So-net無料ブログ作成
検索選択
危機管理 ブログトップ
前の10件 | -

吉兆?凶兆?水平の虹(水平アーク)出現! [危機管理]

「自転車に乗れないsoranekoさんは、きっとブログの更新も滞るかな」と心配・・・・してませんよね(苦笑)。
まあ、まるで小学生のように呆れるほどの好奇心いっぱいの51歳ですから、ブログに書くネタには、たかが自転車に乗れないくらいでは(フン!、強がっているんだもん!)困ることはありません!。
実はこのタイトルのブログの前に、「萬世相ボヤキブログ」を開設していたんですが、このまま行くと「どすこいライダー」は開店休業でも、そちらのほうが「新装開店」しそうな勢いです(笑)。

さて今日も改めて恨めしいほどの(笑)、良い天気でしたが、ここ栃木県宇都宮市では、10:30頃、南東の方向の上空に、地平線に並行の水平の虹「水平アーク」が、かなり鮮明に発生していました。
DSC_0002.jpg

これはけして珍しい現象ではないのですが、気象的には翌日の天気の下り坂(雨が降る)予兆として捉えられているようですが、古来からの伝承の中には「凶兆」や「地震」、「火山災害」の前兆と捉えるものもあったりして、どちらにしても「昨日とは違う明日が訪れる予兆」という捉え方が出来るのかもしれませんね。

あっ、自分は連休後半で後3日お休みをいただけますが、連休最終日には自転車関係のネタで記事を投稿しますので、「何が出るかな?」とお楽しみに。
毎年恒例のまたも「アレ」ですよ!
懲りもせずに乗れもしないのに(苦笑)。

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

避けられぬ事故による死と、生を求める努力 [危機管理]

重いテーマです

なぜこんな記事を書いたかというと、一般の方には全く流れていない情報ですが、自転車イベントで、過酷な長距離を走ることで、最近国内でも人気が急上昇中の「ブルベ」ですが、その界隈でオーソリティとも言われているブルベ界屈指の大ベテランの方が、海外遠征中にトラックにはねられて死亡してしまったとい事で、ブルベの関係者の間では強い衝撃が走っています。

一般道、それも車でも大変なような山間部等を、をそれこそ何日も昼夜を問わず走り続ける長距離ブルベの場合、そのための体力や技術と同じくらい、いや最も大切なのことが「無事に走りきるための危機管理と安全意識」であり、そのスキルと意識が高いからこそ、大きなリスクを認識してそれを克服できるわけです。
当然故人の方もそういった意味ではブルベライダーのお手本とも言える立派な方で、協会の重鎮でもあったわけですが、そんな人でも事故による「死」から逃れられなかったという「不都合な現実」が、各関係者に重い現実を認識しざるえない事態に追い込んでしまったのだと思います。

自分に振り返ってよくよく考えてみると、安全性に関するスキルは年々向上してきていて・・・・これは加齢とともに「臆病」になってきていることとも関係があるのですが、とくに安全性に関しては、危険に対しては過敏に反応するようになっていて、走行に当たり極力「交通事故のリスク」を減らす方向で進んできています。
「挑戦」とう意味と「自分試し」という意味では、攻めるという方向性で考えると、どうしてもある程度のリスクを覚悟せざる得ないのですが、であれば尚更リスク回避の方向で万全の準備や「撤退する勇気」の大切さが大きなウェイトを占めるようになってきました。

でもです、それでもです、いくら気をつけてもです、スキルがあってもです、意識が高くともです!
「不運」という名の死神は「運命」という名の鎌を振り落として、大切な命を刈り取っていってしまうのかもしれませんし、抗いようが無いのかもしれません。

こういう話をすると必ず聞くのが「人の生き死には運次第なのだから、努力なんで「続けて」も無駄なんだよ」という知った風な捨て台詞です。
でも僕は運命に全てを委ねて、「絶望」に身を委ねる人間が大嫌いです!
「絶望は死に至る病である」とはよく言いますが、たとえ抗えぬ運命であったとしても、その瞬間まで自分ので出来ることを、出来るだけ努力し続けなければいけないはずで、だからこその人生なのだと思います。

ちょっとキザで大げさな話ばかり書いてしまい、今PCの前で赤面しながらキーを叩いておりますが(苦笑)、結論はいつものようにシンプルで「それでも僕はペダルを回し続ける」という事だけです。
だってペダルを回すの事がイコール自分の人生であるのなら、自ら人生を放棄してしまうことなんかできないからだと思っているからです。

自分は公道に出るとき、正直いつも「今日が最後かもしれないな」と思いながら自宅を出ています。
だっていくら気をつけても、後ろから「暴走車両」、「前方不注意の車両」、横から「一時停止無視の車両」などと「遭遇」してしまったとき、事故に巻き込まれ「死亡」するリスクが非常に高くなるからです。
ただ、「KYT(危険予知トレーニング)」のスキルと経験から、本人の警戒レベルが落ちていなければ、正確な判断ができれば、かなり大き「不運」が訪れても、それを回避できる、もしくは被害を最小限に抑えられる公算が高くなることも否定しがたい一つの「現実」です。

とにかく天に召される、または不幸にもペダルを回せなくなるその日まで、生き延びるための努力をし続けようと思います。
交通安全の維持ととその達成は、一過性の「特効薬」で劇的に得られることはなく、毎日の、常にその瞬間の絶えまぬ努力でしかえられないという「否定しがたい真実」と、常に向き合っていなければいけない物なのかもしれませんね。
nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

変革と理性 [危機管理]

前回に引きつ続き、英国の国民投票でのEU離脱の結果より、更に桁違いに驚愕の結果が世界中を駆け巡っていますね。
「安らかにあれ」と、理性的に考えればあり得ない結末に成った・・・・というのが世間一般のというより、現時点までで安らかな生活を送れている、実は全世界的に見れば「恩恵に預かれる少数派」の人達の、実に根拠のない妄想だったという事がはっきりしてしまったのではないでしょうか。

「史上最低の大統領候補」と言われる女史と、「史上最悪の大統領候補」と呼ばれる放言社長の闘いは、世間的には驚愕の結果となりましたが、個人的な感想で言えばそう驚く結果ではないと冷静に捉えています。
我が国もそうですが、俗に「先進国」と称する国々は、色々な意味で恩恵を享受出来無い、その他多くの国々から羨望とある種の怒りをもって見られていて、その頂点であるはずのアメリカ合衆国の多くの国民が、実は恩恵から見放されたと強い怒りを持っていたという現実を、我々は冷静に見て行かなければ今後を見誤るのかもしれません。

世界で最も豊かな国の国民が、現状の境遇に不満を持って、血を流すかもしれない変革をもとめたのは、強い覚悟が有っての事か、理性が失われて熱病にかかっていたのかは、おいおい結果が出てくることでしょうが、翻って我々の今後を考えれば、かなり乱暴な意見であることは重々承知していますが、今回の出来事を「災害」の類と考えるのなら、危機管理という観点から「あらゆる被害を想定したうえで、冷静に日常生活を送る」しかないと思います。

こうなるとあらゆる事態が予想され、特に偉そうにふんぞり返っているマスメディアの「戯言」に惑わされないように、自分の意志と判断で冷静に生活していくしかないと思っています、
此処で皆さんを無意味に驚かすつもりは全くありませんが、危機管理の観点から、少なくとも大統領就任式の行われる来年の1月20日正午頃くらいまでは、事態を冷静にみて、あらゆる不測の事態に備えておいた方が良いように思います。

最後に一つ、僕は特別の情報チャンネルを持っているわけではない「普通の一般市民」ですが、今回の選挙戦では、実のところ終始トランプ氏が優勢であるという話は色々なところで聞こえてきました。
「サイレントマジョリティ(物言わぬ主流派)」と呼ばれる人たちは、表向きには自分の意向を表明していないのですが、実は密かに思う所があり、そういった人達が本音の部分でトランプ氏に共感していたという意見は、この結果をもって「当たらずとも遠からず」という事だったのでしょう。
実はこの「サイレントマジョリティ」という勢力は実に厄介な存在で、ある意味「風通しの悪い特定勢力が支配的な安定的組織」には必ず存在しており、表向きは従順に振る舞いながら、実のところ「ある種の恩讐を持った消極的な反抗」を心の中に仕舞い込んでおり、その組織の重大な局面、転換点に「突然牙を剥く」可能性が有りますので、十分存在を認知したうえでの慎重な対応が求められます。

僕個人の事で言えば、思った事は直ぐに口にでてしまう厄介な性格で、「口は災いの元」を地で行っているような人生を送っていますから(泣)、さしずめ「ノイジィマイノリティ(騒がしい反主流派)」というべき存在なので、鬱陶しいでしょうが必要以上に警戒される事は無いと思いますよ(笑)。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏のサイクリングの必需品!熱中症予防に心拍計を [危機管理]

さていよいよ夏本番が近づいてまいりましたね。
実は子供の頃からどすこいライダーだったデブのベテラン(苦笑)の僕にとって、夏ほど苦手な季節はなく、毎年「涼しい北海道に住みたい!」等と喚いておりました。
本格的な自転車生活が始まった10年ほど前より、体脂肪率が下がり保温効果抜群の毛皮のコートのような「脂肪のスーツ」を一枚脱ぎ捨てた結果、かなりの高温になっても耐えられるようになり、夏場のツーリングなどを繰り返していたら、運動で自律神経も鍛えられたのか、不思議と暑さが苦手ではなくなりました。

とはいえ、温暖化が進む昨今の夏の暑さは尋常ではなく、平気で外気温が体温を超えることも珍しくなくなってきました。
正直体温を超えると、身体の調整機能の範囲を超えてしまっていて、生命の危機ですらありますし、炎天下で舗装道路上の温度は、ゆうに40℃を超える温度になってしまいますから、「自転車に乗るのも命懸け」となります。

正直「僕は根性がないから暑い日には自転車に乗らない」という情けない心がけの方がこの場合正解であって、無理は禁物になります。
しかし困ったことに自転車で何かに挑んでいたり、何かと戦っておられる方々の中には、精神力が身体機能をはるかに凌駕してしまっておられている方々が少なくなく、「努力と根性と汗と涙」で、自分の限界を簡単に突破してしまうらしいのです(苦笑)。
まあ、見上げた根性と僕のように根性がないことに関しては胸を張って誇れる(笑)軟弱モノから見れば羨ましい精神力ではありますが、これが死んでしまっては元も子もありませんわね。
僕の場合少なくない夏のツーリングの経験から、「これはやばい!」というような熱射病の初期症状を自覚することができるので、速走行を停止させて日陰に入り水分やミネラルを補給して、場合によっては公園の水道の蛇口に頭からじゃぶじゃぶ水をかけたりして、冷却して回復を測ったりします。

しかし、まだ経験が浅く熱中症の初期症状を自覚できない方や、走り出すと一生懸命になって他に気が回らない方などは、心拍計(ハートレート、以下HR略)を活用することを強く勧めます。
まあ、トレーニングの場合、自動車の回転数や出力に相当するのがHRであり、状況によるHRのモニターと記録による後の考察は非常に大切なものですので、多くのライダーはHRを装着されているとは思います。
で、HRが熱中症対策の何の役に立つということですが、そもそも熱中症とは、あまりの暑さに自律神経の調整能力が追いつかなくなり、体温が上昇し続けてしまう事をいいます。
具体的には頭がフラフラしてきて体中の力が入らなくなり、歩くことも辛くなってそのうち意識がなくなります。
また同じ運動強度で動いていても、体温を下げようと血液の循環を活発にさせるので心臓がフル回転・・・・つまりHRがどんどん上がってくるのですね。

これは恥ずかしながら何度も経験していますが、平地で無風状態の中を巡航してるのに、何故か自分の意識に反して速度が落ちてきて、もしくは速度を維持しようと心がけると今度はどんどんHRが上がってきます。
負荷を上げないのにHRが上がってくる=熱中症と判断できるんですね。
ですから僕は、外気温が30℃で湿度が高い(湿度が高いと発汗作用の冷却能力が落ちる)時は必ずHRモニターを装着することにしています。
まあ、普段使用しているサイコン「ユピテルATLAS CM31」にはHR機能があるのですから、センサーを付ければいいだけなんですがね(苦笑)。
RIMG1850.JPG

普段はこのバンド型のセンサーをつけるのがどうしても面倒で、またセンサーログ機能を増やすとサイコンの電池消費量も増えるので使っていないのですが、夏場の場合「命が掛かっている」のでは面倒など悠長なことを言っている場合ではありません!

と、自分の無精を諌めついでに、サイコンのセンサーの設定も久々に(苦笑)行います。
RIMG1849.JPG

このATLASのトレーニング機能は、最新のガーミンや他の高級なサイコンのような複雑なコトは出来ないものですが、一応安静時のHRの設定と、計算上の最大心拍数を設定した年齢から割り出しているようです。
これは220-年齢という簡単な敷から出ているもので、あくまで目安にしか過ぎませんが、ロングライドイベントなどで「攻めない走り」で体力温存の山岳走行をした場合、10%程度の勾配を突破したあとにHRの記録を見てみると、不思議と172程度でしたから、あながち間違ってはいないようです。
一応アラート機能もあるので、165に達したらアラームが鳴るように設定しておきますので、仮に間違って男気全開で走りに夢中になっていても(苦笑)、気が付くようにしておきました。

あと使っていないセンサーの電池(CR2032)を交換して、電池切れに備えます。
RIMG1851.JPG

このセンサーはATLAS付属のHRセンサーですが、ボンドレガーのサイコンを購入してきた時についてきたセンサーも全く同じ形状をしていました。
RIMG1852.JPG

このANT+通信のセンサーは何処かの(恐らく台湾製)メーカーのOEM品と推察されますね。
ちなみに同じANT+の規格なら結構互換性があるようで、他の商品でも繋がるものもあるようです。
もっとも最近はBluetooth規格のセンサーが主流になりつつあり、iPhoneやAndroidスマホなどがBluetoothでデータを読み出して、サイコンのアプリで使うのが広がってきていますから、独自規格よりこちら流れがこれからどんどん広がって主流になっていくのでしょうね。
余談ですがXPERIAのシリーズの中にはANT+通信に対応の物も有り、読み込み用のアプリもあるので、ANT+センサーの資産を無駄にしないで済むかもしれません。

とまあ、何はともあれこれで夏のツーリングの準備はこれですべて完了しましたから、今年の夏は出来るだけ距離を稼いで走り込みたいです。
公私にわたり「何もなく平和」であればという条件付きではありますが(苦笑)。

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MSのWindows10押し売り悪徳商法は、もはや「テロリスト」! [危機管理]

PCでWindows7や8をお使いの方ならこの画像は反吐が出るほど見ているでしょう。
マイクロソフト.jpg

そもそも、個人的には世の中「タダより怖いものはない」と思っていますので、無料アップグレードなるものにミジンコ程の興味もなく、OSは今でもXPで十分だと思っているくらいで(現に未だXPのOSシェアは増えているとか)全く無視していたのですが、本当にこれが毎回出るとPCをバックドロップで叩き壊したいほど腹が立ちます。
おまけにどうやらMSは強硬手段に出たようで、勝手に自動アップグレード「させて」、気に入らなければ元に戻してやるという強硬手段に出て、世界中から大ひんしゅくを買っています。

昨日僕も急ぎで購入する物ができてノートPCで通販で購入しようしとしたら、「確定」ボタンを押す寸前に突然アップグレードが自動的に開始されてしまって、購入できませんでした。
頭にきて有無を言わさず電源からカットして阻止しましたが、これは企業エゴを通り越して「テロ」行為とも呼べる暴挙で完全に「反社会的行動」です。
もはや「人類にとっての公益性」のあるWindowsOSを、このようなテロリストモドキの、一企業の醜い欲望のために野ざらしにしてしまって良いものでしょうか?

OSはもはや電気や水と同じ社会インフラであり、一企業の欲望を満たす産物として野放しにしておくのではなく、例えばXP等を全世界の同意を得た国際機関で管理運営(当然各国が組織運営の資金は提供する)して、脆弱性を排除して、「公益OS」としてオープンソースで使えるとかしても良いのではないでしょうか。

僕自身これ以上MSに余計なお金を落として、何処ぞの「タックスヘブン」経由でビル・ゲイツを儲けさせる趣味はないので、「iOS」か「Andoroid」に完全に乗り換えても良いかなと本気で考えました。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう現地から全住民一時避難するべきでは? [危機管理]

勿論御叱りを受けることを覚悟でのタイトルです。
正直「自転車ブログ」にこういう事を書くことに本当に抵抗がありました。

一応災害に関してまったくの「素人」ではない立場ですので、うかつな発言や軽はずみな意見は慎もうという「自己保身」の感情が強くなっていたことは恥じ入るべきだとは思っています。
また、楽しそうに自転車の話を進めるのにも、「偽善者」とののしられようとも、強い抵抗感が有りました。

だけどもうここにきて黙っていられなくなりました。
勿論「地震学」「や「防災関係」のエキスパートではなく、学術的な裏付けが有っての話ではない事はお断りしておきますが、「熊本地震」で、四六時中「震度3以上」の地震に曝されて生活することが「尋常ではない」事は異論がないと思います。
被災者ではなくとも、正直今回この映像を見たり、「緊急地震速報」のアラームを聞いて「東日本大震災」の被災者が、当時うけた衝撃が「フラッシュバック」して、精神が不安定になったり体調が崩れている人も少なくないと聞きます。
まして、正直「地震に耐性のない」熊本の住民が、一週間近くこれだけの地震の中で避難生活をしていることは、それがいかなる理由が有ろうとも、「これ以上心身が持たない」のは明白ではないでしょうか!
この規模での「全住民避難」を命ずることの困難さは重々承知したうえで提案しています。
考えれば考えるほど「不可能」とか「困難」とか「前例がない」という文字が浮かびます。

ただ、今回の地震は「尋常ではない」地震災害であり、これから先何が起きるのか判らないのです。
表向きの「復旧」や「復興」を慌てれ取り繕うより、今は現地の住民の安全と生命を守るのが先決ではないぢょうか。
無論行政が、裏付けのない「最悪の事態」を想定して実行に移すことが出来ない事も不承不承理解はしていますが、ここで具体例は書きませんが、考えるのも恐ろしい「凶悪な最悪の事態」が想定されているという事は、多くの人達に知ってほしいと思っています。
タグ:熊本地震
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

特殊詐欺被害の影響で、固定電話の番号を変更する! [危機管理]

しかし本当に「不幸な時代」だと思います。
古来我が国は「性善説」で成り立っていたはずだと認識していますが、いまや「他人を見たら詐欺師と思え」と言いきれるような「性悪説」がまかり通る世の中に成っています。

特に「黒電話」たる固定回線も電話は、「かかってくるのはインチキ商売か詐欺師ばかり」という感じで、特に最近目立つのはネット関係の「通信回線」業者の、詐欺まがいの勧誘電話で、本当に辟易してしまいます。
一時「ヤ〇フ〇B〇」の代理店が「NTTから委託を受けて」とか「回線スピードが変更されてルーターの交換が必要」云々で、ほぼ「騙して」契約させようという電話が「わんさか」かかってきましたが、最近は「s〇‐n〇t」系の代理店辺りが同じ手口で仕掛けてきます。

僕はこの業界の内情に詳しくないのですが、実は企業の名前は変っていても代理店契約をして現場で詐欺まがい行為の回線押し売りをしている連中は、同じ連中なのでは?とも思ってしまいます。

話は変りますが、真にお恥ずかしいお話なのですが、実は我が家も「特殊詐欺被害」を昨年受けました。
被害額は思いだしても気を失うような金額を詐欺師に差し出してしまったのですが、これをもって僕は新型のTREKエモンダSLRを買う事はほとんど不可能になってしまいました(苦笑)。
おかげさまで「節約生活」を送る羽目になり、ある一面これからの経済減速に備える事も出来ていると、極めて前向きに考えることにしていますが、返す返すも「腸が煮えくり返る」思いです。

で、被害者は困ったことにまた被害に遭うという話も実は「真実」であり、巧妙にまた「罠」を仕掛けるべく、犯人グループか、裏世界に流れた「おれおれ詐欺に引っかかった馬鹿な老人リスト」を見た別グループから、固定電話を通じて接触を図ってきました。

ここまで書いていて、まるで他人事の様な、まるでドラマのようなことが本当に自分の身に起きるものなのだなと、改めて驚いています。
いやいや!、呑気に驚いていては、新しい自転車を買うどころか、資産を根こそぎ持って行かれる羽目になってしまうので、気を取り直して対策を施しました。
と言っても、固定電話の「電話番号」を変更しただけなのですが、実は30年以上使っている電話番号であり、当然のように色々な申込みや登録をしているわけで、それを変更する手間が面倒でためらっていましたが、詐欺師の見え透いた「猿芝居」に再び疑う事もなく「コロッと」」引っかかる、我が家の認知症老人の姿を見て、問答無用で警察に連絡して、電話番号の変更手続きを取りました。

実は、以前の電話番号ですが、なんとネット上で検索をかけるとご丁寧に実名と住所が出ていたのです!
色々調べたら、なんと昔発行された「タウンページ」を集めて、そこに掲載されている電話場番号をネット上に公開している輩がいることが解りました!
もはやこの世の中、その秘密を知ろうとする輩に隠し通せる「個人情報」は無いのかもしれません。

ま、何はともあれ電話番号を変更して我が家は静けさを取り戻しました(苦笑)。
やむ得ず変更手続きが必要なカード系や一部業者以外には知りうるはずのない固定電話に「見ず知らず」の詐欺師から電話がかかってくれば、情報漏えいのルートはかなり絞り込まれると思います。

とはいえ、変更申し込みの件数の多さと、関係者への連絡の手間に本当にうんざりしています。
これで無駄な時間と手間がかかること自体、これも「特殊詐欺被害」の一つなのかもしれませんね!。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケルビムの職人技が教えてくれた、自動運転の危うさ [危機管理]

NHKの番組で「凄ワザ!」という、番組が出した課題を、経験と勘の職人ワザのチームと、科学的、学術的に検証するチームとが対決するという番組が有ります。
本日なんとなく見ていましたら、今回の課題は自転車で、手放しおよび惰性で狭い幅のコースから脱落しないで50m走れる、安定した自転車をどちらが作れるかという対決内容で、先の「職人ワザ」チームは、我々自転車の世界では知らない人がいないという、有名なフレームビルダーの「ケルビム」を主宰する今野さんが出演されていてびっくりしました。

片や科学で解決するチームは、ジャイロを搭載してセンサーで車体の動きをセンシングして、電子制御で補正して姿勢を制御するというもので、番組冒頭では手放しで自立して立っている自転車が出来上がっていたので、当然こちらのチームの自転車の方が安定して50m走りきれるだろうと思わせました。
所が、結局はジオメトリーやフォークオフセットで直進性を高め、軽量化で安定性と持たせたうえ、「腰」の部分でバランスを取った動きを膝でニーパットを付けたトップチューブに伝えて制御して、視線を遠くに持っていく工夫で姿勢を安定させる仕組みのケルビムのバイクが50m完走してしまったのです。

ジャイロ制御の自転車は10m程度しか走ることが出来ず、意外な結末・・・・・という演出が成されていましたが、僕はおそらくこの自転車では完走できないだろうという確信が持って観ていました。
その自転車は確かに自立して安定する性能は確保できたのですが、ライダーが乗り込んでライダーの意識的な姿勢制御を加えると、電子制御のシステムと人間の制御のマッチングが取れてない・・・・というかどうもそういうロジックでソフトが組まれている形跡がなかったので、お互いの制御がぶつかって、人間が「不意な制御に不安を感じて」バランスを崩してしまうだろうと確信していました。
ライダーはおそらくバランス感覚の優れた競技系の方のようでしたが、反対にヨロヨロと危なく走る「近所のおばちゃん」レベルの制御能力に乏しい人に乗せた方が、自転車のシステムの方が優勢になり、最後まで走りきれるのではないかなと推察されました。
まあ僕の様な昭和の古い人間はハイテク最新制御のバイクより、「ケルビム」のビルダーの勘と経験で作られたバイクが勝利する方が面白かったのですが、この話は「人間と機械の関係」という部分で、特に最近流行の「自動運転」というう分で考えさせられる内容でもありました。

話が飛行機になりますが、昔名古屋空港で墜落事故が有りましたが、これは「オートパイロット」のシステムが人間の操作とぶつかってしまい、この機体のシステムは「人間は間違いを起こすので、システムの制御を優先する」という思想で作られたオートパイロットのシステムが原因で、パイロットの操縦を受け付けなくなり、制御不能状態になり墜落してしまったという事故でした。
この機体はヨーロッパの国際共同企業体の「エアバス」社製の機体で、実は同社の当時の電子制御の操縦システムを搭載していた機体は、同様のトラブルで墜落や重大アクシデントになった例がほかにもかなりあったそうです。

旅客機といえば世界最大のメーカーはアメリカの「ボーイング」社で、こちらの機体は実は操縦系統の電子制御はエアバス社に遅れていたのですが、それは技術的に劣っていたわけではなく、民間機としての安全運用を考慮して、電子制御に慎重だったからだと言われています。
実際完全電子制御の機体は、1979年に初飛行した、アメリカのロッキード(旧ジェネラルダイナミックス製)F16ファイティングファルコン戦闘機(電子制御に機体の実機配備はイスラエルのIAIクフィール戦闘機の方が早かった?)が世界で最初に実用化されていて、アメリカが先行していた技術でした。

ボーイング社の自動制御の思想はエアバス社とは違い「操縦はあくまで人間が主体性をもって行うもので、システムは人間のエラーをとらえてアシストする物」というものでした。
この「人間の主体性」という部分は大変重要で、あくまで主導権と判断は人間が行い、システムや制御は操縦のエラーを補正したり、危険を認識させる「裏方」であるというのが、本当の意味での安全につながるという重要な認識であり、航空機の世界では、多くの犠牲者をもって得られた「真実」だったわけです。

実際、オートパイロットが原因で、システムが間違った制御をし機種を上げてドンドン垂直に上昇してしまい、、最後に速度が落ちてあわや墜落!となった事例が有り、その時元戦闘機の操縦経験のあるパイロットが瞬時にオートパイロットを切って、「インメルマンターン」という戦闘機の機動テクニックで操縦して反転降下させて、辛くも墜落を免れたという事例もあるのです。

さてこの「自動運転」というもは、もはや我々の身近にも浸透してきていて、最近の自動車は軽自動車であっても「自動停止ブレーキ」とかいうものが搭載されるようになってきました。
確かにコンビニなどでよくある「ブレーキの踏み間違い」とか、自動車事故で一番多いとされる衝突事故をかなり防いでくれる優れものであって、その他、車線制御や自動パーキンググや色々な自動運転技術は、我々の安全を守ってくれるものと言えます。

所がこのシステム、実はメーカーや車種によって、システムの内容はそれぞれ違う物で、正直な話その機能の有効性や精度は「ピンからキリまである」というのが残念ながら現実であります。
何処のメーカのどの車種のシステムが「良い悪い」というお話は、「大人の世界」のレベルで何時ものようにお話しできないのですが(笑)、一つだけお教えさせられることがあるとすれば、「新しくて高くて複雑な物だから優れモノとは限らない」という事です。

まあ高いシステムは、たとえば複数の種類の高価なセンサーを備えて、恐らく計算速度の高い「CPU」を使用して複雑な制御をこなして、車体の多くのシステム「エンジン、ミッション、ミッション、ステアリング、ナビ」を複雑に連動させているため、どうしても高価なものに成っているのだと思います。
所が少ないセンサーで簡単なシステムでありながら、基本的なシステム構成の適正さと、綿密でリアルなテストの積み重ねによる制御の地道なアップデートで、人間の感性に合った自然な制御で正確な実現しているシステムも有るのです。

ここで最初の「凄ワザ!」の番組の内容の話につながると思うのですが、人間をアシストするシステムの有効性に関わる要素は、高い複雑化機械や、机の上で考えた高尚な理論よりも、如何に人間の有りようを正直に見つめて、寄り添っていくシステムを構築して、それを丹念に築き上げていくのが重要だという事を、ケルビムのバイクが教えてくれたのではないかと、僕個人は思います。

あっ、でもこのブログとしての結論は、此処まで壮大なお話を展開させておきながら、機会が有れば是非ケルビムさんにフレームオーダーしてみたいなという、番組の内容とは全く関係ない僕の勝手な希望と都合を書いて、終わらさせていただきます。
だって、此処は自転車ブログなんだもーん!(笑)。

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

此処は雪国?、白い悪魔を乗り越えて今日も仕事 [危機管理]

今更ですが、このブログは自転車関係のブログです。
一応ソネブロのジャンルは「スポーツ」に定義してありますが、最近ジャンルでのアクセスランクは落ちる一方で、まあ自転車がらみの記事が少ない状態ですので「しょうがないかなぁ」という所です。
特別自転車のモチベーションが落ちているとかではなく、過去の自分の記事を見ると、1月の末から2月の上旬は天候不良で自転車に乗れない状態が続くことが多い事が読み取れます。

僕自身アスリートというわけではないですが、ふだんから体を動かしている人間の性とも言えるのですが、何時も運動量を確保できないと精神的にも不安定になってきてイライラしたり、体調の方もなんとなくスッキリしない感じが、ますます気分を萎えさせています。

で、やはり通勤も含めて自転車に乗れない最大の原因がこれです。
1月通勤大雪0160130 006.JPG

昨日の深夜の通勤途中の画像ですが、栃木県宇都宮市は、道路のアスファルトが完全に見えなくなるほど雪が降っていました。

夜勤の為この時間に御出勤というのは仕方が無い事ですが、もはやこれでは仕事になりません。
1月通勤大雪0160130 008.JPG

案の定職場に到着したら、多くの部署は危険だからと、状況を逐次確認しているマネージャーが判断して撤退、および「出社には及ばず」という事に成っていましたが、自分の職場は特別何の状況確認も指示もなかったので(???)、同僚と少ない人数で「粛々と」残務処理を進めていました。
まあ、それだけ我々現場の人間の判断を信頼していただいていて、自己責任で進めてくれることを認めてくださっているという事なんだと、好意的に受け取っています(苦笑)

しかし、この有様では明日も走れるとは思えないので、これは何とかしなければならないようですね。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防災にアマチュア無線は有効か自分で確かめる! [危機管理]

昔からなんですが、アンケートや履歴書のようなものに書く「趣味」の項目を書くのにいつも困ります。
無趣味どころか多趣味な上に、一般的な人があまり興味のないジャンルばかりの趣味を持っていたので、世間を憚っていたからです(苦笑)、
最近は別の意味で困っていて、既に周囲が「soranekoさんの趣味は自転車だよね」と認識してくれているのは良いのですが、当の本人は自転車は趣味という領域を既に超えていると勝手に思っているので、個人的には「生活の一部」と認識しています。
これが生業で生活の糧を得ている訳ではありませんから「仕事」ではありませんが、自分の人生に大きなウェイトを占めているのは事実で、「片手間に楽しむ」という意味が趣味というものであるのなら「そうじゃないなぁ」ということになります。
まあ、その辺を説明するのが面倒くさいので、当たり障りなく自転車と撮影(カメラ・ビデオ)等と答えたり書いたりはしています。

さて、趣味の世界というのは奥が深いもので、とても片手間とは言えない領域に踏み込んでいらっしゃる方々も少なくはないのですが、そんないろいろな趣味の中でもある意味「最終到達点」と言われていて、「これに手を出すのは相当凝り性で、かつ奥が深い領域に足を踏み込んだね」とされているのが「無線」関係の趣味だそうです。
昔なら使用する機材から手作りで、尚且つ関連機器の値段も相当な物で、よほどの資金と手間と「執念」がなければ続かないという側面があるようで、その筋の人に言わせれば、「高級でレベルの高い人たちの嗜み」なのだそうです。

自分は航空機撮影等で、所謂「エアバンド」という航空無線の受信機を買ったことがあり、飛行場などで離着陸する機体とタワーとのやり取りなどは聞いたことはありますが、本格的に手を出すにはいたりませんでしたし、普段は連絡方法としてスマホやPCがあれば事足りるので、わざわざ免許を取ってお金をかけて無線機を購入して無線局を開局することに躊躇がありました。
事実携帯電話が普及すると、無線でコミニュケーションをとる必要性は一気に低下してしまい、一時流行った「パーソナル無線」などもほぼ壊滅状態ですし、無線を楽しんでおられる方々は、どのくらい遠くの局を受信するのかというような、別の意味の楽しみ方をされているようです。

ですが、インターネット環境や、携帯電話というものは、インフラが正常に機能していなければ簡単に途絶してしまうものということは、大きな災害の度に指摘されていることです。
国家レベルでは、非常時に電源や通信インフラが途絶した時の情報伝達網を構築しようという試みが既にかなり進んでいるのですが、さて個人レベルの場合どうでしょう?
仮に災害の真っ只中に置かれてしまい、電源も喪失し、携帯電話も中継局がダウンして繋がらないということなったら、一体どうやって自分たちの窮状を周囲に伝えて、救援を頼むことができるのでしょうか?

そのひとつの答えが「無線」であり、機器や免許の保有、送受信環境等で、必ず間違いなく情報が伝達できるという保証はないのですが、実際多くの災害でアマチュア無線が利用されて、役立ったこともありますし、実際防災の最前線では、アマチュア無線を有効に活用しようという取り組みをしている団体や地方自治体も少しづつ増えてきているのだそうです。

と、今回はここまでが前置きです!
いやー、自分でも嫌になるくらいくどくて長い前置きですなぁ(苦笑)
で、こんな感じで長年色々と考えたり調べたりしていましたが、結論は「自分でやってみなければ解らない」という当たり前の結論に達して、この度「第4級アマチュア無線技士」の資格を取得して、無線機を購入して無線局を開局するに至りました。
自宅160126 015.JPG


話が元に戻れば、自分は趣味の領域で無線をしようとは思ってなく(今のところは)、とりあえず免許を取りましたというレベルで、じつはまだ無線機の電源すら入れていません(笑)。
正直まだ分からないことだらけで、じっくり時間をかけて交信の決め事や、機器の操作方法等を習得したいのですが、親の看護や家事、自転車の方が忙しく手が付かないというのが現状です。
でもこうやってブログに掲載してしまった以上、進めなければ「有言実行」というこのブログの趣旨に反しますから、なんとか頑張ってまず「ファーストコンタクト」を目指してみたいと思います。

まあツーリングに持ち出せば使えるかな?という自転車絡みの目論見もありますし、いざという時に役に立つという事が起きない方が良いに決まっているので、本来の目的を外れていき、自分の趣味の項目に「アマチュア無線交信」という文字が入るような世の中であった欲しいなぁと願いたいものですよね。
nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 危機管理 ブログトップ
メッセージを送る