So-net無料ブログ作成
危機管理 ブログトップ
- | 次の10件

防災にアマチュア無線は有効か自分で確かめる! [危機管理]

昔からなんですが、アンケートや履歴書のようなものに書く「趣味」の項目を書くのにいつも困ります。
無趣味どころか多趣味な上に、一般的な人があまり興味のないジャンルばかりの趣味を持っていたので、世間を憚っていたからです(苦笑)、
最近は別の意味で困っていて、既に周囲が「soranekoさんの趣味は自転車だよね」と認識してくれているのは良いのですが、当の本人は自転車は趣味という領域を既に超えていると勝手に思っているので、個人的には「生活の一部」と認識しています。
これが生業で生活の糧を得ている訳ではありませんから「仕事」ではありませんが、自分の人生に大きなウェイトを占めているのは事実で、「片手間に楽しむ」という意味が趣味というものであるのなら「そうじゃないなぁ」ということになります。
まあ、その辺を説明するのが面倒くさいので、当たり障りなく自転車と撮影(カメラ・ビデオ)等と答えたり書いたりはしています。

さて、趣味の世界というのは奥が深いもので、とても片手間とは言えない領域に踏み込んでいらっしゃる方々も少なくはないのですが、そんないろいろな趣味の中でもある意味「最終到達点」と言われていて、「これに手を出すのは相当凝り性で、かつ奥が深い領域に足を踏み込んだね」とされているのが「無線」関係の趣味だそうです。
昔なら使用する機材から手作りで、尚且つ関連機器の値段も相当な物で、よほどの資金と手間と「執念」がなければ続かないという側面があるようで、その筋の人に言わせれば、「高級でレベルの高い人たちの嗜み」なのだそうです。

自分は航空機撮影等で、所謂「エアバンド」という航空無線の受信機を買ったことがあり、飛行場などで離着陸する機体とタワーとのやり取りなどは聞いたことはありますが、本格的に手を出すにはいたりませんでしたし、普段は連絡方法としてスマホやPCがあれば事足りるので、わざわざ免許を取ってお金をかけて無線機を購入して無線局を開局することに躊躇がありました。
事実携帯電話が普及すると、無線でコミニュケーションをとる必要性は一気に低下してしまい、一時流行った「パーソナル無線」などもほぼ壊滅状態ですし、無線を楽しんでおられる方々は、どのくらい遠くの局を受信するのかというような、別の意味の楽しみ方をされているようです。

ですが、インターネット環境や、携帯電話というものは、インフラが正常に機能していなければ簡単に途絶してしまうものということは、大きな災害の度に指摘されていることです。
国家レベルでは、非常時に電源や通信インフラが途絶した時の情報伝達網を構築しようという試みが既にかなり進んでいるのですが、さて個人レベルの場合どうでしょう?
仮に災害の真っ只中に置かれてしまい、電源も喪失し、携帯電話も中継局がダウンして繋がらないということなったら、一体どうやって自分たちの窮状を周囲に伝えて、救援を頼むことができるのでしょうか?

そのひとつの答えが「無線」であり、機器や免許の保有、送受信環境等で、必ず間違いなく情報が伝達できるという保証はないのですが、実際多くの災害でアマチュア無線が利用されて、役立ったこともありますし、実際防災の最前線では、アマチュア無線を有効に活用しようという取り組みをしている団体や地方自治体も少しづつ増えてきているのだそうです。

と、今回はここまでが前置きです!
いやー、自分でも嫌になるくらいくどくて長い前置きですなぁ(苦笑)
で、こんな感じで長年色々と考えたり調べたりしていましたが、結論は「自分でやってみなければ解らない」という当たり前の結論に達して、この度「第4級アマチュア無線技士」の資格を取得して、無線機を購入して無線局を開局するに至りました。
自宅160126 015.JPG


話が元に戻れば、自分は趣味の領域で無線をしようとは思ってなく(今のところは)、とりあえず免許を取りましたというレベルで、じつはまだ無線機の電源すら入れていません(笑)。
正直まだ分からないことだらけで、じっくり時間をかけて交信の決め事や、機器の操作方法等を習得したいのですが、親の看護や家事、自転車の方が忙しく手が付かないというのが現状です。
でもこうやってブログに掲載してしまった以上、進めなければ「有言実行」というこのブログの趣旨に反しますから、なんとか頑張ってまず「ファーストコンタクト」を目指してみたいと思います。

まあツーリングに持ち出せば使えるかな?という自転車絡みの目論見もありますし、いざという時に役に立つという事が起きない方が良いに決まっているので、本来の目的を外れていき、自分の趣味の項目に「アマチュア無線交信」という文字が入るような世の中であった欲しいなぁと願いたいものですよね。

封書が開封されて戻ってくる怪奇? [危機管理]

最近のことなのですが、とある申請のため封書を郵便で出だしました。
ここが僕の粗忽なところで、本来「簡易書留」とあるので、郵便局の窓口で必要な料金を払って出すべきところなのを、普通の封書の82円切手を貼ってポストに投函してしまいました。
もう、僕のバカバカバカ(苦笑)。

と、ここまでは自分のミスで言い訳はできない話なのですが、当然料金不足で戻ってきたわけですが、自分のポストから出して見てビックリ!なんと封書が開封されているではないですか!。
それも切られているとかではなく「ノリ剥がし剤」を塗布した形跡が有り、これは気持ち悪いと近くの郵便局で確かめてもらいましたが、まず郵便局として開封する理由は見当たらないとのことで、本局に連絡してもらって確認してもらっても、返事は「そんなはずはない」の一点張りでした。
幸いなことに僕は現金を入れていない簡易書留でしたし、書類も揃っていたので実質被害はないのですが、ひたすら気持ちが悪く、かつ不愉快な思いをしてしまいました。

ちなみに郵便局員はその職務上必要とされるもの以外の封書を開封すると以下の法律に反します。
(郵便物を開く事の罪) 第77条 会社の取扱中に係る郵便物を正当の事由なく開き、き損し、隠匿し、放棄し、又は受取人でない者に交付した者は、これを3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。ただし、刑法の罪に触れるときは、その行為者は、同法の罪と比較して、重きに従つて処断する。

結構重い罪ですよね。
ところがネットで「郵便物開封」で検索してみると、まあ出るは出るは(苦笑)。
どうも日常的とまでは言えないにせよ、結構頻繁に法律違反が行われているようで、正直郵便局がそれに対して真摯に反省して対策を講じているようには、感じることができませんでした。

ここでお断りをしておきますが、窓口の方や配達の方など、身近に接している多くの郵便局の皆さんは、額に汗してまじめに仕事に取り組んでいらっしゃることは、日頃のお付き合いで十分理解しているつもりですが、どうやら一部の「不心得者」がいることは確かで、それが市民の郵便事業に対する不信を増長させてしまっていることは間違いがなく、関係者の方々におきましては、「蟻の一穴」ともなりかねないこの手の不祥事に対して、真摯に反省して、改善に取り組んでいただきたいと切に願います。

未成年が「競技」で体を壊す愚行に「喝」 [危機管理]

何気なくニュースを見ていましたが、どこかの大学の駅伝の選手が、一年間に2度も「疲労骨折」したという話をしていました。

個人的なイメージだと、例えばいま話題のラグビーの選手など、「筋骨隆々」で逞しく健康的なイメージがありますが、この日本国民が大好きな「駅伝」に関しては不健康なイメージしかありません。
箱根駅伝などで、フラフラになって走っていて、棄権している選手の映像がTV番組に流れますが、だいたいギリギリまで減量していて脱水症状になっていたり、多分ハンガーノックになっていて意識を失う選手などがいるようです。
おまけにまだ未成年で体ができていないのにもかかわらづ、体脂肪率を極限に落としていて、先の疲労骨折も栄養学や運動生理学などを無視した過激なダイエットの産物とは言えないでしょうか?

まあ、成人がプロの競技で、「職業」としてメシを食うために、または栄光を勝ち取るために自分の責任において極限まで体を追い込んで、その結果故障や引退に至ってしまったところで、それは自分の責任ですから「どうぞおやりなさい」ということだと思います。
しかし、未成年でこれか心身を作っていかなければいけない青少年に、親や学校の「エゴ」のために、その成長を歪めてあまつさえ壊してしまう事に「そそのかす」権利など、親や学校マスコミに有るはずがありません!

まあ、「清濁併せ呑む」という観点から、百歩譲って「栄光と栄華」の追求に、スポーツを通じて未成年を使うことに目を瞑ったとしても、例えば野球で小学生の投手の体のために「変化球」を禁止しているように、他のスポーツも、未成年者のスポーツに、身体の成長を阻害するような要因には何らかの制限を加えた「レギュレーション」を設けなければいけないのではないでしょうか。

個人的には難しいことや専門的なことをこの紙面で論じる知識はないのですが、やはり「育ち盛り」の子供に体を作るために必要な栄養の摂取を阻害させる「必要以上の不健康な減量」は禁止させるべきではないでしょうか。
モノが「ナマモノ」である体のことなので、ましてや未成年は同年齢であっても発育状況が著しく違っているので「統一基準」を儲けるのは難しいことだと思いますが、例えば「体重量の変化」、「体脂肪率」や「骨密度」などを、ある程度のゾーンで定めて、選手の健康を保つ努力はあっても良いはずです。

もしくはアマチュアでも「公式戦」であれば、大会前の「健康診断」を義務化して、参加の条件にさせたり、明らかに健康状態がおかしい選手には、事前に医師による問診や、「ドクターストップ」による出場停止、明らかに過激な減量や非科学的なトレーニングが意図的に行われていて、選手の健康状態に問題があるようなら、そのチームや指導者、学校に対するペナルティなどがあってもいいのではと思います。

まあ、明らかに子供たちをダシにして得られる名誉や金に目がくらんでいる連中には「馬の耳に念仏」なのでしょうが、親御さんであれば自分の子供の未来のために、本当に何が必要であるかということについては、お子さんの立場になって、自分の欲目を抑えてでも真剣に考えて欲しいと切に願います。

栃木県に大雨特別警報、戦後最悪の水害か? [危機管理]

個人的に今まで知っている限りにおいて、栃木県としては過去最大の水害に見舞われています、
昭和22年の「カスリーン台風」の時も、かなりの被害があったそうですが、あの時は戦後まもない時でしたし、その後の堤防や、河川改修など水防が整備されてからでは、ここまでの被害が出た水害はありませんでした。

昨日に遡りますが、定期的に「雨雲レーダー」で監視していると、太平洋から関東地方に南北に延びる強い雨雲が伸びていて、同じところに一時間に50mm以上降り続くような雨が降り続いているのが不安でした。
勤務中もときおり車のラジオで情報を聞いていると次から次へと被害が拡大していることが分かりました。

結局ほとんど同じところ、県の西部に凄まじい雨が降り続いていました。
雨雲栃木150910.jpg

恐らくこの時点(9月10日午前10時)でも雨が降り続いていることから、被害はもっと拡大していく事が予想されます。

まあ、幸いというべきなのは、ここ数年の異常気象による激甚災害の対策で、避難指示がかなり早い時期に出されるようになった事で、少なくとも「人的被害」は最小限に抑えるこ事ができるようになってきました。
ただ。個人一人ひとりが、どの程度の「危機感」を持っているかという点は怪しいもので、なにせ栃木県は「て天災が少ないところ」という、間違った認識を持った世代がいますので、甘く見ているようだと本当に命が奪われるようなことになります。

被害に遭われた方々には本当にお見舞い申し上げるとともに、被害が拡大していく状態ですので、「自分だけは大丈夫」という、根拠のない自信は戒めて、最大限の警戒をして欲しいと思います。

たがか2500億円!?無責任に塵も積もれば1000兆円の借金! [危機管理]

唐突ですが僕は借金はしない主義です。
これはお世話になっていた今は亡き叔母の遺言でもあるのですが、「足りるを知り、身の丈の生活をして借金をするな」という教えを守っているからです。
その反動とは言いませんが(笑)、貯金は苦手で、生粋の下野人でありながら、「てやんでぃ!、宵越しの金は持たねぇんだ!」と、まるで粋な江戸っ子のような生活ぶりで(苦笑)、稼いだお金は自転車関係にすべてつぎ込んでしまっていたりします。
単に計画性がないだけとも言えます(苦笑)

さてこんな僕とは正反対なのが我が国の財政で、返すあてもない借金を前提に、まるで打出の小槌があるが如きに、政権与党についた人たちは、自分の身分を人の金で買うのかと言いたくなるほど「大盤振る舞い」の予算を当たり前のように組んでしまっています。
毎年数十兆円規模の借金をするのですから、そりゃ1000兆円になっても仕方がないのかもしれませんが、やはり普通の神経の持ち主なら「誰が責任を取るのだろう」と、不思議に思うのが当然だと思います。
と、いうより、もし本当に自分が責任を取るという立場だと自覚していれば、そんな天文学的な借金を増やす事に、精神が耐えられないと思うんですよね。

しかし、国家国民を預かる政治家センセイというのは、やはり「太っ腹」というかスケール感が違うというのか感覚が違うようなんですね。
僕は一切関心がない「東京オリンピック」の競技場問題ですが、世間を呆れさせて怒らせた「誰が決めたの巨額建設費」に関して、どうも誰も責任を持って進めていなかったことが、関係者たちの「逃げの言い訳会見」から見て取れるのが何とも腹ただしい限りです!

とりわけスポーツ利権でどっぷり肥太っているという噂の、「悪代官顔」で有名な某元総理大臣の発言は、そもそも在任中から一般の想像を絶する破廉恥振りで有名な方でしたが、やはりというか、いやその想像もはるかに超えるほどの「厚顔無恥」な発言がポンポン飛び出してくれて、我々を大いに楽しまさせてくれています。
中でも「国が2500億円くらい出せないのか」という発言を聞いて、僕はなるほどなぁと納得がいきました。
彼らにすれば、別に自分の財布からお金を出すわけでなく、本当は「国民の財布」たる国家財政が、ほぼ自分と自分の取り巻きや票田の地元や企業のために「無責任」に使える自分の財布なわけで、まして件の悪代官様は、本当に東京オリンピックが見られるかどうか絶対の保証はない後期高齢者の方なので、そのあとのことはどうでも良いのでしょう。

かつて、敗戦の結果食うや食わずの貧乏国家に成り下がった我が国が、「国家百年の計」で将来のためにとIMF(国際通貨基金」から莫大な借金をして「新幹線」を建設したことを決断した当時の為政者達とは、どうも目的もスケールの随分違うような気がします。
そういえば例の悪代官様の地元に向かっても、新幹線は通されたようですが、随分悪代官様のご威光があったことは間違いないのでしょうね。
我が栃木県などは、不倫問題で有名な名門政治一家のボンボンが地元に無理やり路面電車を通させようと躍起になっているのが精一杯で、東北新幹線の「はやて」などは、数分の運行時間の短縮と引き換えに素通りさせられてしまっているくらいですから、悪代官だろうと極悪政治家だろうと政界失楽園だろうが、やはり総理大臣を出さないとお金が落ちてこないものなのですね。

ですがその落ちてくるのは我々の「血税」と、「国債」という形の借金であることは、よく理解しておかなければいけないのだと思います。
財政に先に書いた「打出の小槌」などと言うものは、本来ないはずのものであり、我々が汗水たらして歯を食いしばって稼いだお金であるということをもう一度しっかり認識しておきたいと僕自身は考えています。
と、そういえば県民税を払い忘れて督促状が来ていました(泣)。
偉そうなことを言える立場では無いですね、すぐに払いに行かなければ!

災害時、持病の薬の確保を考えていますか? [危機管理]

自転車生活のおかげをもちまして、同世代の方々の中では比較的健康状態を保たさせていただいているほうだと思っています。
とはいえ、若い頃の放蕩生活のツケで、各種「生活習慣病」の治療は継続中で、高血圧、尿酸(痛風)、の投薬は既に25年以上続いていますし、体調を保たせるために数種類の漢方薬も継続しております。

本日は年に一度の「脳ドック」で、MRIを受けることになっているのと、上記の薬をもらうために通院するため休暇を頂いていますが、ふと受診の待ち時間に「もし災害があって自病の薬が手に入らなくなったらどうなるのかな」と気になってしまいました。
昨日箱根の大涌谷でついに小規模の噴火があったことが気になっていたのですが、先の東日本大震災でも、広域に渡って長期間生活インフラが途絶しましたし、大規模噴火でも同様の事が起こることが指摘されており、水や食料、電気は緊急の問題として、意外に「持病の薬」に関しては、問題意識が薄いように感じていました。

まあ、僕の場合は即命に関わるような持病ではなく、多少の期間なら投薬無しでも凌ぐことはできますが、これが「糖尿病」や心臓系の疾患などの場合はそうはいきません。
また、老人の場合でも、ただでさせ災害で不安定なところに、例えば血圧の薬が切れてしなったとしたら、それが原因で急速に様態が悪化してしまった話なども聞きます。

そんなこともあって、薬を受け取るとき薬局の方にいろいろ聞いてみたのですが、やはり薬局内のストックは限定的であり、問屋からの流通に頼っている状態ですので、大規模災害に対して準備しているわけではないとのことでした。
もし薬の製造、仕入先が関西であった場合、今回の箱根山の噴火が大規模かつ長期間になったり、富士山が噴火した場合など、「東海道」のライフラインが寸断されてしまうと、一時的に薬が手に入らないなんて事態も十分予想されるわけです。

結局だからといって具体的に「これだ」という解決策はないのですが(苦笑)、何かに備えるのなら、持病の薬など、ギリギリ無くなるまで使い切ってしまうのではなく、少なくとも一週間分の余裕を持って計画的に使用して貰いに行くというのが、消極的ではありますが有効なのかもしれません。

頭の蠅も追えないで国が守れるか! [危機管理]


あまり現政権に文句を言うと、何処かの腰抜け放送局のように呼びつけられて恫喝されてしまいそうなので(笑)、ほどほどにしておきますか。
えっ、お前ごときのブログは相手にされていないよって、その通りなんですけど(苦笑)。

まあ、「美しい国が云々」とまるで過去に戻ってしまったような勇ましいかぎりの我が国の宰相ではありますが、巷では「あのお坊ちゃん、ちゃんと喧嘩の仕方を知っているのかねぇ」などとも言われております。
今回の件に関して、首相の指導力云々は関係ないでしょうけど、集団自衛権問題で、なんとしても自衛隊を海外展開させようとか、海兵隊構想がどうのこうのとか、弾道弾防衛で大騒ぎする前に、自分の住んでいるところの警備ぐらいはしっかりやってから、大騒ぎして欲しいものだと個人的には思っています。

そもそも以前より重要拠点の「空からの攻撃に対する認識」というのは、別に我が国に関わらずお粗末なもので、古くは旧ソ連邦の最重要拠点である「赤の広場」に、外国の民間人の青年の乗るセスナが安安と侵入してしまったり、アメリカにおいてはあの忌わしき「9.11テロ」もありました。
日本でも古い話ですが、汚職で退いた元総理大臣の私邸にセスナ機が突っ込んだ!なんてこともありましたよね。

だから云わいる「ドローン」が騒がれる以前から、重要拠点、インフラなどのポイントの、「アンチ・エア・ポイント・ディフェンス(局地対空防御)」に関しては、その筋では危険性と脆弱性と、関係部局の認識の欠如という問題が提議されていたんです。
それが「ドローン」によって、「誰でも手軽に買えて運用できる」となれば、そこいらへんのチンピラどもが「いっちょやってもいるか!」と、「安易」にテロ行為に至ってしまうようになったわけで、これまた政権批判になりますが、購入に関しての登録性や、使用の規制など、それをして「対策をいたしました」などとは言えないほどチンケな対応で、もはや本気で「監視」と「撃墜」する意志とシステムを「待ったなし」で備えなければいけないんだと思います。
つまり、「重要拠点警備の3次元化」ということなんです。

具体的には広域の電波監視と対空レーダー、暗視機能付き高解像度の広域監視カメラに連動した警報装置が必要で、不審な誘導電波や鳥以外の飛行物体等を察知した場合直ちに警報を発令して、同時にGPS・誘導電波・携帯電話ジャマー(局地的に妨害波を出して使えなくする)をかけてたり、電子機器を狂わせるマイクロ波をポイント照射して機能を停止させたり、最終的にはこちらも「インターセプタードローン」を飛ばして迎撃するなどの措置を講じて、「未確認飛来物」の接近を阻止しなければいけない時期に来ていると思います。
ここで言っておきたいのは、システムは必要な要素の一つではありますが、最も重要なんことは、このような事態に臨機応変に対応してシステムを運営できる「対空監視要員」の養成と、実戦配備が現実的に実施されなければいけないということなんです。

これらはSFアクションやサスペンスなどの話ではなく、恐らく幾つかの研究機関や企業などでは、検討開発が進んでいて、国家や企業にプレゼンしようという段階に来ていると思います。
とにかく差し迫って我々の生活の安全が脅かされる事態に至っているわけですから、現政権や関係各庁の皆様方におかれましては、まず「自分の頭の上のハエをさっさと追い払う」事に、努力を傾けていただいて欲しいものだと、一国民として強くお願いするものであります。
- | 次の10件 危機管理 ブログトップ
メッセージを送る