So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

久しぶりのオーバーセンチュリーライド [雑談]

今年の冬は、個人的にかなり厳しいモノでした。
よって、体調をくずさないようにと、ツーリングも早々に切り上げる事が多く、結果としてあまり距離が延びませんでした。
本体であれば、4月も後半に成れば、イベントも含めて既に数回のセンチュリーライドはこなしているハズですが、今年は「初日の出ライド」以来、本日が今年最初のオーバーセンチュリーライドとなりました、

何時ものように5:00頃自宅を出ますが、先週に引き続き体が重いです。
今週重いのは理由がはっきりしていて、週末にかなり飲んでしまったからで、自業自得ですが(苦笑)、とりあえず昨日一日かけてデトックスして悪い物は出し切っていたので、後は走って調整するだけです。

ノンビリ休憩をしながら、何とか8時頃には岩瀬に着きました。
RIMG2704.JPG
RIMG2705.JPG

周囲の田んぼも田植えの準備で水を入れ始めて、早速カエルが鳴いていました。

山々にも緑が戻ってきましたね。
RIMG2707.JPG


りんりんロードもソメイヨシノ以外の何種類かの桜が植えてあり、まだまだ桜並木が楽しめます。
RIMG2708.JPG


さて何時もは筑波山で折り返しですが、本日は土浦目標でその先に半年ぶりに進みます。
本日は土浦の駅の方に向かいますが、りんりんロードは手前でブツッと途切れて放り出されます(笑)
RIMG2710.JPG

RIMG2711.JPG


駅ビルは「プレイアトレ」という自転車特化のショッピングモールになっていますが、1Fは自転車レンタルとカフェ(タリーズ)が有り、自転車でそのままはいれます。
RIMG2715.JPG
RIMG2713.JPG
RIMG2712.JPG
RIMG2716.JPG


地下は自転車の預り所やシャワースペースが有ります。
RIMG2717.JPG
RIMG2718.JPG

全体的なイメージとして、自分の様なサイクリスタが休みに使うというより、それこそ都内あたりから電車で訪れて輪行したり、此処でレンタサイクルを借りてオシャレに楽しむ・・・・という感じのサイクリスタが多かったようです。

さて帰路に付きますが、時間的にランチが筑波山付近になるので、以前から気になっていたつくば市北条の市街地にある「釜揚げうどん店 あおやま」に寄ります。
RIMG2723.JPG
RIMG2724.JPG

たまにこちらのルートを走りますが、昨年あたりから営業していたお店です。

どうやら古い蔵を改造したようで、太い梁や昔使っていたであろう「階段箪笥」がオシャレです。
RIMG2721.JPG

RIMG2720.JPG


うどんは腰が強くかつ滑らかで美味しいうどんで、特盛を注文しましたがあっという間に平らげてしまいました。
RIMG2719.JPG

御主人は大阪の人だそうですが、本場四国で修行されたそうです。

お腹がいっぱいになるとパフォーマンスは落ちますが(笑)、風向きも悪くないのでスムーズに帰路に付いて走ることができました。
RIMG2728.JPG

筑波山も新緑で緑に萌えて鮮やかに成るのもそう先の事ではないでしょう。

今までだと筑波折り返しで14:00戻りなので、16:00戻りを予定していましたが、いろいろ寄り道した割には順調で15:00には自宅に帰っていました。
来週から連休に突入ですが、この勢いでなんとか来月のイベントまでに調子を少しでも上げときたいですね。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今年はダブルエントリーの、銚子と宮城のセンチュリーライド [イベント]

自転車ブームと言われて久しいですが、自分が始めたころに比べると、信じられないくらい多彩な自転車イベントが開催されるようになりましたね。
それはそれで選択肢が増えたとポジティブに受け取るべきなんでしょうけど、個人的に困ったなぁという事が有って、多くの大会の開催日が重なるように成って、どちらかを選ばなくてはいけない事も増えました。

表題の「宮城センチュリーライド」ですが、実は日程が千葉で行われる「銚子センチュリーライド」と重なって、こちらも色々と義理人情が有るので(苦笑)どうしてもこちらに出るケースが増えてしまいました。
ちなみに銚子センチュリーライドは「CCAセンチュリーライド栄ー銚子ー栄」と名称が変わっています。
銚子センチュリーライド.jpg

こちらも去年までは6月第1週の日曜日開催で、宮城センチュリーライドと日程が重なっていましたが、今年はこちらが1週間早くなりました。

という事で、久しぶりのセンチュリーライドの2週連続おかわりイベントとなりますが(笑)、今年は宮城センチュリーライドにもエントリーしました。
大丈夫かなぁ(汗)
宮城センチュリーライド.jpg


まあ、宇都宮再プルピクニックを走った感じでは、まだまだセンチュリーライドを楽しむまでのパフォーマンスには回復していないのは歴然で、あと1か月半かけて、地道に強度を少しずつ上げて、体を仕上げて行きたいと思います。

ついでに、年寄の狡いところで、バイクの方ももう一工夫して試している事が有るので、当日までに何とか間に合うように仕立てて行きたいですね。
というか、「そんなことやる暇あるのなら四の五の言わずに走ってこい!」なんですがね(苦笑)。
nice!(11)  コメント(0) 

今年最初で平成最後のイベント宇都宮サイクルピクニック [イベント]

いよいよ本格的なサイクリングシーズンに突入しましたね。
とは言え何なんでしょうこの寒さは!
RIMG2675.JPG
RIMG2676.JPG

本日は「宇都宮サイクルピクニック」当日で、イベント会場は自宅から15㎞程度のところなので、自走で向かいますが、これが4月半ばとは思えない寒さです。
正直この寒さでイベントを走ろうという気が萎えてきました(苦笑)

何時もんことですがようやく準場が始まった6:00頃には会場に到着です。
RIMG2678.JPG

オクタビオSも初のイベント投入です。

桜は先週から満開なのですが、記録的な寒さで、未だに満開状態をキープしています。
RIMG2679.JPG

そもそも4月末に行われるこのイベントですが、2週間早く開催したこともあり、満開の桜の中のイベントとなりましたが、チョッとでも風が吹くとあまりの寒さに歯の根もあいません。
現地で有ったショップのO出さんも、すっかり戦意消失しているようでした(笑)

本日は何時もの会社のメンバーと親達に加えて、今回イベントデビューの後輩を加えて、まあ皆さんあまり走り込んでいないという事も有りますが、ノンビリ走ることにしますが、後ろの方に並ぶと結局戻りも遅くなるので、比較的前方のスタート位置をゲットしました、
RIMG2681.JPG
RIMG2683.JPG

RIMG2684.JPG


だいたいスタート時点は皆さん結構飛ばすので、体も暖まっていないうちに飛ばすと確実に後々脚に来るので、暴れるメンバーを抑えて最初はゆっくり走ります。
RIMG2685.JPG

RIMG2687.JPG


これまた同僚の熱い要望により今年も「走るミュージックBOX」で、今年は主に「E YAZAWA」の音楽を鳴らして走ります。
これまた毎年お馴染みですが、この大会はやたらとエイドステーションが多く、また豊富な食材を誇る大会です。
RIMG2688.JPG

あまりに色々あるので正直全部覚えていません(笑)

BGMも自分の好みで入れた「ラブライブ」が鳴ると、向かい風だというのに俄然ペースが上がってしまいます。
で、気が付くと随分長い列車を、これまた長い時間牽いていましたが、これも何時もの事です(笑)

今年はスターに成功したようで、各エイドステーションも込む前に到着でノンビリ田部らrましたし、昨年は混んでいてスルーした「大谷観音」も永谷園のキッチンカー提供の、トマトが入った冷しお茶漬けを堪能しながら拝むことが出来ました。
RIMG2692.JPG


RIMG2693.JPG
RIMG2694.JPG
RIMG2695.JPG


で、此処からがお馴染みの「鶴カントリークラブ」の激坂と、ジャパンカップのコースである古賀志の遡りの「メインデッシュ」となります。
自分は徹頭徹尾「男は黙ってインナーロー」ですが、流石34Tのスプロケは伊達では無く、まーまったく前に進んで行きません(苦笑)
100kmイベント初体験の後輩君も脚を着かずに登りきれましたから、大したものですね。

最後のエイドステーションで蕎麦を頂きますが、良い塩分補給になりますし、ワサビが効いてサッパリしますよね。
RIMG2698.JPG

RIMG2700.JPG


ダム湖手前の長い坂とトンネルを越えれば、後はパレードランのようなもので、全員無事に14:00頃にはゴールしてしまいました。
スタート位置もは有りますが、昨年より1時間も早い時間で、メンバーのブーイングで理解できましたが、どうも自分は抑えているようで結構なペースで走っていたようです。
だって、「μ’s」が「諦めちゃダメなんだ、その日は絶対来るー」って、応援してくれたし(笑)・・・・は冗談として、
特別イベント用に体を作り込んではいませんが、オクタビオSに随分助けられていたようです。

で、最後は恒例のノンアルコールビールの乾杯です。
RIMG2701.JPG

この一杯は本当に格別ですね!!

結局心配していた雨も降らず、まずまずこコンディションで走れましたから、今年初めてのイベントとしては上々の滑り出しだと思います。
あと自分はこのフレーズはあまり使いたくありませんが(苦笑)、「平成最後」のイベントを、無事に終了させることが出来ました。


nice!(9)  コメント(2) 

気持ちが良い春が来た!ピナレロGUNシェイクダウン [雑談]

この気持ち良さは何と表現すればよいのでしょうか!
ハッキリ言って先週まで長くつらい冬の間の練習走行の続きでしたが、本日は久しぶりに朝が氷点下になっていない・・・いやいや春のツーリングを堪能することが出来ました。

本日の目的は第一に出来上がった「ピナレロGUN」のシェイクダウンテストです。
組んだものの自分で乗れるサイズではありませんから、本日は特別ゲストで「やっとこ」さんに乗ってもらって初期不具合出しとムービングパーツの当たりを出してもらう事にします。

5:00にやっとこさんに来ていただいて、ツーリング用に小物を自分のバイクから移植して、暫定でポジション出しや、変速機やブレーキ系の初期不具合を解消してから、6:15に自宅を出ました。
いやしかし、本日は自宅の外気温計で8.6℃と、今年に入ってから初めて冬用のロングのジャージではなく、厚めのインナーと半袖ジャージに、これまた防寒グローブでは無く、ショートのグローブと、軽装で出かける事が出来て、出足から快調に走ることが出来ました。

何時もの鬼怒川自転車道での記念撮影です。
筑波190407 002.JPG

ターマックS-WORK'Sと並んで撮影ですが、ハイエンドバイクとは言えもう10年近く前のSL3に比べて、最新のGUNのフレームは、毎年熾烈な競争で剛性と空気抵抗を磨きこんだ、レーシングテクノロジィの10年分の進化を見るようですね。

鬼怒川自転車道の国道123号線の「石井」の地域にある桜並木も申し分のない満開のお出迎えです。
筑波190407 007.JPG


ここでやっとこさんはバイクの撮影会になりました(笑)
筑波190407 009.JPG

自分のバイクのアンカーのRXF8と比べて、これまた10年分の進化に「ビックリしたなぁもう!」だそうで、とにかくフレームのボリュームがあって、剛性感が比べ物にならないとの事でした。
このバイクはコンポーネントも最新のアルテグラR8000シリーズで、ホイールもワイドリムの最新のZONDAに25Cのタイヤを履いて、我々が乗り出した約10年前から比べると、3世代は新しくなっている、今風のバイクになっています。

自分も本日は久しぶりのターマックなのと、軽装備なの事も手伝って、今季に入って一番早いペースで鬼怒川自転車道を南下して、二宮のセブンイレブンまで一気に走れました。
とにかく何が調子が良いと言って、この暖かさが一番体に効いているような気がします。

二宮のセブンイレブンで休憩をしているとロードに乗るご主人が来て色々とお話を聞いたら、伊勢崎から車で来て、二宮の道の駅に車を置いて、今から「りんりんロード」に行くというご主人でしたので、道案内がてら一緒にまず岩瀬に向かう事になりました。

岩瀬は本日が丁度桜が満開になります。
筑波190407 010.JPG


筑波190407 012.JPG

もうここは10年以上通っているところですが、丁度満開のころに来れるのはあまりなく、今年ばっちりのタイミングでした。

此方でブログ仲間のご夫婦とも合流で来て、とにかく筑波山まで一緒にということで走り出しました。
途中真壁の休憩所の西側にある、和菓子の「みよしや」さんで、その場であんこを入れてくれる名物の最中を皆さんにご紹介しました。
DSC_0433.JPG

この最中は皮がパリパリしていて、中のあんこはコッテリ甘いのが特徴で、ツーリング中の補給にはもってこいの最中です。
ご一緒した奥さんも満足していただいてホッとしました。

桜を見ながら、時に撮影しながらですが、久しぶりにのんびりとした気持ちでのんびり走れました。
何時もの筑波山登山口の休憩所です。
筑波190407 013.JPG
筑波190407 015.JPG
筑波190407 018.JPG

この辺りになると、満開からやや桜が散ってきた感じですね。

帰路もあまりに綺麗なんで何度も止まって撮影します。
筑波190407 021.JPG
筑波190407 022.JPG

これだけ桜がきれいなのに人も疎らでノンビリと桜を眺められるのですから、ワザワザ混雑している場所に行って花見をする気にはなれないんですよね(笑)

この後益子に入って、久しぶりに「Lesina」さんでランチを取りましたが、そういえば3月は寒さと天候不良と体の不調で、午前中早めに切り上げる事が多く、本当に久しぶりにおうかがいしたのですが、なんだかホッとしてしまいました。
ランチ後も何時もより早いペースで走りましたが、まったく疲労感も無く、ターマックの硬さに踏み負ける事も無く、快調に本日のツーリングを走ることが出来ました。
やっとこさんも、バイクの性能に驚いて快調に走れたようで、いたく気に入っていましたので、であればと来週の「宇都宮サイクルピクニック」もこのバイクで出場していただいて、しばらく「soraneko自転車店のレンタルバイク」として乗ってもらって、調整してもらう事にしました。

さてこれで自分も含めて仲間の準備も揃って、来週は今年最初のイベントとなりますが、今から本当に楽しみですね!。
nice!(10)  コメント(4) 

花冷えに雨の洗礼! [雑談]

まあ、毎年こんなもんなんですよね。
だいたい5月連休頃にならないと天候が安定してこないもので、特にこの桜前線が日本を北上しているときは、「ノンビリ温かい青空のもとお花見」とはいかないものですよね。
今日は今年に入って初めて走行中に雨に降られてしこたまずぶ濡れになりました。

午後に予定が有るので、5:00に出て早めに帰ってくるというのが本日の予定です。
流石に寒いとは言っても氷点下になるわけでもなく、追い風に乗って順調に南下していきます。
先週FELT F5を下して今季初乗りしましたが、調子が良くないのも当たり前で自宅に帰ってきて熱出して寝込んでしまいました(苦笑)。
その熱の出方がハンパでは無く、いきなり全身に寒気が襲い震えが止まらなくなり、ぶわっと40℃近く体温が上がり、蒸し器で蒸されたのではないかというくらい汗をかいて、翌日ケロッと治ってしまったら今までの不調がウソのように解消していました。

今週はこれまた先週の調子がウソのように・・・・というより本来の調子を取り戻したようで、絶好調とは言えないものの、現時点の想定内のパフオーマンスは期待できました。
しかし、夜中に雨が降ってそれが明け方もしとしと続いていて天恋が良くありません。
どうも寒冷前線が通過すると冬型になるようで、そうなるとなんと10m/sの西寄りの風が予想されているので早めに帰宅したいですね。

7:30頃には岩瀬に到着です。
筑波190331 004.JPG


ようやぅ桜が咲いてきた感じです。
筑波190331 007.JPG

筑波190331 011.JPG


りんりんロードも、路面が若干濡れていても新しく舗装された部分は滑る事無く、快適に走れます。
筑波付近は随分咲きそろっていました。
筑波190331 022.JPG


でも筑波山は御隠れです
筑波190331 025.JPG


この後急いで帰りましたが、11:30頃から寒冷前線が通過してガッチリ濡れてしまいました。
ランチも取らずずぶ濡れで急いで帰りましたが、予定は中止で、あとはバイクをの掃除が待っています(笑)
長い時期真冬の氷点下の中で、汗をかかないようにケイデンスを落として軽いギアでクルクル回していましたが、暖かくなって来ればケイデンス上げて負荷を上げて走れます。
バイクも古いパナチタンだとパワーをかけるとフレームが負けてしまいますが、FELT F5ならガッシリ踏み込んでもシッカリ受け止めてくれますから、脚の負担を上げ過ぎない範囲で、徐々に走り方を変えて行こうと思っています。

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

結局熱が出て寝込んでしまいました! [雑談]

うんうん、このところの体調不調は、恐らく何らかのウィルスに感染していたのだと思います。
良くあることなんですが、抵抗力が弱っていて、その上薬などで抑え込んでいると、根本的に完治しないまま結構長期間体調不調が続くんですよね。

実は週末「いきなりステーキ」で1ポンド程のステーキを食べて、燃焼系のサプリメントを仕込んだのが恐らく原因で、「抵抗力」が復活して、免疫細胞が大活躍してくれたおかげで、一気に高熱に見舞われました。

日曜日もいつも通り5:15頃自宅を出ました・
しかし、この時期あるまじき寒さで、ガーミンの気温系は-9℃まで下がってしまいました。
概ね3℃程低めに出る事や、近隣の気象台のデータからも、郊外で河川敷を走ってる時は概ね-5℃以下になっていたのは間違いありません。
金曜日は宇都宮市市は最高気温が24.1℃でしたから、2日で30℃も気温が上下したことになります。

概ね15℃の気温差が有ると、人間は体温調整が効かなくなるそうですから、これは堪ったものではありませんよね’苦笑)
バイクもFELTに替えて、防寒装備も軽装でしたから相当のダメージでした。
岩瀬190324 016.JPG

岩瀬190324 020.JPG


何とか岩瀬に着いた段階でほぼダメになっていました。
岩瀬190324 036.JPG


本当は一眼レフカメラで、りんりんロード沿いの花などをのんびり取ろうと思っていましたがこれが限界でした。
岩瀬190324 031.JPG

一眼と言っても小型のミラーレスカメラともいえる、今は無き「PENTAX Q」に標準レンズを付けて撮ったものですが、露出がとか補正がとかいろいろ考えて撮る余裕は有りませんでした。

自宅に帰ってお昼を食べた後は、急激に手足が凍ったように冷たくなり、全身に震えが来て、それでも自室
で「マジンガーZインフィニティ」何ぞ見ていましたが、いつの間にか気を失っていて夜中の2時ごろに全身がビッショリしていて気が付いたくらいです。
まあ寝ていたというよりずっと魘されていたようで、部屋の中はマジンガーZとロケットパンチが飛び回っている幻覚が見えていたくらいです(苦笑)

まあ熱が出たおかげで、本日は随分すっきりしましたが、体力がガックリ落ちてしまいましたから、本日は早く寝て回復させたいです。
nice!(10)  コメント(2) 

ピナレロGUNの勝手にジオメトリィ考察、自分に合うバイクで楽しむために [自転車本体]

完成したピナレロGUNですが、とりあえず所有権がまだ自分にありますので、名義上というか自分の登録上は「soraneko工房のレンタルバイク」ということになっています。
サイズが小さいので自分では乗れない以上、このバイクのセッティングは、体格の合うライダーに依頼して、とりあえず長期レンタルしておきますと、公式にはアナウンスしておきましょう(笑)。

さて、新しいバイクが来た時に恒例の、「どすこい流勝手にジオメトリィ考察」を開催します。
まあ、一般的なジオメトリィは、メーカーの公式HPに行けば簡単に見られます。
公式HPジオメトリー.jpg

参考までに、自転車のベテランの方は、このジオメトリィ・・・各部の寸法や角度などが記載されている表ですが、これを一目見れば、その自転車の性格が一発で判断できます。
自分も最初見たときは正直「チンプンカンプン???」でしたが、自転車の性能や性格を確定する各種要素が理解できるように成ってからは、一発とはいきませんが、あーでもないこーでもないと格闘しながら考えればなんとか分かるようになってきました。

で、当然「これから初めて自転車買います」という方はわからないのが当たり前なんですが、このデータをしっかり公表しているということは、自転車購入に対しての最も重要な、「体格別の適正なサイズの選択」を、しっかり考えているメーカーだという事なんです。
ところが、代理店が輸入している海外の自転車の場合、そこの代理店の規模から、仮にメーカーが細かくサイズ別のフレームを用意していても、その全てを用意するわけではなく、どことは言いませんが「Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ」とか表記して3種類のフレームしか入れてくれないなんて代理店も少なくありません。
当然これでは「適切なサイズ」など望むべくもなく、せっかく高い自転車購入したのに、「なんかしっくりこないし乗りにくい」なんてことになってしまうんですよね。

ここで大手のバイクを賞賛するわけではありませんが、アメリカ3大メーカーや、イタリアの老舗メーカー、国内の2大メーカーの場合、このあたりはしっかりしていますから、できれば気が合う担当店員がいる信頼できるショップで、しっかり自分に合うサイズの自転車で、適正なポジションでロードバイクを楽しんでほしいと思います。

ちなみにその中でも、サイズごとにフロントフォークの角度やオフセットを細かくせってしているメーカーのバイクなら、絶対間違いありません。
ま、自分も業種違いとは言えメーカー系の関連した仕事をしている人間ですので、「メーカー側の都合」もよく理解していて、無碍に批判したくないのですが、かと言って自転車選びの一番大切な部分ですので、慎重に検討したいところですよね。

と本日も盛大に脱線しておりますが(苦笑)肝心のGUNの話に戻しましょう。
自分のジオメトリィとポジションの出し方は、正論とは言いませんが、今までの経験と考察から、以下の点を考えて合わせています。
1、推進力の要は、クランク軸から、出力の入力点のペダル中心(クリート位置)と脚の関節の距離に依存している。

2、サドルとハンドルの落差と、腕の突き出し量で上半身の地面に対する寝かせ角度が変化して、メダルにおける回転面に対する出力発揮の角度が変化する。

3、サドルの前後一で脚の筋肉の使用場所が代わり、パワー型とか持続型を帰ることができる。更に乗車位置によって自転車の操縦性や直進性が変わってくる。

と文字にすると説明しにくいのですが、パフォーマンスが大きく依存する部分としてここをしっかり合わせていきますが、そのほかもその時の体の状態や、トレーニング蓄積量、参加するイベントなどによって、目的によって、またその自転車の特性に合わせて細かくポジションは変えていきます。
で、これを実現するために、自分が自己流で考え出したのが以下の表になります。
自己流ジオメトリィ.jpg

字が細かくて読みにくいと思いますが、これで各自転車の特性を読み込んで、例えば新しい自転車を購入した時も、違和感が無いようにポジションを出すことが出来るんですね。

本当は建設現場などで使う「レーザー墨出し」などを使って、垂直水平をしっかり出して、ミリ単位でしっかり
測定して行うのが正しいのですが、自分の場合メジャーと定規と垂直出しに重りをつけた糸を垂らしたものを使う程度で、5mm単位程度で数値を「大雑把」に出しています。
DSC_0383.JPG


さてまず510サイズの現物の測定をして、仮に自分が乗るサイズの560サイズを公式HPから引っ張り出して仮想の数字を導き出してみたところ・・・・・
一覧表で自分のバイクと比較すると、各数値は「スペシャライズド ターマックS-WORK’S SL3」に一番近く、「FELT F5」が次に近いことから考えて、やはりグランツールの一流戦闘機である同じピナレロの「ドグマ」譲りのレーシィーなジオメトリーを持つ、ガンガン走り込むのに適した性格のバイクであることがわかります。

あとはセッティング次第なんですが、一つ大きいサイズの「2011年式TREKマドン6」とサドルの位置関係が同じように後ろ寄りにあるので、おそらく重心が後ろよりになっていて、これがピナレロ特有のハンドルの座りの良さや素直な直進性能の一端を担っているのかもしれません。

いやしかし、我ながらいろいろなバイクが有る物で、それにかかった手間や資金はかなりのものになっていますが、こうやって一つ一つのバイクに関わるごとに、手間がかかる事に比例して大切なノウハウを得ているわけですから、今回も貴重な勉強をさせてもらいました。




nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

癒しのアヒル隊長親子 [雑談]

なんか最近疲れが取れないし、寝てもスッキリしないし、体重も落ちないし・・・・・と、まるで病んでいるような書き出しですが、本人は受けているストレスの原因がはっきりしているのと、「まあ、この程度の難儀は珍しくないし」と、いたって平静を装っていますが、まあ、ダメージを受けているのも事実です。

と、そんなときに、以前駄菓子屋で「アヒル隊長」を買ってきたので、何気に湯船に浮かべて見ました。
RIMG2670.JPG

何という事は無いのですが、この何処を見ているのか何を考えているのかその表情から読みとれない(当たり前ですが)呑気な表情でプカプカ浮かんでいるアヒル隊長の親子を眺めていたら、なんだかものすごく癒やされてしまいました。

この程度の事で癒やされてしまうので、大したことは無いという事ですが(苦笑)、そう深刻に考えないで、とは言え真剣には明日を見据えて、「プカプカ」浮かびながら乗り切って行きたいものですよね。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今週末は体が動きませんでした [雑談]

なんということでしょう、いつものように3:00に起床しましたが、いや本当に体がだるくて動きません。
なんとか6:00前には出かけられましたが、全くペースが上がりません。
RIMG2649.JPG

真冬並みの寒波が覆っていたせいで、-4℃辺りまで下がっていたようで、軽装では寒さがしみてきます。

途中でポールにぶつかりそうになったり、追い風でもペースがだんだん落ちてきて、もうこれはダメだと本日は鬼怒川CRを往復して帰宅することにしました。
一応パナチタンは今シーズンはラストなので、帰宅してから清掃して収納しました。
RIMG2650.JPG

しかし、オクタビオSから乗り換えると、随分感触が違います。
このバイクはコンポーネントも3世代前の5600を中心に6650や5700の混合ですし、特に特別なパーツを入れているわけでもないのですが、地道に改良と調整を重ねて安定した性能で、それこそ空気圧だけ確認すれば普通に走ってくれる優れた「道具」となっています。
ロードバイクというものは、本当に奥が深くて面白いもので、自分はどんどん深みに嵌って行くようですが、この先はどうなるんですかね(苦笑)。

さて本日早めに切り上げたのは、自室がこのところの「工房」化で足の踏み場もない位いろいろな部品や通販で届いたダンボールの残骸などが積み重なっているので、とにかくそれを片つけることにしました。
色々と心がささくれ立つことの多いこのところですが、清掃しながら撮り貯めておいた「夏目友人帳」を見ていたらなんだか心の刺が溶けて、なんだか穏やかな気持ちになりました。
さあ、来週も頑張りましょう!。



nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ピナレロGUNが出来ました! [自転車本体]

やっぱり最新式のフレームは何かと面倒ですねぇ。
組み立て始めたピナレロGUNですが、やっぱり予想通りワイヤー類がすべてフレームインナーになっていましたので、はあぁ・・・なんとも疲れました。

順当にガイドワイヤーなどないので、ワイヤーを通すのは本当に一苦労でしたし、買い揃えたアルテグラR8000のコンポーネントもリユース品でしたので、色々と調整が必要で、まあなんとか形にすることができました。
RIMG2648.JPG

とりあえず必要な部品を組み付けて、動作の問題がないことだけ確認したところでタイムオーバーです。

なんとか来週には微調整なども含めて完成させて、最近のバイクの特徴など調べてみたいですね。
nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -