんね。

さてもとに戻ろうと反転したら、どうやら川沿いにコースが設定しているようです。
ここは新設したコースではなく護岸横の道にとりあえずマークを書いたという感じで、通れるところをジグザグに繋いだコースなのは仕方がありませんね。
途中に大きい道に交差すると、そこは信号もなくとても安全に渡れる感じはしません。
RIMG0520.JPG


さらに進んでいくと見慣れた街道・・・・そう、まっすぐ進めば元々のりんりんロードのコースにぶつかっているではないですか!
ところがそこにある立て看板は「左折」を指していて、これでは土浦駅に戻ってしまいます。
RIMG0522.JPG

まあ、随分いろいろなイベントが仕掛けられたゲームのようですが(苦笑)、こちらは見知ったコースに直進してみて、改めて振り返ると迷った理由が分かりました!

なんと直進しなければいけないところを、「右折」の立て看板があるではないですか!
RIMG0523.JPG
RIMG0524.JPG

まあ善意に考えれば交通量が激しい街道なので信号機のある交差点に案内したとも取れますが、少なくとも初めて来た人や、もともとのコースを知っている人は迷わず右折するはずです。

ええーい、言葉で説明しにくいので簡単な地図を載せます。
案内図.jpg

まあ、こういうことなんですが、事前に「正規のコース」をルートラボにでも入れておかなければ、始めてきた土地勘のない人は、「現時点」では霞ヶ浦になかなかたどり着かないのではないでしょうか?
最終的にはちゃんとした案内板が設置されるとは思いますが・・・・・どうなるのでしょうね。

今日のツーリングはこれで「ミッションクリア」なので、あとは淡々と帰路に着きます。
いつもの「コメダ」で人間の補給と電子機器の充電を行って、まず筑波を目指します。
帰路は西寄りのコースなので、南西の風だと向かい風になるので一気にペースが落ちます。
でもなんとか筑波山が見えてきました。
RIMG0525.JPG


このあたりはもう梅が満開で、所々で綺麗に咲いています。
RIMG0526.JPG
RIMG0527.JPG

取り方が下手なので何の花かワカリマセーン(苦笑)

まあ、色々と文句を言っていますが現時点は仕方がない事で、とにかく完成予定は5月連休なので、各所で地道に工事が進んでいます。
RIMG0529.JPG

これは自転車のマークを「貼り付けている」ところで、珍しいので撮影許可を頂いてパチリしました。

しばらく走っていると、遠くに消防車がいて煙が見えますが「スワッ、火事か!」は早合点で、この時期お馴染みの「野焼き」進んでいるようです。
RIMG0530.JPG
RIMG0531.JPG
RIMG0532.JPG


益子でいつものランチを頂いて、14:15頃到着し、175kmを9時間50分で走行しました。
ガーミンのログは往路と復路に分けました。
土浦往路170225.jpg
土浦復路170225.jpg

ポジション調整やペダリングなどいろいろ試したら、思いのほか脚を回したらしく結構疲れました。

実は春先に仲間たちとつくばリンリンロード全コース制覇のツーリングを企画していますので、その前に今度は霞ヶ浦のコースがどうなっているかの、下見はしておかなければいけませんね。
これは「パーク&ライド」で自動車で霞ヶ浦まで来て、ゆっくり観光や見どころなどをチェックしながら、コースを確認していきたいと思います。



つくば霞ヶ浦りんりんロードに向けての改修について [自転車環境]

本日はもはや冬晴れという好天の中、何時もの筑波へのツーリングを行いました。
昨日は徹夜で幕張のサイクルモードで遊んできたので、流石にスタミナが切れていましたが、先週走っていなかった事も有り体を解す程度ののんびりとしたペースで走ってきました。
実は昨日サイクルモードで訪れた茨城県のブースで聞いてきたことを確かめるという目的があったのですが、詳しい内容は後半に説明します。

流石に3:00に起床することはできなかったので、準備をして5:20に自宅を出ました。
この時期に成ると日の出は6時過ぎですからまだまだこの時間は夜の時間です。
開けたところに出ると地平線が少し焼けてきたようです。
RIMG0024.JPG


何時もの鬼怒川自転車道に出ると気温が水温より低いので、川面からガスが湧き出しています。
RIMG0029.JPG
RIMG0032.JPG

最低気温は自宅付近でなんと6.3℃で、恐らく鬼怒川付近は5℃以下に成っていたのではないでしょうか。
今年初めて初冬向けのやや厚手の長袖ジャージに、ロンググローブ、耳当てという装備で家を出ましたが、2週間前と季節がかわってしまった感じで、身体が寒さに慣れていないので、本当に寒かったです。

ようやく朝日が上がってきましたが、やはり光が夏よりは弱弱しい感じですね。
RIMG0036.JPG


何時もの岩瀬駅付近ですが完全に冬の画像ですね。
RIMG0037.JPG


本日は時間の関係で、筑波登山道口を越えて、北条の先の小田という所で折り返します。
RIMG0038.JPG

此処はりんりんロードを横切る形で再建された「小田城跡」です。

最初はややガスが出ていて霞んでいた筑波山ですが、北寄りのやや強い風が出てきてハッキリと見えるようになりました。
RIMG0040.JPG
RIMG0042.JPG


さて、昨日サイクルモードで聞いてきたのは、「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の為の、現りんりんロードの改修についてですが、土浦市側から開始されているようで、土浦市街地付近の交差点はほとんど工事が進んでいますが、ここ筑波山付近も始まったようです。
RIMG0043.JPG


実は2週間前の記事でこの工事は「自転車止めのフェンスでは?」と思い込んでいて、交差点毎に止められたのではロードバイクは走りずらいと書きました。
しかし、自転車止めのフェンスなら、この画像のように車道まで舗装を掘削する必要は無いはずですよね?
RIMG0044.JPG

実はこの工事は、自転車を止めるための工事では無く、先のサイクルモードで茨城県の土木課の方の説明では、なんと「自動車止め」の為の工事なんだそうです。

この話には本当に驚いて引っ繰り返ってしまいました。
かつて訪れたほぼすべての自転車道(河川管理用道路)は、一般道との交差点は、ほとんどと言って自転車道側を止めるための表示や走行を阻むフェンスなどが有ったものですが、自動車側を一時停止させるというのはほとんど「前代未聞」ではないでしょうか。
なんでも地元の自治体や警察の理解と協力が有って初めて実現化したとの事です。
まあ、どのような形になるかはわかりませんが、自動車側に「一時停止」の標識と、ワザワザ道路を掘削しているので、もしかするとスピードブレーカーのような段差などが出来て、強制的に速度を落とさせようという感じなのかもしれませんね。
あと、安全とコース案内の為に他の標識も含めてこのような標識が数多く設けられるそうです。
RIMG0014.JPG


この事で、茨城県の「つくば霞ヶ浦りんりんロード」にかける本気度が判るという物です。
埼玉県も複数ある河川沿いの自転車道を繋げることで、県内をツーリングできるようにするという構想を以前聞いたことが有りますが、「自転車の街」として有名になってきた宇都宮市がある我が故郷栃木県の場合、多くの県管理の自転車道は「草生して崩壊寸前」という体たらくで、たとえば我が「鬼怒川自転車道」も、草刈りや一部舗装のやり直しなどの「維持管理」はしているものの、たとえば多くの人達に利用してもらうためのハードやソフト面の工夫があるとは思えず、埼玉県や茨城県が羨ましい限りです。
とはいえこまま手をこまねて、指をくわえて眺めているだけというわけには行かないですよね。

と、愚痴はこのくらいにしておいて、先に進みます。
ランチは何時もの益子で・・・・・、あっそうだ!、今週末は恒例の「陶器市」が有ったんでした。
RIMG0048.JPG


益子が一年で一番賑わうこの陶器市ですが、故に飲食店などは何処も「満員御礼」で何時ものお店にはいけませんが、毎年出ている何時もの屋台で焼き鳥を頂きます。
RIMG0046.JPG

当然(笑)ノンアルコールビールも付けて、大満足のランチでした。

結局岐路は殆ど常に5m/s前後のの北風に悩まされて、148kmを、AV23.3㎞/hでかなり消耗して14:05に何とか帰宅できました。
この後2本のブログをまとめて、夕飯をはさんで結局21:00に成ってしまいましたが、今日も早朝から夜遅くまで結局自転車三昧で、昨日も含めて本当に濃い週末でした。


大掃除で物置に棚を作る [自転車環境]

先月の震災以来、自宅待機中であることは何度か書きましたが、防災用品の再チャックや、避難準備などで大忙しで、それが落ち着いたら、今度は自宅の内外の大掃除と物入れの整備を狂ったようにやっています。
きっと近所の方は、「あら、soranekoさんのお宅、あんなに急いで片付けて、引越しするのかしら?」とか井戸端会議でささやかれている事でしょう。

20年前に新築で家を建て以来の、家財道具や、2人の叔母の遺品が溢れかえって、にっちもさっちも行かなくなっていたのですが、地震で後片付けをしていたら、勢いが付いて止まらなくなってしまったというのが、大掃除の真相です(笑)。
おそらくこの機会にやってしまわなければ、仕事が再開したら絶対出来ないだろうという確信もあり、その反動も手伝っているのだと思います。

しかし、あるはあるは!。
自分のだけでも、オーディオ、ビデオ機器や撮影機材、古いコンピューターや自動車の部品や用品など、ここ20年でやってきた趣味の残骸が、溢れかえっていました。
今回は、自分のも家族のも、押入れや物入れに入れて1シーズン出さなかった物は断固廃却するという固い決意で問答無用に廃却を進めて、1トントラック2台分ものゴミやリサイクル品が発生してしまいました。

いらない物がなくなったので、今度は収納です。
正直、押入れや物入れは「ゴミだめ」になっていて、肝心な日常品が屋内や、軒下に溢れていたので、まず、物置を整理して、棚を作って整理整頓できるようにと考えました。

まず、物置の中の物を全部出します。
自宅11040 003(2).JPG

1.5坪(3畳)もある物置なので、上手に使えばかなりの収納力があるはずです。

で、単にフロアに積み重ねていた反省で、スチールの棚を組み付けました。
自宅11040 007(2).JPG

スチール製で、幅1800mm、奥行き450mm、高さ1800mmも有るので、これが重いこと重いこと!。
寸歩がギリギリで、内部で組み立てが出来ないので、外で組み立てて中に入れましたが、これは大人が二人掛りでやる作業で、一人で担いで収めるのに相当難儀してしまいました。
昨日100km以上走ったので、疲れが溜まって目がくぼんでしまいました(笑)。

収めるにあたり、当然「地震による転倒防止対策」を施しました。
まず、足元が安定するように木の板を引いて、転倒防止のアダプターをつけます。
自宅11040 009(1).JPG

こんなシールで大丈夫かなと思いますが、115kgの家具でも抑える能力があるそうです。
本当は「タンス突っ張り棒」も入れたかったのですが、何処に行っても売り切れで、後で買うことにしました。

非常用の水を入れたポリタンクなど、重い防災用品を下に入れて、透明の整理BOXを並べてみました。
自宅11040 010(2).JPG

これに小物やその他のものを収めればスッキリするはずです。

出し入れのための通路を除けば、更に1畳分のスペースが空きますから、スタンドを立てて自転車2台分と、自転車用品、整備用品を納めることが出来ます。
うーん、実はこのスペースを作り出すのが本当の目的だったのかもしれません(苦笑)。

屋内の自転車保管、スタンドを購入 [自転車環境]

ロードの「FELT」と、買ったばかりの「WAZOO」は、大雑把な僕でもさすがに屋外放置には出来ず、室内に入れていましたが、明らかに「邪魔」だし、床に直置きも忍びな、くミノウラのディスプレイスタンドを注文しました。

本日帰宅したら、届いていましたが、あまりにデカイ箱なので、取り出して組み立ててみました。
jitaku_091126 002(1).JPG


とりあえず愛車を2台乗せてと・・・・・・。
うーんあまり片付いた感じはしませんね(苦笑)。
置き場所とか、もうチョッと工夫して見るつもりです。
どーせ年末大掃除の時期だし。
自転車環境 ブログトップ
メッセージを送る